現に集中する

投稿日:2016年11月25日 更新日:

本記事では「過去や未来にとらわれがちになってしまいます。どうすればいいですか」という疑問にお答えします。

現に集中する

現に集中する理由

人生は山あり谷ありなので、しぶとく生きるには現(いま)に集中するしかありません。

過去を引きづったり、過去にしばられたり、未来にとらわれたり、未来にふりまわされたり。

そんな荷物を背負っていると、山や谷を上ったり、下りたりできなくなるからです。

では、過去や未来を積極的に意識の外に追いやればよいのか。

ところが、そーしよーとするとかえって過去や未来が意識にべったり張りつきます。

無視しようとするとかえって張りつくんです。

じゃ、どーしたらよいか。

そーならないためには、やっぱり現に集中するしかありません。

【悲報】不安のない人生なんてない【対策あり】

きょうごく本記事では「日本社会は高齢化と人口減でオワコンなので将来が不安です。不安のない人生を送るにはどうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 不安のない人生なんてない 不安のない ...

続きを見る

いまを大切にする

いまこの瞬間に注意を向ければ向けるほど、何もコントロールしていないのに過去や未来が意識にのぼらなくなります。

いまこの瞬間の経験でぼくの身体が満たされてしまい、過去や未来が入りこむ隙がなくなるからでしょう。

その結果として、嫌なことも大切なことも、あんなこともこんなことも、どんどん忘れます。

忘れるのです。

そのおかげで現この一瞬のフットワークが軽くなり、その連続で山や谷を上ったり、下りたりしやすくなります。

で、その積みかさねが未来へとつながるわけです。

まとめ:現に集中する

本記事では「過去や未来にとらわれがちになってしまいます。どうすればいいですか」という疑問にお答えします。

いまこの瞬間を大切にしましょう。

こころ楽しく生きる方法【今ここに集中する】

きょうごく本記事では「こころ楽しく生きるためには、どうしたらよいの?」という疑問にお答えします 本記事のポイント 過去は忘れて、未来は想像しないようにしよう その代わり、今ここに集中するために没頭でき ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.