やるか、やらないか【人生&行動】

投稿日:2018年5月21日 更新日:

本記事では「行動したくてもできないんだけど、どうしたらいい?」という疑問に答えています。

本記事のポイント

  • やりたいと思ったら、四の五の言わずに行動することが大切です
  • 人生は短いので、自分がやりたいことに没頭しよう

思い立ったが吉日

行動したくてもできなくて困っている人っていますよね?

でも以下のtweetを見てください。

これっすよ、これ。

素晴らしいです。

行動に勝るものはない【思い立ったが吉日は本当ですよ!】

本記事では意味を感じたらすぐに行動する重要性を論じています。 本記事のポイント 意味を感じたらすぐに行動しよう Let's try & error ! Live Studyがつなぐ人の輪 昨 ...

続きを見る

Live Studyでは、竹林先生(@takshi_77)、寺岡さん(@teraokamutsumi)、ぼく(@makver2)らがいろいろ発信しています。

けども、それをヒントに実際に行動できるか否か、が分かれ道になってくると考えています。

Live Studyに参加したい人はひとまずレギュラーでやっている講師のInstagramのアカウントをフォローしてください。

ライブ配信がはじまったら通知が届きますし、参加費は無料です。

時間は有限なので、思いたったら行動しよう!

時間は誰にとっても有限です。

これを読んでいる人の中に明日いない人だっているかもしれない(それはぼくかもしれない)。

だったら、やりたいと思ったことは尻込みせず、すぐにでも行動に移した方がよいです。

自分がやりたいことに没頭すること。

これは、ぼくたち作業療法士がクライエントに勧めることですが、自分自身もそうあった方がいいです。

以下の記事にも書いていますが、尻込みしちゃうことは誰にでもあるけども、失敗からも得られるものはあるので、とりあえずチャレンジしてみるという姿勢はとても重要です。

メンタルブロックと3つの解き方【生き方&ストレス】

この記事では「やりたいことがあるけども、しりごみしてしまう。どうしたらいいの?」「いろいろ挑戦したいけども、失敗したら馬鹿にされると思うと怖い。このままでいいの?」という疑問に答えています。 本記事の ...

続きを見る

まとめ

生きられる時間は有限です。

この記事を読んでいる人の中には明日いない人もいるかもしれない。

やりたいと思うことがあったら気軽にはじめましょう。

  • この記事を書いた人

Makoto KYOUGOKU

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.