英語論文で苦労すること

更新日:

現在のところ、ぼくを含めて、うちの研究室メンバーが英語論文で苦労する一番の要因は「査読者がみつからない」です。


もちろん、英語論文を書くこと自体の苦労はありますが、それよりも査読者がみつからないことに苦労します。

エディターからやってくる最初の連絡は、たいていこれです。
査読者探しに半年以上かかることもあります。
背景には、ぼくたちの戦略がつなたいこともありますが、信念対立解明アプローチやOBP2.0、APOなどが既存の研究領域へのおさまりがいまいちなので、査読を引き受けてくれる人がなかなかいないことがあります。

実際、既存の研究領域におさまる内容だと、査読で苦労することはあっても、査読者探しでもたつくことはないです。

熱心に査読者を探してくれるエディターには本当に感謝です。
この場をかりてお礼を申しあげます。
いち研究者としては、英語論文の執筆力を上げることに加えて、既存の領域にちょこんと乗っかるか、妥協せずに新しい領域の創発に挑戦し続けるかを選ぶぐらいしかありません。
ぼくは信念対立解明アプローチの開発者なので、状況と目的に応じていずれの戦略も採用しますけどね、笑。
願わくば、ぼくが引退するころには、査読者探しに苦労する状態が改善していると良いなぁ。

-研究

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.