【具体例あり】コミュニケーションが苦手な人は注意の方向を変えるべし

きょうごく
本記事では「コミュニケーションが苦手です。変に思われないか気にしながらコミュニケーションしていますが、気づいたらなんかうまくいっていません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • コミュニケーションが苦手である
  • 具体例を通して理解を深めたい

本記事を書いているぼくは、信念対立解明アプローチというコミュニケーション論を体系化しています。

これは主に、人間関係のトラブルの予防と改善に使うものです。

あわせて読む
【2020年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の ...

続きを見る

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

コミュニケーションが苦手な人は注意の向け方を変えたらよい話

結論:目的と状況に注意を当てる

結論から言うと、コミュニケーションが苦手な人は、関係する人たちの目的と状況に注意を当てていくと改善しやすいです。

理由は、目的と状況に注意を当てると、話がかみあいやすいからです。

一方、コミュニケーションが苦手な人は、自分が他人から変に思われないかってことに注意を当てがちです。

コミュニケーションは本来、目的と状況におうじて柔軟にやりとりしていくものです。

状況にあったコミュニケーションができれば、けったいなやりとりにならないです。

また、目的にあったコミュニケーションができれば、やりとりがかみあわない事態に陥りにくいです。

ところが、自らに対する他者評価に注意が向くと、自身がその都度感じとった他者評価にあわせてコミュニケーションしていくことになるので、目の前にいる相手とのやりとりに支障がではじめます。

そうなると「気づいたらなんかうまくいっていない」という事態に陥ります。

したがって、コミュニケーションが苦手な人は、関係する人たちの目的と状況に注意を当てていくようにしましょう。

あわせて読む
コミュニケーション能力が高い人の特徴【デメリットとメリットも解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたいです。どうなればよいのか理解したいので、コミュニケーション能力が高 ...

続きを見る

具体例

理解を促すために、具体例を示しながら解説していきます。

自らに対する他者評価に注意が向いている場合

例1

ごりりん
相手「最近、何だか疲れやすいんですよね。やることいっぱいあるのに困っています」
あなた「(共感している自分を見せようとして)私も同じで、最近とても疲れやすいんですよね」
うーたん
ごりりん
相手「へぇ。そうなんですね」
あなた「(あれ?変に思われたかな・・・)やっぱ歳をとると疲れやすくなりますよ!」
うーたん
ごりりん
相手「ははは。そうですね」

この例では、相手が困りごとを言いはじめたのに、「他人によく思われたい」という自分の気持ちに注意が向いてしまい、他者とのやりとりが深まらず自分語りに終始してしまっています。

こうなると、関係性の構築が難しくなるので、コミュニケーションが終わった後には「やっぱ苦手」みたいな気持ちになりがちです。

目的と状況に注意が向いている場合

例1

ごりりん
相手「最近、何だか疲れやすいんですよね。やることいっぱいあるのに困っています」
あなた「(どういう意図(目的)で話しているのかを気にして)そうですか。疲れやすくて困っているんですね」
うーたん
ごりりん
相手「そうなんです。夜になると身体がだるいし、朝起きても疲れがとれていないですし・・・」
あなた「(状況に注意を向けて)それはいつ頃から気になりはじめましたか?」
うーたん
ごりりん
相手「うーん。ちょっと変だなと思いはじめたのは2週間ぐらい前からです」

この例では、相手が困りごとを言いはじめたときに、背景にある目的や状況に注意を当てながらやりとりしており、対話を重ねるたびに理解が深まっていく過程が見てとれます。

このようであれば、自他ともにコミュニケーションがかみあっている感覚がやってくるので、「コミュニケーションはやっぱり苦手だ」とは思いにくいはずです。

たいていコミュニケーション能力が高い人は、背景にある目的や状況に配慮しながらやりとりしています。

コミュニケーションが苦手な人が目的と状況に注意を向ける方法

自分の課題と他人の課題を切り分ける

上述したように、コミュニケーションが苦手な人は、自分が他人から変に思われないかってことに注意を当てがちです。

しかし、他人があなたをどう思うかは、あなたの努力によってコントロールすることは不可能です。

不可能な問題に注意を向けると、思い通りにならない体験が積み重なるので、苦手意識はばかりがふくらみます。

そうした事態を回避するには、自分の課題と他人の課題を切り分けることが重要です。

他人があなたをどう評価するかは、あなた自身の課題ではなく、他人の課題です。

何をどう思おうが、個人の勝手だからです。

しかし、注意の向け方は、あなた自身の課題であり、これは自らのチカラでコントロールできます。

コミュニケーションが苦手な人は、関係する人たちの目的と状況に注意を当てていく必要があります。

コミュニケーションが苦手な人は自分の課題と他人の課題を整理して、自分でコントロールできる注意の向け方を変えることに取り組むべしです。

問いをもつことで目的と状況に注意を向けやすくする

目的と状況に注意を向けるには、自分の課題と他人の課題を切り分けたうえで、目的と状況に関する「問い」をもつとよいです。

問いがフックになって、目的と状況に注意を当てやすくなるからです。

目的に関する問いは例えば以下の通りです。

ポイント

  • 目的は何だろうか?
  • 何を意図しているのか?
  • 本当に伝えたいことは何だろうか? など

状況に関する問いは例えば以下の通りです。

ポイント

  • 状況はどうなっているのか?
  • 何があったのだろうか?
  • どういう経緯でこうなったのだろうか? など

目的と状況に注意を向けるには、これらの問いをもっておくとフックになるので便利です。

コミュニケーション能力の本質は「目的と状況にあわせて柔軟に対応できること」です。

問いをもつことは、この本質にそったコミュニケーションを行うきっかけ作りになるので、コミュニケーションが苦手な人はぜひやってみてください。

【まとめ】コミュニケーション能力とは何か?【本質と向上するコツをあわせて解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーシ ...

続きを見る

まとめ:コミュニケーションが苦手な人は注意の向け方を変えたらよい話

本記事では「コミュニケーションが苦手です。変に思われないか気にしながらコミュニケーションしていますが、気づいたらなんかうまくいっていません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えしました。

結論を言うと、コミュニケーションが苦手な人は、関係する人たちの目的と状況に注意を当てていくとよいです

理由は、目的と状況に注意を当てると、やりとりがかみあっていくからです。

本記事がコミュニケーションの苦手意識の低下に役立つようでしたらうれしいです。

✅コミュニケーションが「超」苦手な人向け

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味 ...

続きを見る

✅コミュニケーション能力の本質を解説!

人気記事
【まとめ】コミュニケーション能力とは何か?【本質と向上するコツをあわせて解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーシ ...

続きを見る

追記:信念対立解明アプローチの書籍はこちらから

本記事の基盤にある信念対立解明アプローチの書籍は3冊あります。

本記事が面白かった人は、ぜひ書籍もあわせてお読みいただけるとうれしいです。

 

-生活・仕事
-

© 2020 京極真の研究室