単純も複雑も

投稿日:2017年1月14日 更新日:

単純も複雑も

研究者のミッション

研究者のミッションは複雑な現象の解明に挑み、一定の解答を取り出すことです。

対象が複雑だから、どうしても考える過程も複雑になりがちです。

複雑に考えない方が良いこともある

でも、世の中には複雑に考えないほうがよいことも少なくありません。

複雑に考えれば考えるほど、わからなくなる。

疲れるのが趣味だという人にはいいのかもしれませんが、こころ楽しく生きることにもっとも価値を見いだす人にはちょっと不向きです。

複雑に考えすぎない。

できるだけシンプルに考える。

考えてもしょうがないことは、考えない。

無駄に疲れないためには、大切なルールです。

複雑に考えた方が良いこともある

でも、複雑に考えた方がよい問題もいっぱりあります。

そーゆー問題はとことん複雑に考える。

単純も複雑も大切なんですね。

二分法思考から現象学的思考へ

本記事では「二分法思考から現象学的思考へシフトチェンジ」についてサクッと解説しています。 二分法思考から現象学的思考へ ぼくたちは『概念の実体化』と同じぐらい二分法思考に陥りがちです。 概念の実体化と ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.