ユーモアや笑いは信念対立の解消に役立つよ

投稿日:2016年11月30日 更新日:

信念対立が生じると、相手を説得したり、交渉したりして、乗り切ろうとしがちです。

これは正攻法な対応なので、基本的に良いですし、間違っていません。

でも、緊張関係にあるなかで、正面から攻めるとかえって事態がこじれることがあります。

見極めはとても難しいのですが、ユーモア笑いの活用も信念対立の解明にはとても重要です。

おすすめ
【2018年度】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

連載ではたびたびユーモアや笑いの重要性を説いていますが、これとても大切です。

信念対立で緊張感がぐっと高まった瞬間に、場を和ませるような言動ができると、それだけで事態の打開につながることがあるからです。

ユーモアや笑いの定石はないと思います。

そんなものがあれば、プロのお笑い芸人さんが「スベる」ことはないはずですからね。

そういう高度なコミュニケーションを活用することは、非常に難しいことだと思います。

しかし例えば、想像力を豊かにして視点を変えた発想をしてみるとか、固定観念を無視してぶっ飛んだこと言ってみるとか、その他まぁいろいろなやり方があると思います。

普段から面白いことに関心を向けていると、人が笑うような言動がやりやすくなるかもしれません。

ユーモアや笑いは、信念対立で高まった緊張を和らげて解消してくれる可能性があります。

「正攻法でやると相手が怒りそうだ」と感じるようなときは、視点を変えて場が笑いで包まれるようなコメントをしてみてはいかがでしょうか。

あっでも、ユーモアもやりすぎると皮肉に聞こえることもあるので、そのさじ加減は注意してね。

笑わそうと思った言葉が信念対立を悪化させたら誰も笑えませんから。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.