過去から現在そして未来へ

投稿日:2017年7月15日 更新日:

過去から現在そして未来へ

作業療法の名づけ親は、障害をもった当事者です

障害者自身が、自らの障害体験を通して必要性を感じ、作業療法という領域を創唱したのです。

しかも彼は自ら作業療法を実践し、その実践をしたためた教科書を書き下ろしています。

作業療法は、障害者が名づけ育てた領域なのです。

作業療法で歴史を学ぶ理由と臨床的意義【研究者が語る】

きょうごく本記事では「作業療法士ですが、作業療法で歴史を学ぶ理由がわかりません。歴史を学ぶことによって、臨床にどのようなメリットがあるのですか」という疑問にお応えします。 こんな方におすすめ 作業療法 ...

続きを見る

その少し前に、哲学者が、作業を通して成長と健康を促進するというアイデアを示しました

彼は、産業革命によって人間らしく生きにくくなった社会を内省し、人間の時間と空間を活き活きとした経験で埋める必要があると気づいたのです。

そのアイデアと医療を結びつけたのは、看護師です

彼女は学生時代に適切な作業が病者を賦活すると気づき、哲学者のアイデアと看護ケアを結びつけたのです。

徐々に、先見性のある人たちの取り組みに共感した医師、ソーシャルワーカー、教師、芸術家たちが集結していきました。

作業療法が誕生したとき作業療法士は1人もいませんでした

が、100年経過した現在では多職種の遺伝子を受け継いだ作業療法士が世界中に何万人もいます。

ヘルスケア領域には、医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、理学療法士、社会福祉士、臨床心理士、介護福祉士などさまざまな専門職があります。

それぞれの専門職はとても魅力的ですし、高度に専門化していますし、人類の健康と幸福に貢献しています。

作業療法はそれらの専門職に比べるとマイナーです。

とてもマイナーなんです。

けど、障害をもった当事者がその必要性に気づき、その名を提唱し、大切に育てた領域は、おそらく作業療法だけです

作業療法はマイナーだけども、障害をもった人にとっては生きるために欠かせないものだったのです。

日本はこれから人口動態の関係でなかなかたいへんな状態に突入します。

障害をもった当事者が作業療法を必要としたように、これからの時代を生きる人にとって作業療法の価値がきっと再認識されるでしょう。

そのとき、作業療法の担い手がいなかったらとても困ります。

人類の福祉のために、ぼくは作業療法を目指す人が増えてほしいと願っています。

【真実】作業療法という領域の歴史のはじまり【研究者が語る】

きょうごく本記事は「作業療法という領域はいつはじまったのですか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 作業療法の歴史に興味がある 作業療法の歴史のはじまりが知りたい この記事を書いているぼく ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.