価値を食う

投稿日:2016年1月9日 更新日:

きょうごく
本記事では「浜松餃子はどうして美味いと感じるのか」という疑問にお答えします

ぼくは出張で浜松に年に何回か行く機会があり、その時には必ず浜松餃子を食べます。そんなぼくが浜松餃子を食べるとどうして美味しいと感るのかについてサクッと解説します。

【高知】カツオのたたきのおいしい食べ方【勝手にランキング】

きょうごく本記事では「カツオのたたきをおいしく食べたいです。お勧めの食べ方があれば教えてください」という質問にお答えします 本記事の内容 カツオのたたきのおいしい食べ方がわかる 塩たたきよりも美味い食 ...

続きを見る

価値を食う

餃子の違いはよくわからない

年3回は浜松でお仕事なのですが、毎回、浜松餃子を楽しんでいます。
正直なところ、普通の餃子と浜松餃子の違いはよくわかりません

もちろん、もやしの有無ぐらいはわかりますが、逆に言えば理解できる違いはそれぐらいで他はよくわからないです。

たぶん「これ浜松餃子だよ」と言って普通の餃子を出されたら気づかないと思います。

でも、やっぱ「浜松で食べる浜松餃子は美味い!」って感じちゃうんですよね。

それはいったいなぜか。

浜松餃子を食べて美味しいと感じるのはなぜ?

価値をまとめて食べている

結論を言えば、ぼくはおそらく、浜松餃子を食べるときに、単なる餃子を食っているんじゃなくて、それに付随する「餃子の本場である」「名物のひとつである」などといった、いろいろな価値をまとめて食っているんですよね。

それがスパイスとなって、餃子の味が何割増しかになって味わえているはず。

宮崎の冷や汁なんかもそう!

あれも名物のご当地グルメだと言われるから、何だかよくわからないけども上手く感じてしまう。

そういう価値を知らなければ、冷や汁は冷えたネコまんまみたいに感じると思う。

ぼくはネコまんまが好きで、ほとんど毎日食べているから、価値が付随しなくても冷や汁を美味しく感じると思うけど、笑。

まとめ:価値を食う

ぼくが浜松餃子を美味いと感じるのは、具材とあわせて価値を食っているから。

元々、餃子が好きだというのもあるけども、普通の餃子に比べて浜松餃子が美味いように感じるのは、たぶんそういう理由があるんだと思う。

浜松餃子うめぇー!

ついでに冷や汁うめぇー!

来年度もきっと、その価値を味わうために浜松餃子の名店で並んで食っているでしょう、笑。

【高知】カツオのたたきのおすすめ通販【高知好きの大阪人が語る】

うーたん本記事では「高知はカツオのたたきが美味しいと聞きましたが、ネットで取り寄せて食べてみたいです。どこがお勧めですか?」という疑問に答えます  本記事の内容 美味い「カツオのたたき」が食える通販が ...

続きを見る

-論説
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.