作業で評価し、作業で介入・治療する

投稿日:2017年3月5日 更新日:

作業で評価し、作業で介入・治療する

ウィルコックのフレームワーク

作業科学者のウィルコックのフレームワークは、作業で評価し、作業で介入・治療する作業療法士を助けてくれます。
NewImage

そのポイントは、Doing(意味を感じる活動を行う)という切り口からクライエントを理解し、支援するところにあります。

理解と支援の広がりは、その人らしい生き方(Doing & Being)からその人らしい将来のあり方(Doing & Becoming)、その人らしく生きられる社会への参加(Doing & Belonging)まで幅広いものです。

作業療法士の第一義的な役割は、クライエントの作業にしっかり注意を向け、作業で評価し、作業で支援することです。

これがぶれると、何をやっているのかよくわからない状態になります。

ウィルコックのフレームワークは作業療法士が責任をもって作業療法を行うために役立つはずです。

よい作業とはどのような作業なのか

よい作業とはどのような作業なのか 世界作業療法連盟の作業療法の定義は、作業を通して健康と安寧(well-being)を促進することです。 作業は、良くも悪くも健康とwell-beingに影響します。 ...

続きを見る

作業は立体的にとらえる

きょうごく本記事では「作業を立体的にとらえるための視点について」サクッと解説します。 作業は立体的にとらえる 作業に奥行きをもってとらえるための視点 作業を奥行きをもってとらえるには、ウィルコックのフ ...

続きを見る

-作業療法
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.