意見を言いにくいときはどうするか【不安&緊張】

投稿日:2017年4月18日 更新日:

この記事では、緊張や不安で意見を言えなくなったときの対策を書いています。

<目次に戻る>

ユーモアを活用しよう!

意見を言うべきときに、緊張や不安で意見を言えなくなる人がいます。

あるいは、他人の気持ちを考えすぎるあまり、言いたいことが言えない人もいます。

このように、意見を言いにくいときはどうしたらよいか。

いろいろやり方はありますが、オススメのひとつは、ユーモアを交えながら率直に意見を主張するというものです。

ユーモアは、人びとに笑顔をもたらします。

いろんな研究で示されているように、笑いは緊張や不安をゆるめる作用があります。

また、笑いは人間関係を円滑にしてくれるので、他人の気持ちを過剰に考えすぎることも緩和してくれます。

では、ユーモアってどーしたらええのか。

ユーモアを活用するコツ

もっとも手っ取り早くユーモアを身につけるには、大阪に数年住むのが役立つかもしれません(嘘。

しかし、それはなかなかできないでしょうから、スキル的な内容を書いてくと、たとえ話をひねってみるとよいだろうと思います。

ユーモアのある人の会話を観察していると、「たとえ話」が本題の構造から外れることなくねじれています。

本題の構造からズレたねじれは、疲れた失笑を生みだしますけど、そうでないねじれは心底笑える機会をつくることがあります。

あるんです。

なので、不安や緊張などで意見を言いにくいときは、ユーモアを交えてそれらを解消しつつアサーティブに意見を主張してみるとよいでしょう。

え? そんな高度なことができるなら、困ってへんわ!ですって?

そりゃそーですねw

まとめ

誰でも意見を言うべきときに、不安になったり、緊張しちゃったりして、意見を言えないことがあります。

そういうときは、意識的にユーモアを取りいれてみるとよいでしょう。

<目次に戻る>

信念対立解明アプローチ

本記事の背景にある理論的立場は信念対立解明アプローチという哲学的実践論です。

詳しく知りたい人は以下からどうぞです。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.