【対策あり】仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えよう

投稿日:2018年11月29日 更新日:

きょうごく
本記事では「職場の人間関係が悪くて、毎日ストレスがたまります。仕事の量も多いし、毎日くたくたです。このまま耐えながら働くしかないですか?」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 仕事のストレスは病気を生む
  • 仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えるべし
  • いつでも環境を変えられるように、調子が良いときから準備すべきこと3つ

この記事を書いているぼくは、仕事で生じるストレスの要因の1つである信念対立を研究しています。

信念対立は仕事のストレスを増大させます。

例えば、以下のような問題がそれに該当します。

信念対立の例

  • 業務量が多いので上司に相談したら「お前の仕事の効率が悪いだけだ!」と怒られた
  • 同僚に悪口ばかり言う人がいて、適当に相づちを打ったら「あの人が〇〇さんの悪口を言っていた」と影で言いふらされた
  • 仕事のできない部下がいて、その尻拭いばかりやらされている などなど

その対策として、信念対立解明アプローチという理論と実践を提案しています。

これは、仕事のストレスで病気になりそうなときに使えるものであり、仕事がつらい状態を少しでも和らげるために研究開発を進めています。

あわせて読む
【2019年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

本記事ではそんなぼくが、仕事のストレスで病気になりそうなときにできる対策の1つを述べていきます。

【理由】仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えよう

仕事のストレスで生じる症状

仕事のストレスが慢性化すると、心身共にさまざまな症状が生じることがあります。

症状の例は以下の通り(参考:厚生労働省「こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」)。

仕事のストレスで生じる症状例

  • 気持ちが落ち込む
  • 不安が強くなる
  • 楽しかった趣味が楽しくなくなる
  • 眠れない
  • 夜中に目が覚める
  • 早朝から目が覚めて眠れない
  • たくさん寝てもなぜか眠い
  • 疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 吐きそうになる
  • 集中できない
  • むやみに焦る
  • 死にたくなる  などなど

仕事のストレスは約60%の人が強く感じている

これらの症状が生じるリスクに曝されている人は珍しくありません。

厚生労働省の調査によれば、職場で強いストレスを感じている人は約60%にものぼります。

「仕事=つらい」はマジョリティが感じる問題なんです。

ストレスの理由の上位5つは以下の通り。

仕事のストレスの要因上位5つ

  1. 仕事の質・量
  2. 仕事の失敗、責任の発生等
  3. 対人関係
  4. 役割・地位の変化等
  5. 会社の将来性

つまり、業務量が多かったり、つまらない仕事だったりするとストレスを感じるわけです。

また仕事で失敗したり、重責を負わされたりしてもしんどいし、人間関係が劣悪でもやっぱストレスを感じるわけですね。

資料

仕事のストレスで病気になりそうなら、思いきって環境を変えよう

「仕事=つらい」はマジョリティが感じる問題なんで、みんな黙って我慢していたらよいかというと、そんなことありません。

職場はあなたに我慢を求めるかもしれませんが、あなたが病気になっても職場は変わってくれないからです。

職場はあなたの人生を守ってくれないので、自分の人生は自分で守るしかありません。

あなたが頑張れば職場はもうかるかもしれませんが、仕事のストレスで病気になりそうな職員がでそうなところって、そもそもどーなの?という話です。

自己犠牲の精神で職場に仕えてもあまり意味ないです。

なので、仕事のストレスで病気になりそうなら、思いきって環境を変える必要があります。

【対策】仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えよう

環境の変え方はいろいろありますが、本記事で論じるのは以下の2つです。

ポイント

  • 職場内の環境を変える
  • 他の職場に移動する

なお、環境を変えずにストレスを発散する方法もあるので、それについては以下の記事をご覧になってください。

あわせて読む
職場の人間関係のストレス解消法【仕事で消耗しないコツ】

きょうごく本記事では「職場の人間関係がひどいです。ストレスがやばいです。どうしたらストレス発散できますか?」という疑問にお答えします 本記事の内容 職場のストレスの原因の約30%は人間関係! 職場の人 ...

続きを見る

職場内の環境を変える

まずは、職場の上司や同僚に、自分がおかれている状況を伝えて、業務や人間関係などの調整を行ってみましょう。

例えば、業務量が多すぎるのならば、それをデータ化するなどして上司に掛けあい、負担を減らしてもらうとよいです。

また、人間関係がひどすぎるならば、上司や同僚とその状況を共有して、一緒に仕事する機会を減らしてもらうようにしてもよいでしょう。

すると、「自分が働きやすいように環境調整するなんてわがままじゃないか」と思うかもしれません。

でも、仕事のストレスで病気になっても、職場は変わってくれません。

なので、仕事のストレスがひどいならば、「わがまま」とか気にすることなく、自分が働きやすくなるよう動くとよいです。

その辺の具体策は以下の記事でも紹介していますので、あわせて読んでください。

あわせて読む
【2019年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

他の職場に移動する

職場内の環境調整が困難なケースもあります。

職場内の環境調整が困難な例

  • ブラック企業体質が染みついている
  • 最高責任者がそもそもブラックである
  • パワハラが横行している
  • 離職者がめちゃくちゃ多い
  • 他の能力が低いために意識だけが高くみえる職員がたくさんいる
  • 非常識が常識である
  • 嫌がらせが横行している などなど

