目的が変わると転職で失敗したと感じる理由

きょうごく
本記事では「前の会社は信念対立がひどかったので、人間関係が良好そうな他社に転職しました。しかし、人間関係は良好なんですが、思っていたよりも古い体制の組織で、自由に仕事ができません。何でこんなことになったのかなぁ」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 目的が変わると転職で失敗したと感じる理由
  • 理由が「目的が変わった」というケースで転職の失敗を減らす対策

本記事を書いているぼくは信念対立を専門に研究しています。

信念対立は人間関係・職場のトラブルを含む問題でして、その対策として信念対立解明アプローチを開発しています。

人気記事
【2020年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の ...

続きを見る

信念対立解明アプローチはメンタルコントロールしつつ、状況・目的・方法にフォーカスした対策を行い、人間関係・職場のトラブルを解消していきます。

研究していると、状況があまりにひどく、目的が落ちついて働きたいという場合、人によって方法として転職を採用する事象が観察されます。

けど、その後に「転職に失敗した、、、」とおっしゃられる方がたまにいます。

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

目的が変わると転職で失敗したと感じる理由

結論:転職する前後で目的が変わるから

結論をいうと、上記の疑問の場合、転職する前後で目的が変わっているので「転職で失敗した、、、」と感じちゃっている可能性ありです。

目的が変わると重視するポイントが変化するからです。

具体例

例えば、上記の疑問の場合、、、

良好な人間関係の職場で働きたい」→「組織の体制が古くないところで、自由に働きたい

に目的が変化しています。

そのため、せっかくよくなった良好な人間関係が重視されなくなって、不自由を感じない働き方を重視するようになっています。

こんな感じで、目的が変わると価値を見いだすところが変わるので、結果として目的を達成しているにもかかわらず、「転職に失敗した、、、」と感じちゃっているわけです。

目的が変わると転職で失敗したと感じる理由

目的が変わると価値を見いだすポイントが変わるから

よくある疑問:我慢しなきゃいけないの?

「目的が変わっているよね、、、と言われると、結局は自分が悪いワケなので、つらくても我慢しなきゃいけないの?」と思う方がいます。

結論をいうと、我慢(耐え忍ぶこと)しなくてもOKです。

こういうときは我慢するのではなく、新しい会社で感じるストレスを解消しつつ、問題を解明・解決する方法を探っていけばよいです。

具体例

例えば、少し早めに帰って、趣味の水泳を楽しんでストレス発散したらよいです。

また、目的が変わってしまったことに気づいて、目的の優先順位を整理する必要もあります。

そして、古い体制の組織の中で評価されつつ、ちょっとずつやりたいこともやる、、、と発想を変えてみるのもよいです。

こんな感じで、目的が変わったことによって「転職に失敗した、、、」と感じても、我慢以外にやれることはいろいろあります。

よくある疑問:「目的が変わった」以外にも転職で失敗する理由はあるのでは?

「『目的が変わった』以外にも転職で失敗する理由はあるのでは?」と思う方もいます。

これはまさにその通りです。

本記事で設定した疑問は「目的の変化」で説明しやすいです。

けど、もちろん他の理由で転職を失敗することはいくらでもあります。

具体的には以下の通り。

具体例

  • 転職時に提示された条件(給与、待遇など)と違った
  • 上司や同僚との相性が悪かった
  • 予想以上にブラック企業だった など

こんな感じで、「目的が変わった」以外にもいろんな要因で転職が失敗することありです。

理由が「目的が変わった」というケースで転職の失敗を減らす対策

主な対策は以下の通り。

主な対策

  • その①:目的の優先順位を明確にする
  • その②:当初の目的を思い出す
  • その③:新しい会社への適応に専念する

その①:目的の優先順位を明確にする

失敗を予防するためには、目的の優先順位を前もって明確にしておくべしです。

複数の目的があるのが普通なので、自らの目的の序列を整理しておき、環境の変化で混乱しにくくしておくのです。

具体例

具体的にお話しすると、「良好な人間関係の会社で働きたい」「柔軟な発想で自由に働きたい」という目的があると仮定します。

その場合、自分にとってどういう優先順位になるかを考えておくのです。

自力で決めにくい場合は、家族や恋人、プロのエージェントに相談するのもありです。

このように、目的の優先順位を決めておけば、目的が変わって「転職に失敗した、、、」とはなりにくいです。

その②:当初の目的を思い出す

既に転職済みの場合は、当初の目的を思い出せばOK。

それによって、自分が重視していたポイントが明確になるので混乱しにくくなるからです。

具体例

例えば、「良好な人間関係の会社で働きたい」と思って転職したら、想像以上に古い体制だったので失敗した、、、と感じたとします。

そういときは、自分が「良好な人間関係の会社で働きたい」という目的で今の会社を選んだということを思い出すのです。

そのうえで、その目的が達成できたかどうかを検討し、無事に達成できているなら御の字としちゃいましょう。

こんな感じで、目的を思い出すことはわりと使える方法です。

その③:新しい会社への適応に専念する

環境が変われば目的も変わるものなので、目的の変化はひとまず脇において新しい環境への適応に集中するのもありです。

新しい環境にうつると、それだけでストレスを感じやすくなりますので、いろんなことに過反応になっているかもなので、目的云々抜きにしてまずは馴れることに集中するわけです。

