時間の密度を高める工夫

投稿日:2016年12月3日 更新日:

きょうごく
本記事では「自分の人生を確保するための工夫について教えてほしいです」という疑問にお答えします。

ぼくは作業療法士であり大学教員です。研究や講演、連載に本の執筆と多忙な日々を過ごしています。そんなぼくが自分の人生を確保するための工夫についてサクッと解説します。

時間の密度を高める工夫

人間はいくつになっても工夫次第でどーにかなるものです

若い頃のぼくは年齢を重ねれば重ねるほど、若い人に仕事を押しつけて楽ができるようになるもんだ、と思っていました。

ところがどっこい。

40歳になっても忙しいままですし、正直なところ若い頃よりも断然忙しい。

さらに歳をとれば、めでたく老害をふりまけるようになるのかもしれませんが、残念なことに近々そーなれる感じもあんまりしません。

忙しさで寿命が埋まるのはまっぴらゴメンなので、自分の人生を確保するために何らかの工夫が必要になってきます。

【人生は有限】やりたいことやるには時間の無駄を削るしかない

きょうごく本記事では「やるべきことが多すぎて、やりたいことをする時間がありません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 人生は有限なのでやりたいことやるには時間の無駄を削 ...

続きを見る

で、大切なことは時間の密度を高めること、という話になるわけです

時間単位でできることを増やす。

さしあたりできそーなことは、それしかない。

で、初老のぼくでも工夫次第で時間単位でできそうなことが増えるような気がしてきたのです。

で、いろいろ試しているうちに、ぼくにフィットしそうな工夫は以下になりそうです

  • 睡眠と運動と食事
  • 100%は目指さない
  • 耳栓
  • タイマー
  • コーヒー

限られた時間内でできることを増やすには、充実した気力と体力と集中力が必要です。

なので、まずは寝る。

これは本当に大切で、ぼくは最低でも6時間以上は寝ます。

次に運動(有酸素運動)です。

精神も身体も適切に運動していたら健やかに維持できます。

有酸素運動これ最強。

飯も大切で、きちんと飯食ってないと何かに負けます。

またこれは心構え的なものですけど、100%を目指すと疲れるので70%から80%ぐらいの完成度で良いやとどこかで腹をくくる。

これは手を抜くという意味ではなく、ある程度まで速度を加速させるために戦略的にそう思いさだめつつ丁寧にやるわけです。

で、ぼくの場合、集中力を高めるために音を遮断するとよいっぽいので耳栓つける。

研究室で一人でいるときもつけています。

聞こえにくいからノックは大きめにお願いね。

次に、ゲーミングの要素を取りいれると集中できるので、タイマーを用意します。

いまもパソコンの画面上でタイマーがまわってます。

オススメは、Alinof Timer

最後にコーヒー。

ひとくち口に含むと、豊潤な味わいで気持ちがリセットできます。

まとめ:時間の密度を高める工夫

本記事では「自分の人生を確保するための工夫について教えてほしいです」という疑問にお答えしました。

皆さんの自分なりの工夫で時間の密度を高めましょう。

【重要】運動を習慣化するコツは、定期的にやり続けることです

きょうごく本記事は「健康のために運動を習慣化したいけど続きません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 運動を習慣化するコツは、定期的にやり続けることです 習慣化しやすい ...

続きを見る

-研究
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.