見極めるチカラ

投稿日:2017年7月21日 更新日:

本記事では「何かが起きた時の対応の仕方について」サクッと解説します。

見極めるチカラ

人生の出来事について

人生で生じる出来事には「自分でコントロールできること」と「自分でコントロールできないこと」があります。

もちろん、キレイに二分割できるわけではないけども、どちらの色彩が濃いのかぐらいは知性が絶不調でなければ判断できるようなものです。

例えば、とても嫌な出来事が起こったときに、「それに囚われるのはやめよう」と決めることは自分でできる確度が高いです。

しかし、嫌な出来事の発生自体は、自分でコントロールすることはできません。

そーゆー出来事はえてして向こう側からやってくるからです。

作業をコントロールするチカラへの配慮

作業をコントロールするチカラへの配慮 作業機能障害 作業に関われない、あるいは作業ができない状態は、作業機能障害であると理解できます。 作業機能障害とは、何らかの要因で生じる経験上の問題であり、人々の ...

続きを見る

自分がいまどのような状態にあるのか見極める力を持ちましょう

何かが起きた時の対応

山あり谷ありの人生をサバイブするためには、まず何か起こったときにそれがどちらにより近いかを判断するようにするとよいです。

自分でコントロール不能の方が近い状態の時

そのうえで、自分でコントロールできない要素が強い出来事でじくじく悩まないようにするようにしましょう。

そーした出来事にかまっていると、不安がどんどん増していったり、時間などの貴重なリソースが無駄になったり、自己嫌悪が強くなったり、悪循環に陥ったりするからです。

何でもかんでも自分の思い通りになるという幻想は捨てて、自分の努力で変えられない事態にこだわらないようにする必要があるのです。

最高のパフォーマンスを発揮することができても、結果がでると保証することはできません。

最新で最善の知と技を教えることはできても、他者がそれを十全に理解できるかどうかは相手の準備状況次第です。

他者の判断をバカにすることはできても、バカな判断をする他人に最善の判断をするように強要することはできません。

前者は自分でコントロールできることだけど、後者は自分でコントロールできないことです。

きちんと見極めて、前者にリソースを注ぐようにしましょうね。

まとめ:見極める力

本記事では「何かが起きた時の対応の仕方について」サクッと解説しました。

いま自分がどのような状態にあるのか見極めることが何か起きた時には大事ですね。

作業療法の広報活動はブログやYouTubeを活用しよう

きょうごく本記事では「作業療法士を目指している人が減ってきているので、作業療法の広報活動に取り組む必要があると感じています。どう広報活動したらよいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ ...

続きを見る

-信念対立解明アプローチ
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.