チームワークは一筋縄でいかない

2017年4月14日

本記事では「チームワークは一筋縄ではいかないよ」ということについてサクッと解説しています。

チームワークは一筋縄でいかない

1+1が2にならない

チームワークでは手抜きが生じるけど、それによってパフォーマンスが向上することもあります。

ヘルスケアではチームワークは欠かせないけど、その促進はなかなか一筋縄ではいきません。

じゃどうしたらいいの?

昔からよく知られていますけど、チームワークでは1+1が2にならないことがあります。

チームメンバーの誰かが、手を抜くからです。

チームワークには通常、個人の能力を超えた課題を集団で解くことが期待されています。

チームの諸次元

チームの諸次元 以下の文献で指摘されているように、チームワークではいくつかの要素が重視されています これらの要素は、満たさなければかなりの確度でチームワークの劣化をもたらします。 その反面、満たしたか ...

続きを見る

つまり1+1が2以上になることが、チームワークに求められる機能です

でも、成果が個人ではなく集団に還元されたり、個々人の努力が明瞭に評価されなかったり、モチベーションを低下させる要因があったり、チーム内の対立が多かったり激しかったり、などすると1+1が0.7になったり、0.5になったりします(いろいろ先行研究があるので調べてみてください)。

これは、リンゲルマン効果とか社会的手抜きと呼ばれる現象で、チームワークに求められる機能が発揮できない状態です。

ヘルスケア領域は、チームワークが大前提

そうなる理由は、この領域の知識の増加の仕方が半端ないことや問題が複雑で厄介であること、などなどいろいろあります。

チームワークのマネジメントは医師や看護師に加えて、作業療法士などのコメディカルにも重要な技術です。

作業療法なんてWFOTがチームワークのマネジメントと作業療法の実践が作業療法士の役割だなんて宣言していますから。

しかし往々にして、現場のチームワークは社会的抜きが生じるような条件を備えており、思うようにマネジメントできません。

でもこれは悪いことばかりではありません。

社会的手抜きで目標達成が難しくなると、チームメンバーが努力する必要があると気づき、結果として以前に比べてパフォーマンスが向上することがあるからです。

チームメンバーが手抜きするからチームワークが直線的にブレイクダウンする、という単純な話ではないのです。

チームワークをマネジメントする人は、チームメンバーの微妙な力動を読むスキルが必要です。

いやーなんかほんとうに悩ましいです。

達成する目標の共有が大切

手抜きするチームメンバーがいても、いざというときに自律的に頑張ってもらうためには、達成する目標の共有がとても重要です。

上述したように、目標達成が困難という気づきが、火事場のバカ力の発揮につながるからです。

国内外のチームワーク研究では共通して目標の共有の重要性を説いていますが、その背景のひとつにはこうした理由があるのです。

チームワークにおける影響力の行使

本記事では「チームワークおける影響力の行使」についてサックと解説します。 チームワークにおける影響力の行使 特定の部署の影響力を高めることではない チームワークを推進するとは、特定の部署の影響力をチー ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.