人間関係の極意【結論:だましだまし】

2019年6月2日

きょうごく
本記事では「人間関係が苦手です。人間関係の極意を知りたいです」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 人間関係が苦手である
  • 人間関係の極意を知りたい

本記事を書いているぼくは作業療法士ですが、長年、人間関係のトラブルを研究しています。

その延長で信念対立解明アプローチという哲学的実践論も体系化しています。

あわせて読む
【2019年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

作業療法士としては特に精神医療が専門でして、その点においても人間関係のトラブルはわりとよく対応してきたという背景があります。

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

人間関係の極意【結論:だましだまし】

結論:人間関係の極意はだましだましです

結論から言うと、人間関係の極意は「だましだまし」です。

だましだましとは、その場その場で何とか様子を見ながらやりくりすることです。

つまり、「人間関係の極意はだましだましだ」ということは、相手の調子を見ながら何とか取り繕いつつ、やり取りしていくという意味です。

「だましだまし」というと聞こえが悪いかもです。

けど、これは相手にあわせて柔軟に対応する状態を表しています。

そういうと、だましだましの大切さに気づいていただけるかもしれませんね。

だましだましが重要な理由

世の中には賢い人、アホな人、天才の人、変態の人、普通の人などいろいろいます。

昆虫の世界は多様性を極めますが、人間の世界も面白いぐらい多様です。

そのため、ぶっちゃけ全員とわかりあうことはまず不可能です。

なので、色んな人がいるという前提のもとで、その場その場を何とか取り繕いながらやっていくしかないです。

だましだましやらない人間関係はわりと乱暴です。

相手の調子をみたり、相手に合わせて手加減したりせず関わることになるからです。

意見が違う相手にそれやっちゃうと、信念対立するばかりなのは簡単に想像できるはずです。

人間は人それぞれ世界観が違うので、基本的に異なる意見を持っている間柄になります。

ということは、人間関係はだましだましやらないと、めちゃくちゃになっちゃうよ、という結論に向かっていきます。

だましだましはめちゃ重要です。

具体例で比較

例えば、だましだましやらない場合、いい加減な人がいたら、ちゃんとするように注意することになります。

そのこと自体は間違っていないです。

けども、いい加減な人に真面目すぎる対応を重ねると、わりとお互いにしんどいです。

だましだましやる場合、いい加減な人がいたら様子をみながら多少目をつむるということをやったりします。

けど、だましだましは不真面目にやるということでもないので、様子を伺いつつ時々尻を叩くということもやります。

真面目すぎるわけでもなく、不真面目すぎるわけでもなく、ちょうどよい頃合いで適当にやっていくわけです。

人間関係の極意を身につけるコツ

人間関係の極意を身につけるコツ

人間関係の極意であるだましだましを見つけるコツは以下の通りです。

ポイント

  • その①:完全はない
  • その②:絶対はない
  • その③:何でもアリでもない

その①:完全はない

だましだましを身につけるには「完全はない」と理解するとよいです。

「完全はある」と考えると、その場を何とかやりくりしながら当座をしのぐという発想にならないからです。

「完全はない」からこそ、その都度の最適解を目指すことができます。

だましだましは、完全性を前提にしないと身につきやすいです。

その②:絶対はない

同じく「絶対はない」という理解も重要です。

「絶対はある」と考えると、その場その場で何とか様子を見ながらやりくりするというやり方は信頼できないいい加減なものになってしまいます。

他方、「絶対はない」と考えることができれば、その時々における最適解を見つける力動が働きやすいです。

だましだましは完全性の他に絶対性も前提しないと身につきやすいですよ。

その③:何でもアリでもない

最後に「何でもアリでもない」という理解を身につけるべしです。

だましだましは、その場の様子を見ながら、人間関係をやりくりしていきます。

つまり、だましだましは物事の善し悪しを判断しない相対主義ではないんです。

そうではなく、これはその時々における最適解を見つけて、人間関係を適当に調整していくやり方だと理解する必要があります。

だましだましへの疑問

だましだましやっていたら、いつかしのげなくなって詰むんじゃないかという意見もあります。

確かにそれはその通りかもです。

けど、だましだましやらなくても詰むときは詰みます。

なので、それはだましだましやることに限った話ではないです。

例えば、だましだましやらず、常に直球勝負でやっていても、職場の業績不振で詰むときはあります。

人生が詰むかどうかは、色んなパラメータが関わってきます。

だましだましやるから詰むかというと、そう単純な話ではないです。

むしろ調子を見ながらやりくりするだましだましの方が、詰みそうなときに察知して逃げ切れるかもしれないです。

まとめ:人間関係の極意【結論:だましだまし】

本記事では「人間関係が苦手です。人間関係の極意を知りたいです」という疑問にお答えしました。

結論から言うと、人間関係の極意は「だましだまし」です。

人間関係を上手に構築したい人はだましだましやるべしです。

あわせて読む
人間関係の本質は愛です

きょうごく本記事では「人間関係って難しいです。人間関係の本質は何ですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 人間関係に悩んでいる 人間関係の本質が知りたい 本記事を書いているぼくは作業療法士 ...

続きを見る

あわせて読む
人間関係がうまくいかない理由と対策【専門家が語る】

きょうごく本記事では「人間関係がうまくいかないです。どうしてなんだろう・・・。できればその対策も知りたい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 人間関係がうまくいかない理由 人間関係がうまくい ...

続きを見る

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.