「自戒を込めて」というときの注意点

投稿日:2016年6月10日 更新日:

きょうごく
本記事では「自戒を込めてと書くときに気をつけることについて」簡単に紹介します

「自戒を込めて」というときの注意点

強い主張するときに、あえて「自戒を込めて」と書くときがあります。

それで文字通り自戒している場合もありますが、どーもそうではないときもあるように感じます。

その見分け方は、表現に「ためらい」があるかどうかじゃないかな。

強い主張するために、防御線として「自戒を込めて」とことわる場合は、その「ためらい」がない。

他方、強い主張でもなんだか「ためらい」があるときは、たぶん自戒していると感じちゃうんじゃないかな。

「自戒を込めて」と言うときは、表現の間に注目すると良いと思う。

自戒を込めて。

あっいけね。

言うてるしりから書いちゃった。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.