【厳選】作業療法と作業科学に関する人気記事【理論】【哲学】【実践】

更新日:

本記事では、本ブログにおける作業療法と作業科学に関する人気記事を紹介します。

本記事のポイント

  • 作業療法と作業科学の理論と実践が理解できる
  • 作業に根ざした実践に必要な考え方が理解できる

目次

紹介・編

作業療法士になるには

本記事では、作業療法士を目指している高校生・中学生を対象に、「専門学校、短大、大学のどこがお勧め?」「進学先はどう決めればよいか?」「進学先は都会と田舎のどっちがいい?」「作業療法の実習は厳しい?」「作業療法士の給料はどれくらい?」「作業療法士の就職先は?」などの疑問にお答えしました。

【まとめ】高校生・社会人のための作業療法士への進学マップ【徹底解説】

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

続きを見る

定義・編

祝可決☆作業療法の新しい定義

本記事では日本作業療法士協会が33年ぶりに改訂した作業療法の新定義を紹介しました。新しい定義は作業療法の意味がとてもわかりやすい内容になっています。

祝可決☆作業療法の新しい定義

本記事では「作業療法の新しい定義ってどんな内容なの?」という疑問にお応えします。 本記事のポイント 日本作業療法士協会による新しい作業療法の定義は作業に根ざした実践を前面に押し出す内容です 作業療法 ...

続きを見る

海外の作業療法の定義を調べて、日本の作業療法の新しい定義と比較してみた

本記事では国内外の作業療法の定義を比較検討し、日本作業療法士協会が33年ぶりに改訂した作業療法の新定義の特徴を解説しました。

海外の作業療法の定義を調べて、日本の作業療法の新しい定義と比較してみた

本記事では、日本と海外の作業療法の定義をサクッと比較しています。 本記事のポイント どこの国も「作業を通して健康と幸福を高める」という点で共通した定義です 日本作業療法士協会が提示した新しい作業療法の ...

続きを見る

歴史・編

歴史で理解する作業療法と理学療法の違い

本記事では、作業療法と理学療法の歴史を整理し、両者の違いについて解説しました。作業療法と理学療法の違いはわかりにくいと思っている人が多いですが、本記事を読めば両者はまったく違うということに納得いただけるでしょう。

歴史で理解する作業療法と理学療法の違い

本記事では「作業療法と理学療法って何が違うの?」という疑問にお答えします。 本記事のポイント 作業療法と理学療法は類似していると思っている人が多いですけど、それは単なる誤解です 作業療法と理学療法の歴 ...

続きを見る

作業療法の3つの源流

本記事では、作業療法のルーツについて解説しました。作業療法は医療保健福祉の専門領域として認識されていますが、そのルーツは〇〇、□□、☆☆であり、他の専門領域と比べてもかなり異質です。

作業療法の3つの源流

本記事では、作業療法の源流であるプラグマティズム、道徳療法、アーツアンドクラフト運動を論じています。 <人気記事一覧に戻る> 作業療法の源流 作業療法の創始者であるバートン、ダントン、トレーシー、マイ ...

続きを見る

医学モデルと作業モデルの対立はいつ頃からはじまったか

本記事では、現代の作業療法でもたびたび問題になる医学モデルと作業モデルの信念対立がはじまった時期について解説しました。その歴史はかなり古く、この問題が作業療法という領域の根本課題であると理解できます。

医学モデルと作業モデルの対立はいつ頃からはじまったか

本記事では、医学モデル vs 作業モデルの信念対立のはじまりについて論じています。 <人気記事一覧に戻る> 医学モデルから作業モデルへの批判は1925年から 先行研究を調べると、1925年にはすでに、 ...

続きを見る

作業療法の歴史分析と構造的意味

本記事では、歴史分析が作業療法で重視される理由を解説しました。適切な作業療法を実践するためには、歴史の理解が欠かせないことがわかります。

作業療法の歴史分析と構造的意味

本記事では、作業療法における歴史分析の意味を論じています。 <人気記事一覧に戻る> 作業療法は歴史分析が充実している 作業療法の歴史分析は、Kielhofnerのそれが有名です。 彼の歴史分析は約70 ...

