備忘録:Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処例

投稿日:2015年5月24日 更新日:

本記事では「Macの仮想環境でRstudioが動かない時はどうすればいいですか」という疑問にお答えします。

本記事の内容

  • Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処例
  • Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処手順

本記事を書いているぼくは、Macユーザーです。

Macの仮想環境でRstudioが動かないというエラーの解消の仕方について紹介していきます。

【2019年版】Macで使える高機能なフリー統計ソフト3選【比較】

きょうごく本記事では「Appleのパソコンを使っています。フリーの統計ソフトはいろいろありますが、どれを選べばよいかわかりません。10万以上の統計ソフトを購入する経済力もありません。Macで使えるフリ ...

続きを見る

 

備忘録:Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処例

エラーとなる現象

Yosemite(10.10.3)にParallels Desktop 10 for Macを入れて、そこでWindows 8を走らせています。

Windows 8にRstudio(0.93)をインストールして立ち上げると、以下のようなエラーメッセージがでました(赤文字の部分)。

ググると、Macを共有していると、こういうエラーが起こるらしいことがわかりました。

エラーに対応するのが面倒なので、スルーしようかと思ったのですが、Rstudioがまともに動いてくれません。

かなり苦労しながら対処を調べたところ、とりあえず以下の手順で普通に起動するようになりました。

他によい対応があると思いますので、もしご存じの方がいましたら対応の仕方を教えてください(;´༎ຶД༎ຶ`)。

またパソコンの環境が変わると、エラーがでないかもしれないし、下記の方法で対処できないかもしれませんので、ご注意ください。

Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処手順

対処手順

僕自身への備忘録としてブログに手順を残しておきます。

1)Windowsのシャットダウンを行う。

「Parallels Desktop → 処理 → シャットダウン」の順にクリックしてください。

2)Parallels Desktopのコントロールセンターを開く

 

「Parallels Desktop → コントロールセンター」の順にクリックしてください。

すると、以下のようなウィンドウが開きますので、楕円(ピンク色)で囲んだアイコンをクリックしてください。

3)「MacのユーザフォルダをWindowsと共有」のチェックを外す

下記のウィンドウが開いたら、「MacのユーザフォルダをWindowsと共有」のチェックを外してください。

ファイル共有は、クラウドでやればよいので、チェックを外してもたぶん使用に耐えると思います。

以下のようになったら、ウィンドウを閉じて、Windows8を起動してください。

4)Rstudioを再び立ち上げてエラー表示がでないかを確認する

ドキドキしながらRstudioを立ち上げると、エラーの表示が消えていました^^。

計算も普通にできます。

めでたし、めでたし。

まとめ:備忘録Macの仮想環境でRstudioが動かない場合の対処例

本記事では「Macの仮想環境でRstudioが動かない時はどうすればいいですか」という疑問にお答えしました。

エラーでお困りの方の役に立てれば嬉しいです。

Word for Macの入力不具合の解消法

本記事では「Word for Macの入力不具合の解消法」について紹介します。 ぼくはMacユーザーですが、ここ数日、MacのWordで日本語を入力すると、意図しないところで勝手に確定されたり、勝手に ...

続きを見る

-研究
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.