仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です

投稿日:2019年8月4日 更新日:

きょうごく
本記事では「仕事のストレスがつらいです。けど、忙しいところなので休めないです。我慢するしかないのかなぁ」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

    • 仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です
  • 対策は仕事のストレスがつらいけど休めないと感じる前に仕込む

本記事を書いているぼくは信念対立、作業機能障害という観点から労働衛生を研究しています。

作業療法士のぼくがこういうテーマで研究しはじめたのは、ぼく自身が社会人になったばかりの頃に「仕事のストレスつらい、、、」と悩んだことがあるからです。

人生100年時代なうえに死ぬまで労働が基本なので、仕事のストレスがつらいと人生が生き地獄化します。

なので、極力こころ楽しく働けるようになった方がいいです。

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です

結論:仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です

結論をいうと、仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です。

理由は、どんなに忙しいところで休んでも、わりと何とかなるものだからです。

具体例

具体的にお話しすると、とある方は毎日限界まで働いていました。

ストレスでこころがつぶれそうでしたけど、「休んだら周囲に迷惑をかける、、、」と思って休めずにいました。

けど、が頭の中にちらつくようになって、「これはマズい、、、」と思って3日間ほど急遽有休をもらい旅行にでかけました。

その間、職場は何事もなかったように動いていました。

「休めない、、、は思い込みだった」と気づくことができました。

こんな感じで、仕事のストレスがつらいけど休めない、、、と感じる気持ちはわかりますが、わりとそれは思い込みだったりするのです。

よくある疑問:なぜ「仕事のストレスがつらいけど休めない、、、」と思っちゃうの?

「なぜ『仕事のストレスがつらいけど休めない、、、』と思っちゃうの?」と疑問に思う方がいらっしゃいます。

結論をいうと、強いストレスにさらされ続けていると判断力がにぶってくるからです。

ぼくらはストレスが限界を越えると、耐え忍ぶことで精一杯になって、まともに判断できなくなるのです。

具体例

例えば、ストレスが限界に近づきはじめると、「逃げなきゃ!」ではなく「もっと頑張らなきゃ!」と思っちゃいがちです。

冷静に考えたら、こころが十分に傷ついて悲鳴を上げているとわかりそうなものです。

けど、ストレスが限界に近づくと判断力が鈍るので、「逃げる」よりも「耐える」を選んでしまうのです。

結果として、「仕事のストレスがつらいけど休めない、、、」へと展開するわけです。

こんな感じで、誰でもストレスが強度にかかると正常な判断力が損なわれるので、そういう状態に陥る恐れありです。

対策は仕事のストレスがつらいけど休めないと感じる前に仕込む

「仕事のストレスがつらいけど休めない、、、」と思ってからだと、対応が後手後手に回ってしまう可能性があるので、そう感じる前に仕込むことが対策になります。

具体的には以下の通り。

ポイント

  • その①:早めに休むと思いさだめる
  • その②:睡眠は削らない
  • その③:運動を習慣化する

その①:早めに休むと思いさだめる

「ストレスたまってきたなぁ」と感じはじめたら、早めに休むと前もって決めておき、一定ラインに達したら機械的に休むとよいです。

そう決めておけば、限界に近づく前に逃れられる可能性ありだからです。

具体例

例えば、「しんどい、、、」と感じたら、早めに帰る、手を抜く、と前もって明確に決めておくのです。

そして、そう感じることがあれば、迷うことなくさくっと休むんです。

そこに迷う余地を作らない。

そうすることによって、判断力を鈍らせることなく次の一手を打てます。

こんな感じで、前もってルールを決めておき、機械的に適応するとよいです。

その②:睡眠は削らない

ぼくらってわりと簡単に睡眠時間を削りがちですが、ストレス対策としては睡眠時間を削らないことが重要です。

睡眠時間を削るとメンタルが不安定になって、判断力が鈍りやすいからです。

仕事のストレスがつらいけど休めないと感じる前に、睡眠時間を削らない生活を習慣化させましょう。

具体例

例えば、仕事で努力が必要な局面に差し掛かったとします。

すると、過剰な努力で乗り越えようとドライブがかかって、結果として睡眠時間を削ってまで頑張る、、、というプロセスに入りがちです。

過剰な努力はストレスを生みますが、そこに睡眠不足が重なるとストレスの増大が加速します。

結果として、あっという間にデッドラインを越えることがあります。

なので、睡眠時間を削るのは寿命を削るのと一緒だと思っておけばOKです。

created by Rinker
¥1,728 (2019/08/25 18:18:49時点 Amazon調べ-詳細)

その③:運動を習慣化する

仕事のストレスがつらいけど休めないと感じる前に、日々の生活で運動を習慣化すべしです。

運動はストレス耐性を高めて、メンタルの安定に寄与するので、判断力を鈍りにくくするからです。

具体例

例えば、以下のメニューを習慣化しておきましょう。

  1. プランク 30秒×3
  2. 腕立て伏せ 20回×3
  3. スクワット 30回×3 など

毎日やっておけばストレス解消にもなるし、メンタルも強くなりますよ。

まとめ:仕事のストレスがつらいけど休めない、、、というのは錯覚です

今回は以上です。

強いストレスにさらされ続けていると判断力がにぶります。

結果として、「仕事のストレスがつらいけど休めない、、、」という錯覚にとらわれます。

取り返しがつかない事態になる前に、しっかり休みましょうね。

本当はストレスがたまりすぎない職場で働けたらよいのですが。

✅より好条件の会社で働きたい人は必読!

全業種向け

人気記事
【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

続きを見る

医療福祉向け

人気記事
【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

続きを見る

✅やばい!ブラック企業から抜けだしたい人は必読!

人気記事
ブラック企業で退職が困難なら弁護士の退職代行サービスを活用すべき

きょうごく本記事では「グラック企業に勤めています。もう耐えられないので辞めたいです。けど、これまで退職を申し出た人は、様々な嫌がらせを受けます。私も嫌がらせされると思うと退職したくてもできないです。ど ...

続きを見る

✅仕事がつらすぎる人は必読!

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

 

 

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.