【献本御礼】イタタタた(あべやすし・文、高堰さやか・絵)

投稿日:2015年11月5日 更新日:

本記事では、「絵本作家かつ医師のあべやすし先生からの絵本『イタタタた』(最新医学社)について知りたい」という疑問にお答えします。

この記事の内容

  • イタタタた(あべやすし・文、高堰さやか・絵)
  • あべさんの最近動向について
  • あべさんのケアカフェについて
  • あべさんのその他絵本

絵本作家かつ医師のあべやすし先生から最新作の絵本『イタタタた』(最新医学社)の献本を頂きました。

ありがとうございます!ということで、本についてのご紹介とあべさんの最近の動向を含めて紹介します。

no image
ナニコレ?痛み×構造構成主義: 痛みの原理と治療を哲学の力で解き明かす(阿部泰之・著)

献本御礼。 今朝、読了しましたので感想を書きます。 〇 本書は、ありそうでなかった痛みの専門書です。 刺激的な議論が盛りだくさんで、とっても面白かったです。 その独創は、人々が医療を求める最大の理由で ...

続きを見る

【献本御礼】イタタタた(あべやすし・文、高堰さやか・絵)

絵本:イタタタた

IMG 4178

 

痛みという身近で複雑な現象について、心に響くやさしい言葉と可愛らしい絵を通して考えさせられる内容になっています。

あとがきの「私は医学が痛みを単純に考えすぎたことが治療の難しさを生んでいると思っています」という一文に、「痛みの哲学」を展開しているあべさんの想いが本書にぎゅっと詰まっているなぁと感じました。

うちのチビたちと一緒に読みながら痛みの不思議について感じてみたいなぁと思います。

最新作の発売は11月20日

あべさんの最近動行について

ネットで購入できるようになったら、改めてblogでお知らせします。

絵本作家あべやすしさんの最新動向は、Facebookで発信されています。

https://www.facebook.com/ehon.abeyasushi/

あべさんのケアカフェについて

また、あべさんはケアカフェというケアに関わる人たちが語り合える場を運営しています。

とてもユニークな取り組みなので、こちらもぜひフォローを!

http://www.carecafe-japan.com

https://www.facebook.com/carecafe.japan/?fref=ts

発売まで待てない人は、あべさんの前二作をこの機会にどうぞです。

学問すると非常に難解になる内容を、感性に響く言葉と絵で訴えかけてきます。
優しい気分になりますよ。

あべさんのその他絵本

商業出版ではないですが、「ママがしんじゃうって」という絵本も描かれています。

ものすごく心に響く名作です。

これもいつか一般の書店で買えるようになるといいなぁ。

まとめ:【献本御礼】イタタタた(あべやすし・文、高堰さやか・絵)

本記事では、「絵本作家かつ医師のあべやすし先生からの絵本『イタタタた』(最新医学社)について知りたい」という疑問にお答えしました。

痛みの哲学をやられているあべさんの思いのつまった素敵な作品です。

no image
子どもの頃から哲学者(苫野一徳・著)

きょうごく本記事では「苫野一徳くんが書いた哲学エッセイ『子どもの頃から哲学者 ~世界一おもしろい、哲学を使った「絶望からの脱出」!』について」サクッと紹介します 子どもの頃から哲学者(苫野一徳・著) ...

続きを見る

-書評
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.