目的を達成するための節約術

投稿日:2017年2月25日 更新日:

本記事では「やりたいことがあるけれど時間がない場合の時間の節約の仕方」についてサクッと解説します。

目的を達成するための節約術

時間を確保する

目的を達成するためには、それに取り組む時間を確保する必要があります。

「やりたいことがあるけど、なかなかできない」「関心があるけど、忙しいから難しい」などの気持ち(信念対立)はよくわかります。

でも、そこで立ち止まっていると、目的を達成することはできません。

人生は短い

思いたったら速やかに、やり遂げたいことに取り組まないと、気がついたらあの世で閻魔大王の審判を受けていた、なんてことになりかねません。

目的達成のために取り組むには、そのための時間を確保しないとどーにもなりません。

では、目的を達成するために時間を節約するにはどうしたらよいか。

【人生は有限】やりたいことやるには時間の無駄を削るしかない

きょうごく本記事では「やるべきことが多すぎて、やりたいことをする時間がありません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 人生は有限なのでやりたいことやるには時間の無駄を削 ...

続きを見る

時間の節約をするにはどうすればいいか

一番のポイントは、優先順位の低い活動を止めることです。

人生の多くは、不公平です。

しかし、時間だけは平等です。

真面目な人でも、変態な人でも、1日の時間は24時間しかないからです。

一日の活動を書き出す

何も書いていない紙を用意し、典型的な1日で行っている活動を書き出しましょう。

優先順位の低い活動をやめる

例えば残業する、つきあいで飲みに行く、休み時間に同僚とおしゃべりする、ひとりで寝酒する、深夜テレビを見る、競馬・パチンコする、などの活動の優先順位が低いと思ったら、それをやめたらよいのです。

それで空いた時間を目的達成のために使うのです。

ぼくは「こころ楽しく生きる」という目的を達成するために、それに貢献しないであろう活動はできるだけやらず、それにつながった活動を行える時間を確保することに努めています。

なかなか難しいけどね。

でも時間を作らないとやりたいことはできません。

まとめ:目的を達成するための節約術

本記事では「やりたいことがあるけれど時間がない場合の時間の節約の仕方」についてサクッと解説しました。

皆さんも目的を達成するために時間節約に取り組んでみましょう。

ただし、節約する時間を確保するための活動で、1日の多くの時間を費やしたら意味がないので、その点はご注意を。

時間の密度を高める工夫

きょうごく本記事では「自分の人生を確保するための工夫について教えてほしいです」という疑問にお答えします。 ぼくは作業療法士であり大学教員です。研究や講演、連載に本の執筆と多忙な日々を過ごしています。そ ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.