無理してみんなで仲良くするのはトラブルの温床【人間関係&ストレス】

投稿日:2017年7月28日 更新日:

きょうごく
本記事では「『みんなで仲良く』を求められますけど、どうしても嫌いな人がいます。そういう場合も仲良くしないと駄目ですか?」という疑問にお答えします

本記事のポイント

  • 常にみんなと仲良くする必要はない
  • でも、嫌いだからといって批判・否定する理由もない
  • お互いに「生きたいように生きる」と承認しよう

「皆で仲良く」はトラブルの温床

嫌いな人と無理に仲良くする必要はありません。

子どもの頃のイデオロギーのひとつに「みんなと仲良くしましょう」があります。

もちろん、みんなと仲良くできるなら理想的でしょう。

でも、人間は十人十色ですから、仲良くできる相手もいれば、どーやっても馬の合わない相手もいます。

ですから、「みんなと仲良くしましょう」というイデオロギーは実態にあっていない。

またこのイデオロギーを前提にすると、「みんな」の枠におさまらない人は「いじめ」の対象になりがちです。

だって、枠におさまらない人は、みんなと仲良くできない悪い人になっちゃいますから、イデオロギーになじまないこと自体が攻撃の正当性を与えるからです。

では、どーしたらよいか。

生きたいように生きることを承認しあおう

まず「みんなと仲良くする必要はない」という前提のもとで、「馬の合わない人でもきちんと承認しましょう」という考え方を浸透させるとよいはずです。

気に入らない人がいるのは当然。

苦手な人がいるのも当然。

許せない人がいるのももちろん当たり前。

だからといって、それを理由に相手を攻撃してはいけない。

嫌いな人と仲良くする必要はない。

けど、せめて「そーゆー人もいるのね」と承認することだけは実行しましょう。

こーゆー考え方が「みんなと仲良くしましょう」をこえる市民権を得るようになると、ずいぶん子どもたちも生きやすくなるだろうと思います。

そして、その子たちはやがて社会を担うようになるわけですから、今よりも風通しのよい社会になるんじゃないかな。

まとめ

皆で仲良くというイデオロギーに騙されてはいけません。

このイデオロギーにしたがうと、どーしても肌の合わない人に対して攻撃に転じがちですから。

皆で仲良くしようというスローガンの代わりに、多様性の相互承認を推進しましょう。

人それぞれ違うのだと深く了解できてれば、皆で仲良くできなくても攻撃に転ずることはありませんから。

おすすめ
【厳選】1度きりの人生を後悔しないために〜信念対立解明アプローチ入門【目次】

本記事は「人生は1回しかない。後悔しない日々を過ごしたい」という想いに応える人気コラムのまとめです。 こんな方におすすめ 仕事がつらい 人間関係のトラブルでしんどい こころ楽しく生きたい 人生は一度き ...

続きを見る

信念対立解明アプローチ

本記事の背景にある理論的立場は信念対立解明アプローチという哲学的実践論です。

詳しく知りたい人は以下からどうぞです。

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.