不満を言うことはアクションである

2017年2月25日

本記事では「組織の中で不満が出るということについて」サクッと解説しています。

不満を言うことはアクションである

不満の表出もアクションの一つ

信念対立でダメになる組織の特徴のひとつとして、メンバーの不満の表出を軽く見積もる傾向があるというものがあります。そういう組織は、「現状は、不満を言っても変わらないので、何らかのアクションを起こせ」と言います。しかしこれは、不満を言うこともアクションのひとつだという視点に欠けています。

不満の表出はそれ自体が、ある種の行為です

不満は、ひとの欲望が満たされないときに生じます。

ひとが生きるとは、欲望を満たすことです。

例えば、ご飯を食べる、おしゃれな服を着る、好きな人とつきあう、家族で遊ぶ、お金のために働く、などなど。

これらは、欲望を満たすために行うものであり、同時に生きるために必要な営為です。

ひとは不満があると、欲望をより良く満たせる方向に動きます。

そして、塵も積もれば山となるという諺にあるように、小さな不満も積もり積もれば変化のうねりを作りだすことがあります。

信念対立の強度がどんどん上がっていくわけです。

ひとの感情は行動に影響を与えて、行動は感情に影響を与えますから、そうなるんです。

不満の表出はそのトリガーになるわけです。

マネジメントに関わる人は、不満の表出をあなどっちゃいけないよ。

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.