しっかり相対化する

投稿日:2016年10月12日 更新日:

きょうごく
本記事では「心楽しく生きるためには、一度しっかり相対化しておく必要がある」ということについてサクッと解説します

しっかり相対化する

人それぞれ違う

つまり意味や価値は人それぞれぜんぜん違うという感覚をみっちり体感しておく。

あるいは、何だかんだいって存在や物事の受け取り方は人によってけっこう違うと実感をともなって理解できる。

世界観は人ぞれぞれであって、私にとっての当たり前は他者にとって非常識かもしれないと身体感覚レベルで理解しておくわけです。

相対化する体験があることが大事

このように、きっちり相対化する体験があると、ちょっとした意見の違いに敏感に反応しなくなるし、「あーそういう考え方もあるのね」で済みやすくなります。

また「本質をつかんだ!」「こうじゃないといけない!」などと強く確信することがあっても、状況や目的が異なれば違う受け取り方になるかもしれない、というためらいが生まれるので、そのぶん肩の力を抜いて気楽にやれるはずです。

共通了解可能性を確保するためには一度きちんと相対化したほうがよい

  共通了解可能性を確保するためには一度きちんと相対化したほうがよい 以下は、信念対立研究やっているとよくであう認識のあり方です。 哲学で育った人は科学を軽視しがちです。 他方、科学で育った ...

続きを見る

相対化はスタートである

もちろん、相対化はスタートであってゴールではありません。

しっかり相対化してから、共通認識を作りあげていく。

しかし相対化がええ加減だと、その後のプロセスがあまり心楽しくありません。

一度きっちり相対化することに専念しましょう。

情報の価値は相対化される

きょうごく本記事では「チーム医療を行う上で気をつけることはなんですか」という疑問にお答えします。 情報の価値は相対化される 専門職ごとに価値のある情報は違う チームワークで多職種に情報を提供する際に、 ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.