目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です

きょうごく
本記事では「達成したい目標があります。目標達成するために重要なことは何ですか」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です
  • 目標達成に向けてメンタルコントロールするコツ

本記事を書いているぼくは信念対立解明アプローチという哲学的実践論を体系化しておりまして、これは目標を達成するためにあらゆるツールを活用するという立場を強調しております。

人気記事
【2020年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の ...

続きを見る

信念対立解明アプローチにおいて、目標達成に向けてやるべきことは以下の通り。

ポイント

  • 目標達成 = 目標 × 状況 × 方法

本記事では上記を踏まえつつ、目標達成のために不可欠な「方法」を解説します。

目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です

結論:目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です

結論をいうと、目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です。

理由は、メンタルコントロールができないと判断力が低下するので、目標を達成するために必要なことができなくなるからです。

具体的には以下の通り。

具体例

  • 間違った決断をし、失敗を重ねる
  • 無駄な努力を続けてしまう
  • 状況に注意を払えず、ちぐはぐなことばかりする
  • やるべきことができない
  • すぐ不安におそわれて行動が尻すぼみになる
  • ちょっとしたことで混乱するので結果がともなわない など

こんな感じで、メンタルが不安定だと目標達成できません。

なので、目標達成したければメンタルコントロールが欠かせません。

よくある疑問:目的と状況にあった方法を実行したらOKでは?

「目標達成したいなら目的と状況にあった方法を実行したらOKでは?」という疑問をもつ方がいます。

確かにその通りなのですが、目的と状況にあった方法を実行するために、メンタルコントロールが必要なのです。

具体例

例えば「業績不振」という状況で、「業績改善」という目的を達成するためには、「商品を売る」を実行すればよいだけです。

けど、メンタルが不安定だと判断力がにぶって商品をうまく売れず、目標設定できないまま終了、、、みたいな状態に陥ります。

目的と状況にあった方法を実行するためにも、メンタルの安定が必要なのです。

このように、メンタルの制御は目的と状況にあった方法を実行するうえで不可欠だといえます。

目標達成に向けてメンタルコントロールするコツ

目標達成に向けてメンタルコントロールするコツは以下の通りです。

コツ

  • その①:瞑想する
  • その②:運動する
  • その③:前向きに捉える

以下、深掘りします。

その①:瞑想する

瞑想はメンタルコントロールでおすすめです。

瞑想するとストレスが和らいで、メンタルが安定するからです。

具体的なやり方の例は以下の通り。

具体例

  1. 呼吸に注意を向ける
  2. 雑念が浮かぶ
  3. 雑念に気づく
  4. 呼吸に注意を戻す

基本これだけでして、特に重要なことは「雑念に気づく→呼吸に注意を戻す」です。

こんな感じで、非常にシンプルですから、メンタルコントロールするために普段の生活で意識しておきましょう。

その②:運動する

運動もメンタルコントロールで重要です。

運動するとメンタルが落ちついて安定するからです。

具体例は以下の通り。

具体例

  • 筋トレ
  • ランニング
  • ウォーキング
  • 水泳 など

運動は脳の覚醒を高めて、気分を高揚させて、やる気を引き出し、メンタルコントロールを促進します。

瞑想がしっくりこない人は運動でメンタルを安定させるとよいです。

その③:前向きに捉える

物事を前向きに捉えることも、メンタルの安定に役立ちます。

「嫌な出来事が起こる→前向きに捉える」ができれば、ストレスがたまる余地がないので、メンタルの安定につながるからです。

具体例は以下の通り。

具体例

  • 嫌な出来事が起こる→感謝する
  • 嫌な出来事が起こる→ピンチはチャンス
  • 嫌な出来事が起こる→うれしい
  • 嫌な出来事が起こる→ツイている
  • 嫌な出来事が起こる→改善の機会 など

こんな感じで前向きに捉えることができれば、メンタルコントロールしやすいです。

よい意味をみいだせるよう思考の回路を構築すべしです。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540 (2020/09/23 22:12:20時点 Amazon調べ-詳細)

よくある疑問:自助努力には限界があるのでは?

「自助努力には限界があるのでは?」と思う方がいます。

確かにそれはその取りでして、メンタルがめちゃくちゃ不安定だと、自ずと自助努力に限界が生まれます。

具体例

  • 嫌な出来事が起こる→泣き叫ぶ
  • 嫌な出来事が起こる→不安で眠れない
  • 嫌な出来事が起こる→すべてがダメに感じる など

こんな感じであまりにもメンタルが不安定だと、自助努力ではなかなかメンタルコントロールに至らないことがあります。

ぼくは利用していないけど、自助努力によるメンタルコントロールが難しい人なら、オンラインカウンセリングを活用するのもありかもです。

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味 ...

続きを見る

よくある疑問:メンタル不安定な人に囲まれているときはどうしたらいいの?

「メンタル不安定な人に囲まれているときはどうしたらいいの?」と思う方もいます。

感情は伝染するので、メンタルが不安定な人たちと一緒にいると、自分のメンタルコントロールも困難になります。

具体例

例えば、営業の電話で断られた後に、「きぇーーー!!!」と叫びながら机を叩く、、、みたいな同僚がいる職場にいると、その中でメンタルの安定を保つのはわりと難しいかもです。

また、書類の罫線が1ミリずれただけで、ネチネチと嫌味を言い続ける人がいるような環境も、メンタルコントロールのハードルは高いですね。

中には、気にくわないことがあると靴を放り投げる、怒鳴り散らす、椅子をける、、、などする人もいますから、そういう環境にいるときもメンタルコントロールの難易度が上がります。

周囲の人たちに恵まれず、どうしてもメンタルコントロールが難しく、目標達成の妨げになるならば環境を変えるのもありです。

メンタルが不安定だと人生の無駄遣いに走るリスクがアップするので、メンタルが不安定な人たちに囲まれているなら目標達成に向けて環境を変えることも検討したらよいですよ。

人気記事
【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。 ...

続きを見る

まとめ:目標達成に向けて、メンタルの安定が不可欠です

今日は以上です。

目標達成に向けて、メンタルコントロールは欠かせません。

それができないと判断力が低下するので、目標を達成するために必要なことができないからです。

本記事を参考にメンタルの安定に努めましょう。

キャリアアップ・ブラック企業からの脱出を考えている方はこちらから!

作業療法

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

2019/11/8    

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説し ...

生活・仕事

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

2019/7/27    

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。 ...

生活・仕事

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

2019/7/26    

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の ...

作業療法

作業療法士の求人に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

2019/9/13    

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転 ...

作業療法

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

2019/10/1    

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうした ...

-生活・仕事

© 2020 京極真の研究室