具体例

例えば、「人間関係は良好なんですが、思っていたよりも古い体制の組織で、自由に仕事ができません。何でこんなことになったのかなぁ」と感じたら、それにいちいち反応することは辞めるわけです。

そして、「新しい環境なんだから、そりゃ思い通りにならないこともあるよ、、、」と思いさだめて、ひとまず馴れることに集中するんです。

環境が変わって目的が変化しても、反応性が落ちるので冷静になりやすいです。

こんな感じで、まずは馴れる、、、というのも大切です。

まとめ:目的が変わると転職で失敗したと感じる理由

というわけで今回は以上です。

目的が変わると価値を見いだすポイントが変わるから、「転職に失敗したかも、、、」と感じることがあります。

事前に目的の優先順位を明確にするとよいですが、それができていなかったなら当初の目的を思い出すか、とりあえず新しいところになれることを優先しましょう。

1

2019/11/6

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説してほしいなぁ」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 転職サイト&転職エージェントの違いを知りたい 転職サイト&転職エージェントの活用の仕方もあわせて教えてほしい 「キャリアアップのために転職したい、、、」「ブラック企業から抜けだしたい、、、」と思ったら、転職サイト&転職エージェントを上手に活用する必要があります。 ぼく自身は3回の転職経験があり、就活・転職に関する実践は以下のよう ...

ReadMore

2

2019/9/12

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ATTENTION 本記事はあなたに、好条件の会社に移るために役立つお得な情報を提供します。この機会を逃さないようご注意ください。 本記事の内容 おすすめ求人転職サイト・エージェントの選び方 全業種におすすめ求人転職サイト・エージェント おすすめ転職サイト・エージェントでよくある疑問4選 本記事を書いている ...

ReadMore

3

2019/11/3

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 職種別のおすすめ転職サイト&転職エージェントを教えてほしい 今すぐではないけども、転職したいと考えている ブラックな臨床現場から抜けだしたい キャリアアップのために転職したい 本記事では、転職をお考えの医療職、福祉職の方向けに、効率よく転職するために役立つ転職サイト ...

ReadMore

4

2019/11/3

作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えします こんな方におすすめ いずれ転職したいけど、今すぐではない 近いうちに転職したい 転職でキャリアアップしたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であり、博士(作業療法学)を所有しています、 これまで3回の転職経験があり、10年前から作業療法士系の大学&大学院で教員してまして、就活・転職については以下のよう ...

ReadMore

5

2019/10/1

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士が転職で異業種、異業界の一般企業に就職する方法 一般企業に転職したい作業療法士がやるべき事前準備 作業療法士が転職で一般企業に移動するためのキモ 一般企業に転職したい作業療法士におすすめ本 本記事を書いているぼくは、作業療法士&博士(作業療法学)です。 これまで教員として以下のような仕事にも関わっ ...

ReadMore

6

2019/9/12

作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 作業療法士を辞めたい人が他の業種に転職する前に考えておくべきこと 作業療法士を辞めたい人は行動しつつ考えるべし 本記事を書いているぼくは職場トラブルを研究しておりまして、「作業療法士以外の仕事に就きたい、、、。でもどうしたらいいのだろう、、、」という相談をたまにお聞きすることがあります。 「作業療法士以外の仕 ...

ReadMore

7

2019/7/28

ブラック企業で退職が困難なら弁護士の退職代行サービスを活用すべき

きょうごく本記事では「グラック企業に勤めています。もう耐えられないので辞めたいです。けど、これまで退職を申し出た人は、様々な嫌がらせを受けます。私も嫌がらせされると思うと退職したくてもできないです。どうしたらよいですか」という質問にお答えします こんな方におすすめ ブラック企業から退職したいけど前途多難で難しい 退職代行サービスを活用したいので、おすすめ情報を知りたい 弁護士によるお得な退職代行サービスを教えてほしい 本記事を書いているぼくは主に医療現場をフィールドに様々なトラブル事例を研究しています。 ...

ReadMore

8

2019/7/16

【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があるのか知りたいです」という疑問にお答えします 本記事の内容 オンラインカウンセリングの特徴比較 おすすめのオンラインカウンセリング【メリットとデメリット】 実質無料でオンラインカウンセリングを活用する方法 オンラインカウンセリングを学べるおすすめ本 本記事を書いているぼくは、精神科リハビリテーションを専門にし ...

ReadMore

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2020 All Rights Reserved.