気分存在であること

投稿日:2016年10月16日 更新日:

きょうごく
本記事では「気分存在であることについて」サクッと解説しています

気分存在であること

「気分や感情で物を言うな」という人が後を絶たないように、とかく気分(感情)は理性に比べて軽視されがちです。

しかし、この主張の前提には「合理性/非合理性」の対立図式がある、と正しく見抜いたのは、ハイデガーです。

彼は、38歳で発表した主著『存在と時間』のなかで、人間の本質契機のひとつに「情状性(=気分)」があると論じました。

つまり、気分が人間の存在構造を根源的に規定しており、合理性/非合理性の対立図式に先立つ“人間の本質”を表していると論じたのわけです。

原理的に考えると、この議論はしごく真っ当だと思います。

合理性/非合理性の対立図式もまた、気分によって現に開示、規定されるからです。

そう考えると、信念対立解明アプローチが、未だ起こっていない未来を想像して落ち込んだり、過去の出来事でくよくよ悩んだりするときに、“感じるままに感じること”の重要性を解くことは、人間の本質にかなったやり方ではないかと思います。

気分は人間存在の根本的な根拠だからです。

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

2

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

3

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

4

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

5

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.