続きを見る

作業療法の手段で手工芸が用いられる理由

本記事では、作業療法の手段の1つとして手工芸が用いられる理由を解説しました。これは、作業療法のルーツにかかわる問題です。

作業療法の手段で手工芸が用いられる理由

本記事では「作業療法で手工芸を用いるのは、なぜ?」という疑問にお応えします。 本記事のポイント 手工芸の活用は作業療法のルーツと密接につながっている 手工芸を活用する理由は「人間の人間性の回復」にある ...

続きを見る

哲学・編

作業療法の存在論はどーなっているか

本記事では、作業療法の存在論について解説しました。存在論は作業的存在としての人間の理解に関わる問題なので重要です。

作業療法の存在論はどーなってるか

本記事では、「哲学には存在論、認識論、価値論があるけど、作業療法の存在論ってどんな内容なの?」という疑問に答えています。 本記事のポイント 存在の意味は経験によって確かめることができます 作業療法の存 ...

続きを見る

作業療法における存在論・認識論・価値論の役割

本記事では哲学を構成する存在論、認識論、価値論が、作業療法においてどのような機能をもつのかを解説しました。

作業療法における存在論・認識論・価値論の役割

本記事では「作業療法は哲学由来だというけども、哲学の3本柱である存在論、認識論、価値論はどうなっているの?」という疑問にお答えします。 本記事のポイント 存在論、認識論、価値論は作業療法を根底から考え ...

続きを見る

作業療法の理解と設計図のインストール

本記事では、なぜ作業療法では哲学が重要なのかを解説しました。

作業療法の理解と設計図のインストール

作業療法は元々、設計図(哲学)があって構築された領域です。 だから、作業療法を学ぶためには、自身のアタマに設計図(哲学)をインストールする必要があります。 これがうまくいかないと、いつまで経っても「作 ...

続きを見る

作業療法教育に哲学を

本記事では作業療法教育で哲学をきちんと教える必要がある理由を解説しました。作業療法は医学、保健、福祉の知識だけでは十全に実践しがたい領域なのです。

【結論】作業療法教育では哲学を教える必要があります

きょうごく本記事では「作業療法教育で哲学って必要なんですか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 作業療法教育は「医学を教えるだけで十分じゃないの?」という人 「そもそも何で作業療法で哲学な ...

続きを見る

作業療法における「習慣」の哲学的意味

本記事では、作業療法で重視する習慣の意味を哲学的に解説しました。習慣は〇〇の〇〇性を基礎づける条件なのです。

作業療法における「習慣」の哲学的意味

正確に理解している人は少ないですが、結論から言うと、作業療法における習慣には「人間性の基盤」という哲学的意味があります。 習慣とはセミオートマティックに行えることです。 人間作業モデルではこれを「習慣 ...

続きを見る

概論・編

作業療法士の基本的思考【考え方のコツ】

本記事では作業療法士の思考とそのプロセスについて解説しました。考えるのにもコツがあるんです。

作業療法士の基本的思考【考え方のコツ】

本記事では「作業療法士ってどんなふうに考えるの?」という疑問にお答えします。 本記事のポイント 作業療法士は思考と感情を含む行動について考えます 臨床では作業機能障害という行動の問題を考えた後に、それ ...

続きを見る

作業的存在としての人間の諸次元

本記事では、作業的存在という考え方にはいくつかの次元があると解説しました。これを理解しているとクライエントの理解が進みやすいです。

効果的な作業療法に求められる実践の4原則

適切に作業療法を学ぶには

作業と生存にかかるニーズ

作業的存在の理解を深める

OBP・編

【必読】作業療法理論のweb教科書

作業機能と作業機能障害

作業療法の理想と可視化

OBPは特殊な実践なのか

人間作業モデルでクライエントの意志を理解するコツ

作業と活動の違い

作業中心って何だろう?

作業を理解するための視点

OBPのための思考の道筋:Occupational reasoning

サポートページ

-作業療法

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.