やることだけでなく、やらないことを決める

投稿日:2017年8月15日 更新日:

きょうごく
本記事では「限られた時間でいろいろやるにはどうしたらよいの?」という疑問にお答えします

本記事のポイント

  • 人生は1度しかないので、できれば味わいつくそう
  • やらないことを決める基準は楽しいかどうかでいい

人生を味わう

人生には夢も希望もなく、なかなかハードです。

人生には夢も希望もないと気づいてから本当の勝負がはじまるのかもしれない

きょうごく本記事は「人生に疲れた。だって、夢も希望もないんですもん。どうしたらいいの?」という疑問にお答えします 本記事のポイント 基本的に人生には夢も希望もありません でも、絶望する必要はありません ...

続きを見る

また、人生には目的もありません。

人生に目的などない

本記事では「何のために生きているの?」という悩みに対して答えています。 本記事のポイント 「何のために生きているの?」という問いには、人生には目的などないと答える他ありません 人生は生きたいように生き ...

続きを見る

そうであるがゆえに、人生を味わいつくすことが大切です。

人生を味わうには「できるからやる」のではなく「やっているうちにできるようになる」というスタンスが重要です。

やりながら考えて、学び、試行錯誤しているうちに、気がつけばできるようになっている。

ぼく自身、そういう感じでいろいろ身につけてきました。

いまも新しいことに挑戦しています。

ただ、やみくもにやればよいというわけではありません。

やることだけでなく、やらないことを決める

人生は有限

何かに取り組むとは、他の何かをあきらめるということでもあります。

人生は有限であり、しかも同時にできることは限られています。

だから、「やっているうちにできるようになる」からといって、何でもかんでも手を出せばよいというものではありません。

むしろ、何をやらないかを決める方が重要かもしれない。

「やっているうちにできるようになる」というスタンスで生きるには、やらない基準を明確にもっておく必要があるのです。

やらないことを決める基準

では、何を基準にしたらよいか。

突き詰めて言うと、それはこころ楽しいかどうかです。

こころ楽しくなさそうなことは、極力やらない

そう決めておくのです。

可能な限り、嫌なことは先延ばししたほうがよいじゃないですか。

その代わり、こころ楽しそうなことは、やる。

「他人の役に立つこと」が楽しいなら、それにやればよいのです。

また「将来につながること」が楽しいなら、そういうことに挑戦したらよいのです。

人によっては、周囲と折りあいのつかないことで楽しく感じるかもしれません。

その場合は、否定される経験が増えるので、こころ楽しそうなことを選んでも全体としてその総量は増えないかもしれません。

人間は社会的存在なのでマジョリティーなことでこころ楽しくなれる人が、もっともお得かもしれない。

そうは言っても、長く生きているといろいろあるので、そりゃ嫌なことでもやらなきゃいけないときはやります。

その場合は、楽しめるように工夫します。

できるからやるでは、ほとんど何もできないうちに鬼籍の人になりますよ。

まとめ

本記事では「限られた時間でいろいろやるにはどうしたらよいの?」という疑問にお答えしました。

ハードコアな人生が、少しでも楽しくなりますように。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.