作業療法の面接で意識したほうがよいこと

投稿日:2016年10月15日 更新日:

きょうごく
本記事では「作業療法の面接が苦手です。どうすればいいですか」という疑問にお答えします

作業療法の面接で意識したほうがよいこと

面接はフォーマルな会話だけではない

「面接が苦手です」という作業療法学生や作業療法士にたびたび出会いますが、そういう人に限って面接をフォーマルな会話に限定しすぎてしまっていることが多いです。

4条件メソッド」で詳しく書きましたが、面接はフォーマルなやり取りに限らず、何気ない会話や井戸端会議的なおしゃべりも含まれます。

さまざまな機会を通して、作業療法面接は行えます。

面接は言葉だけに限定したものではない

もうひとつ面接が苦手な作業療法学生や作業療法士にありがちなのは、面接を言葉に限定しすぎていることです。

これも「4条件メソッド」で詳しく書きましたが、面接は「観察」と同時に行う必要があり、言語に限らず、非言語によって交流を深めることができます。

むしろ非言語のほうが豊かだったりするので、これに着目しない面接(観察)は目をつぶって綱渡りするようなものです。

作業療法面接は、面接と観察を同時に行うことによって他者理解に通じるのです。

 

面接を難しく考えすぎている

さらにもうひとつ面接が苦手な作業療法学生や作業療法士によくあるパターンは、面接を難しく考えすぎている、というものです。

「その人の意味や価値観がしっかり反映した作業歴を聞かなければならない」「クライエントのスピリチュアリティまでも理解しなければならない」などと思えば思うほど身体は硬くなり、まともな面接(観察を含む)ができなくなります。

まじめな作業療法学生や作業療法士がはまりやすい落とし穴です。

では作業療法の面接で意識したほうがよいことはどんなことでしょうか

自分のことよりも他者のことに関心を向ける

もっと肩の力を抜いて、「さぁこれから面接するぞ」などと思わないにようにしたほうが、かえって深い面接になったりするものです。

最後に、面接が苦手な作業療法学生や作業療法士にありがちなのは、面接で「何を聞いたらよいかわかりません」「言葉に詰まる」というものです。

これは、他人のことよりも自分のことに関心がありすぎる場合に陥りがちです。

「ちゃんと聞かないとレポートが書けない」「面接できないと上司に怒られる」「よい作業療法がしたいから、しっかり面接しないと」「作業に焦点を当てた面接がしたい」などなど。

これは全部あなたの勝手で他人に関係ありません。

面接ではそれらすべていったん脇に置き、自分のことよりも他者のことにしっかり関心を向けましょう。

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.