批判にはどう向きあったらよいか

投稿日:2016年1月9日 更新日:

きょうごく
本記事では「批判にはどう向き合ったらよいのか」に某芸能人の不倫を例にサクッと解説しています
批判にはどう向きあうか【人間関係&ストレス】

本記事では「批判への対応のポイントが知りたいです」という疑問にお答えします。 この記事を書いているぼくは作業療法士であり、大学教員です。そんなぼくは人間関係のトラブルについての研究に取り組んでいます。 ...

続きを見る

批判にはどう向き合ったらよいか

某芸能人たちが、不倫で騒がれています。

お二人ともタブーを犯しているわけですから、現代の社会を前提にする限りにおいては、起きた結果に対しては責任を取らざるを得ません。

でも、個人的には、女性の方は好きな芸能人のひとりだったので、こんなかたちで批判にささされてちょっと可哀想だなぁと感じています。

身近な人々(配偶者や家族)の批判は受けとるしかないわけですが、それ以外もまとめて聞いているとたいてい身がもちません。

芸能を楽しんでいる身としてはそれだと困ります。

では、身近ではない人々からの批判にはどう向きあったらよいか。

結論:過剰に反応しない

結論から言うと、基本的には過剰反応しないというスタンスが良いだろうと思います。

哲学者エマソンも同型の主張を展開しています。

以下、自己信頼からの引用です。

世間の人々がほめたり貶したりするのに、深い理由など何もなく、風の吹くまま、新聞がかき立てるままに変わるのだ。

確かにその通りで、他人は身勝手なので、特に深い洞察がなくても気軽に批判してきます。

そういう批判は、役立ちそうな内容は聞いて、それ以外は受け流すのが良いだろうと思います。

ただし、エマソンは、続いてこうも書いています。

ただ、大衆の不満は議会や大学の不満よりも恐るべきものだ。

理由は、そういう批判は礼儀をわきまえておらず、慎重さがないからです。

それはTwitterなどのSNSを見ていると感じることだろうと思います。

ぼくとしては女性芸能人がこのまま表舞台から消えるのは嫌なので、適切に責任をとりつつも、周囲の批判に過度に振りまわされず、かつ慎重に対応していってもらいたいです。

まとめ:批判にはどう向き合ったらよいか

本記事では「批判にはどう向き合ったらよいのか」についてサクッと解説しました。

批判には過剰に反応しすぎず慎重な対応が大切です。

本を読まないで批判する自由はあるがリスクがある

本記事では「読んでない本にケチをつけていますがどう思いますか」という疑問にお答えします。 本記事の内容 本を読まないで批判する自由はあるがリスクがある 本を読まないで批判するリスクとは? 本記事を書い ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-論説
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.