職場内の環境調整で仕事のストレスを改善することは難しい場合、思いきって他の職場に移動するとよいです。

ただし、ブラック企業体質なところで働いていると、移動しようとすると嫌がらせされることがあります。

その恐れがある場合は以下の記事で対策を説明しているので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読む
【解説】職場の嫌がらせ対策【方法は3つ+1】

きょうごく本記事では「仕事のストレスがつらいです。職場で嫌がらせを受けています。休みの日も気が休まりません。どうしたらいいですか?」という疑問にお答えします 本記事を読めば、職場で受ける嫌がらせへの対 ...

続きを見る

他の職場への移動の仕方は、基本的には条件がよいところを探しましょう。

また、移動をきっけかにして興味にあったところで働いてもよいです。

その具体策は以下の記事で詳述していますので、ぜひお読みください。

あわせて読む
仕事がつらくて働きたくない人はいったん逃げるべし【逃げ先はニート以外】

きょうごく本記事では「仕事がつらい過ぎて死にそうです。もう働きたくないです。でも、仕事を辞めた後の生活が不安です。どうしたらいいでしょうか?」という疑問にお答えします 本記事の内容 仕事がつらくて働き ...

続きを見る

【準備】仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えよう

仕事のストレスがひどくて他の職場に移動しようと思っても、良いところがないと最悪ニートです。

仕事がなくてもしばらく食いつなげられるように、調子が良いときから準備することが重要です。

準備の例

  • 貯蓄する
  • 投資する
  • スキルアップする

いつなんどき「仕事=つらい」になるかわかりませんから、新社会人になったときからしっかりやるべきです。

貯蓄する

たまに浪費がひどすぎて、働いているのに貯金がほぼゼロの人がいます。

けど、職場で強いストレスを感じている人は約60%にものぼると考えると、その状態はリスクでしかありません。

移動で失敗して最悪ニートになってもよいように、社会人として働きはじめたらすぐ貯蓄していきましょう。

300万円ぐらいあれば1〜2年はニートでもしのげます。

「以下の記事でニートは避けろと言っているのに矛盾してない?!」と思うかもですが、病気になるぐらいなら家でゴロゴロしている方がマシだと個人的には思っているので、最悪そうなっても食いつなげることができるように貯蓄しておきましょう。

あわせて読む
仕事がつらくて働きたくない人はいったん逃げるべし【逃げ先はニート以外】

きょうごく本記事では「仕事がつらい過ぎて死にそうです。もう働きたくないです。でも、仕事を辞めた後の生活が不安です。どうしたらいいでしょうか?」という疑問にお答えします 本記事の内容 仕事がつらくて働き ...

続きを見る

投資する

また、仕事がなくてもしばらく食いつなげられるように、働きはじめたら貯蓄だけでなく投資もしておきましょう。

投資にはリスクがともないますが、「国際・分散・長期」の条件で資産運用しておけば、貯蓄よりもお金が増える可能性があります。

一番簡単な方法はAIを活用した仕組みだと思うので、興味がある人は以下の書籍をどうぞ。

また、投資全般については以下の本がわかりやすいですので、ぜひどうぞです。

スキルアップする

仕事がなくてもしばらく食いつなげられるように、在職中からスキルアップは欠かさず行いましょう。

スキルアップでオススメのテーマは以下の通りです。

おすすめ

  • プログラミング
  • データサイエンス

これらは今後も伸びる領域なので、将来の選択肢の拡大に役立つはずです。

具体的な方法は以下の記事で詳述していますから、ぜひ参考にしてください。

あわせて読む
仕事がつまらないなら、ひとまず勉強しよう【スキルアップの薦め】

きょうごく本記事では「仕事がつまらないです。毎日、特に面白いこともなく、淡々と過ぎさっていきます。このまま人生が終わるのかと思うとゾッとします。どうしたらいいですか?」という疑問にお答えします 本記事 ...

続きを見る

まとめ:仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えよう

本記事では「職場の人間関係が悪くて、毎日ストレスがたまります。仕事の量も多いし、毎日くたくたです。このまま耐えながら働くしかないですか?」という疑問にお答えしました。

結論は、仕事のストレスで病気になりそうなら環境を変えましょう、というものです。

本記事で紹介した環境の変え方は以下の通り。

ポイント

  • 職場内の環境を変える
  • 他の職場に移動する

本記事が少しでも役立つようでしたらうれしいです。

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

京極真

信念対立解明アプローチ、OBP2.0という哲学的実践論の体系化に取り組んでいます。作業療法士という国家資格をもっています。最終学位は博士(作業療法学)です。普段は吉備国際大学ならびに同大学大学院で教授しています。その他にも旭川医科大学医学科、聖隷クリストファー大学大学院博士後期課程、香川県立保健医療大学大学院修士課程などで教えています。

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.