作業を通して健康と幸福を高めるための技能

更新日:

この記事では「作業に根ざした実践(OBP)って具体的な技能ってあるの?」という疑問にお答えします。

本記事のポイント

  • OBPの技能は作業療法理論ごとに提案されています
  • 適応技能、代弁技能、コーチ技能、特殊技能などいろいろあるので、目的と状況に応じて活用しましょう

作業療法士に必要な技能

日本の作業療法の新定義は、作業を通して健康と幸福を促進する、という立場を鮮明にしました。

祝可決☆作業療法の新しい定義

本記事では「作業療法の新しい定義ってどんな内容なの?」という疑問にお応えします。 本記事のポイント 日本作業療法士協会による新しい作業療法の定義は作業に根ざした実践を前面に押し出す内容です 作業療法 ...

続きを見る

この立場は特殊なものではなく、むしろ世界標準です。

海外の作業療法の定義を調べて、日本の作業療法の新しい定義と比較してみた

本記事では、日本と海外の作業療法の定義をサクッと比較しています。 本記事のポイント どこの国も「作業を通して健康と幸福を高める」という点で共通した定義です 日本作業療法士協会が提示した新しい作業療法の ...

続きを見る

この考え方による作業療法は、作業に根ざした実践(OBP)と呼びます。

問題はこれを実現するために、どのような技能を実行する必要があるのか、ということです。

この問いに対する解は、いくつかの作業療法理論ですでに提示されています。

例えば、人間作業モデルは身体的支援、指導する、交渉する、助言する、フィードバックする、など9の技能を明らかにしています。

その他、作業療法介入プロセスモデルなども明確化していますね。

医学的な知識に直に基づく技能は、人間作業モデルでは身体的支援、作業遂行と結び付きのカナダモデルは特殊技能です。

これらの技能は医学モデル以外の側面もありますが、基本的にそれはここに含まれます。

後は「作業ができる/作業に関わる」ための技能です。

ここからわかることは、作業療法士に必要な技能は非常に多岐にわたるということです。

作業療法士、作業療法学生は様々な実技訓練を受けますが、その多くは医学モデル系です。

作業ができる/作業に関わる」ための技能の実技訓練をきっちりやらないと、「作業を通して健康と幸福を促進する」という考え方は実現し難いでしょう。

まとめ

この記事では「作業に根ざした実践(OBP)って具体的な技能ってあるの?」という疑問にお答えしました。

適応技能、代弁技能、コーチ技能、特殊技能などいろいろあるので、目的と状況に応じて活用していきましょう。

【必読】作業療法理論のweb教科書

本記事は「作業療法理論について手軽に学びたい」という希望にお答えするために作成しました。 本記事のポイント 作業療法と作業科学に関する理論の概要を理解できる 国内外の様々な作業療法理論を理解できる な ...

続きを見る

-作業療法

Copyright© 京極真の研究室 , 2018 All Rights Reserved.