作業科学と作業療法

投稿日:2017年1月10日 更新日:

作業科学と作業療法

作業科学が提唱された当初は、作業療法の基礎学問という位置づけでした。

しかしその後、作業科学の臨床応用が効果的だとわかり、両者の関係はいくぶん複雑になりました。

作業療法とは、作業を通して健康と幸福を促進する専門技術です。

作業とは人間の経験であり、そこには仕事・遊び・日課・休息が含まれます。

つまり、作業療法は、人間の仕事・遊び・日課・休息の行い方を調整することによって、健康状態を改善し、幸福感の向上を促進する実践だと言えます。

他方、作業科学は作業そのものの探求とそれによって得られた知見を応用するという2つの役割があります。

2つの役割は、作業科学の独自性であると同時に、作業療法の機能を引き出し引き延ばす役割があります。

作業科学と作業療法では、後者が前者の作業観を受け入れるかたちで類似したものになっています。

作業は人生に意味をもたらすものであり、健康や幸福の源泉であり、人びとをつなぐ役割があり、社会や文化の成熟に欠かせないものです。

こういう理解の仕方は、作業科学の作業の探求が作業療法に肯定的な影響を与えた結果であると言えるでしょう。

2つの領域は似て非なるものですが、接近している部分が少なからずあるため、両者の違いを理解しつつ適切に活用していくようにしましょう。

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.