文章への赤入れはコミュニケーション

投稿日:2016年1月12日 更新日:

きょうごく
本記事では「研究論文への赤入れはコミュニケーション」ということでサクッと書きます

文章への赤入れはコミュニケーション

年末年始からずっと研究論文の赤入れしまくってます

今日だけで7本の研究論文に赤入れしました。

これだけ数こなしていると、ファイルを開いて最初の数行を読むだけで「」か「×」かを判断できるようになります。

イントロの5〜6行を読むと、だいたいどの程度の赤入れが必要なのかを、感覚的に予測できるようになります。

コミュニケーションと一緒

文章がぼくに教えてくれるというか何というか。

この感覚をベースに考えると、赤入れは文章とぼくの身体感覚で共同構成する営為だという話しになりそうです。

これって要するに、実際のコミュニケーションと一緒じゃないですか。

例えば、最初の数行がとっても雑い内容で送られてくると、リアルなコミュニケーションでひどい扱いされたかのような感覚がやってきます。

あわせて読む
【まとめ】コミュニケーション能力とは?【本質と向上するコツをあわせて解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

続きを見る

哀しい気分になります。

逆に、とても洗練された文章だと、その後で少々のことがあってもある程度気持ちよく赤入れできます。

しっかりした文章で書かれていると、ぼくまで適切に扱われた気分になって良好な状態で赤入れできるんです。

あぁそうか。

赤入れはコミュニケーションなんだね。

っていうことは、「」か「×」の判断はぼくが一方通行で行っているわけではないと言うことになるか。

丁寧に赤入れしよっと。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.