世界最古の作業療法の定義

投稿日:2017年1月24日 更新日:

非常に有名な話ですけど、世界でもっとも古い作業療法の定義は、1919年に建築士のBartonが提示しました。

作業療法に関連する議論は、それ以前からあります。

しかし、作業療法が定式化されたのは、1919年です。

その内容は、Teaching彼の主著の「 the sick, a manual of occupational therapy and reeducation」で明確に確認できます。

Occupational therapy is the science of instructing and encouraging the sick in such labors as will involve those energies and activities producing a beneficial therapeutic effect.

当時の作業パラダイムの内実を端的に示すもので、作業を通した病者の治療教育を強調しています。

また作業療法は、プラグマティズムの影響で科学を重視する立場を継承しています。

ちなみに、作業療法における世界最古の作業(occupation)の定義はこれよりも少し前に示されています。

それについてはまた今度。

-作業療法

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.