子どもが反抗期になったらどうするか

投稿日:2017年5月2日 更新日:

きょうごく
本記事では「子どもが反抗期で困っています。親としてどのようにすればいいですか」という質問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 子どもの反抗期に生じる信念対立
  • 子供が反抗期になったら親はどーしたらよいか

この記事を書いているぼくは信念対立について研究をしていて、信念対立についての連載や本の執筆、講演活動をしています。

そんなぼくには二人の息子がいます。

この記事ではぼくが子どもの反抗期に親としてどのように対応すればいいのかサクッと解説します。

家族との関係はどうしたらよいか

きょうごく本記事では「家族がみんな楽しい気分になるにはどのようなことに気をつければいいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 家族との関係はどうしたらよいか 家族がみんな楽しい気分になる ...

続きを見る

子どもの反抗期に生じる信念対立

信念対立は仕事でのみ生じるわけではありません

人間がいればそこかしこで生じるのが、信念対立です。

仕事でのみ生じるわけではなく家庭内の信念対立もいろいろあります。

例えば、子どもの思春期は、Arnett(1999)が親子関係の変化、情緒的不安定、リスク行動で特徴づけたように荒れやすい(反抗期)ものです。

思春期の反抗期がきっかけになって、家庭内の信念対立もまた生じやすくなります。

子どもが反抗期になったら親はどーしたらよいか

目的を見失わない

まず状況を整理すると、子どもの認知機能の成長、ホルモンバランスの乱れ、遺伝率などがベースにあるはずです。

また反抗期は永続するわけではなく、多くの場合は一時的なものです。

目的は子どもと親がこころ楽しく生きられるようにすることです。

言動にふりまわされず見守る

そう考えると、反抗期の言動にいちいち反応せず、成長を見守ることが第一の選択肢になるでしょう。

また、思春期にイライラしやすいのは、上述のホルモンバランスの乱れなどがあると説明し、子ども自身がイライラしたくてそーしているわけではない、と伝えることもよいでしょう。

まとめ:子どもが反抗期になったらどうするか

本記事では「子どもが反抗期で困っています。親としてどのようにすればいいですか」という質問にお答えしました。

子どもの反抗期には、いちいち言動に過反応にならず見守るという姿勢が大切です。

ホルモンの影響でイライラしやすくなっていて、子ども自身がそーしたくてしているわけではないのです。

何にしてもせっかく親子になれたんですから、楽しい親子ライフを楽しんでください。

嫁姑問題のキーパーソンは夫

きょうごく本記事では「嫁姑問題で困っています。夫がどちらにもいい顔をするばかりで、嫁姑の関係がこじれています。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 知らなきゃ損!嫁姑問題のキー ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.