研究法は柔軟に活用しましょう

投稿日:2017年1月12日 更新日:

本記事では「研究法を柔軟に活用するために大切なことについて」サクッと解説します。

研究法は柔軟に活用しましょう

作業療法士はさまざまな研究法を柔軟に活用するようにしましょう。

研究法の理解が大事

そのためには、研究法の理解が欠かせません。

研究には文献研究(文献レビュー)、理論的研究、質的研究、量的研究、混合研究などいろんなやり方があります。

理論的研究は完全上級者向けなので、多くの人は文献研究、質的研究、量的研究、混合研究を行うことになります。

文献研究

文献研究には総説、システマティックレビュー、メタ分析があります。

総説はその道のオーソリティが書き下ろすことが多いです。

システマティックレビューとメタ分析は方法がかっちりしてあって、徹底した文献検索と基準にそった分析を通してある程度確かな知識を抽出していきます。

質的研究

質的研究は、研究テーマを解決するために言語データを分析する方法で、作業療法士にオススメはグラウンディッド・セオリー・アプローチ系、KJ法系、事例コードマトリクス、TEM、SCQRM、SCATなどです。

量的研究

量的研究は、研究テーマを解決するために量的データを分析する方法で、作業療法士にオススメは構造方程式モデリング、ベイスモデル、階層ベイズモデルなどです。

混合研究

混合研究は、質的研究と量的研究の利点をそれぞれ活かしつつ、研究テーマを解決していこうという方法です。

作業という複雑な現象に挑むためには、どこかの時点で混合研究を使わざるを得ないでしょう。

ただし、質的研究と量的研究は哲学的基盤の折りあいが悪いです。

そのため、混合研究では、多様な哲学的基盤を活かせる哲学の立場に立つことが推奨されます。

これも作業療法との相性がよいです。

プラグマティズムは作業療法の中核哲学だからです。

多様な研究法を柔軟に活用し、作業療法学の発展に邁進していきましょう。

あわせて読む
【多読不要】研究法を包括的に学べるおすすめ本【厳選1冊+1】

きょうごく本記事では「研究法の全体像を勉強したいです。どんな本なら研究法を包括的に学べますか。おすすめの本があれば教えてください」という疑問にお答えします。 こんな方におすすめ 研究法の全体像を理解し ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-研究
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.