作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく
本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選
  • 作業療法士がおすすめ転職サイト・転職エージェントを活用するコツ
  • 転職で失敗しないために作業療法士1年目からやっておくべき対策
  • 作業療法士がブラック企業に転職しないためにできる対策
  • 作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェントに関するQ&A

本記事を書いているぼくは作業療法士であり、博士(作業療法学)を所有しています、

これまで3回の転職経験があり、10年前から作業療法士系の大学&大学院で教員してまして、就活・転職については以下のような実践ありです。

具体例

  • 新卒の就職支援
  • 第二新卒とそれ以降の転職支援
  • 大学院生の就職・転職支援
  • 大学院修了生の転職支援

また、人間関係・職場のトラブルを研究しており、キャリアアップ、ブラック企業からの脱出などの理由で転職される方々の相談に乗ることもあります。

というわけで、本記事ではぼくが思うことも包み隠さず直球で書いていこうと思います。

人気記事
転職を一瞬でも考えたことがある人が読むべきおすすめ本3冊

きょうごく本記事では「最近、転職すべきか、現職に留まるべきか、で悩んでいます。転職するか迷う人におすすめ本があれば知りたいなぁ」という疑問にお答えします 本記事の内容 転職を一瞬でも考えたことがある人 ...

続きを見る

作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

結論から言うと、転職は情報量がモノをいうため、複数の転職サイト・転職エージェントに無料登録したらよいです。

にゃんた
どうせ私なんていい職場に転職できない、、、

なんて悲観的にならないでください。

いろいろ心配事はつきないですが、適切な方法でチャレンジでしていけば、必ず成功のチャンスは訪れるものです。

転職サイト・転職エージェントは無料登録で、あなたの条件にあった求人を提案してくれます。

優良な求人情報が集まる転職サイト・転職エージェントのおすすめはこちら。

無料でいますぐ登録する

  • PT/OT人材バンク|専門系の転職エージェント。OT・PT・ST専門の転職エージェントなので案件が豊富。ここは必ず登録しましょう。
  • メドフィット|専門系の転職エージェント。医療・介護専門の転職エージェント。豊富な案件で登録による損なし。
  • マイナビコメディカル|専門系の転職エージェント。定番のマイナビ。厚生労働省から認可を受けた転職エージェントであり、登録して損なし。
  • DODA転職エージェント|日本最大級。総合系の転職サイト・転職エージェントだけど、作業療法士系の案件も豊富です。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。
  • リクルートエージェント|日本最大級。総合系の転職エージェント。作業療法士系の案件あり。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。

専門系おすすめ転職サイト・転職エージェント

必ず作業療法士として病院・施設に転職したいなら、専門系おすすめ転職サイト・転職エージェントへの無料登録が必須です。

PT/OT人材バンク

公式サイトhttps://www.ptotjinzaibank.com

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

作業療法士専門の転職エージェントなので案件がめちゃ豊富。

もちろん、専任コンサルタントが給与交渉、勤務時間調整などの交渉ごとを全てサポートしてくれます。

転職したい作業療法士は必ず登録しましょう。

無料登録はこちら(公式サイト)

メドフィット

公式サイト:https://medfit-gl.jp/pos/

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

こちらも作業療法士専門の転職エージェント。

しかも専任コンサルタントのサポート付きで、最短三日のスピード入社が可能です。

案件もめちゃ豊富なので転職したいなら登録すべし。

無料登録はこちら(公式サイト)

マイナビコメディカル

公式サイト:https://co-medical.mynavi.jp

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

作業療法士専門の転職エージェントで、厚生労働大臣認可の転職支援サービスです。

職業紹介優良事業者認定も取得済み。

作業療法士の案件はめちゃ多いですから、転職したい作業療法士は必ず登録したらよいです。

無料登録はこちら(公式サイト)

総合系おすすめ転職サイト・転職エージェント

病院・施設への転職に加えて、より幅広く活躍できる可能性を検討したい人は総合系おすすめ転職サイト・転職エージェントにも無料登録すべし。

DODA転職エージェント

公式サイト:https://doda.jp

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️

日本最大級の転職エージェントです。

専任コンサルタントが幅広く求人紹介してくれますので、作業療法士の資格を活かしつつ他の業種で活躍したい人は登録必須です。

もちろん作業療法士系の案件も豊富ですが、病院・施設への転職を第1候補にしているなら専門系おすすめ転職サイト・転職エージェントとの併用推奨です。

無料登録はこちら(公式サイト)

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️

DODA転職エージェントと同様に、日本最大級の転職エージェントです。

病院・施設に加えて他の業種で働く可能性を検討したいなら、まず登録しておいて間違いないです。

病院・施設への転職が第一候補なら、専門系おすすめ転職サイト・転職エージェントを併用すべし。

無料登録はこちら(公式サイト)

作業療法士がおすすめ転職サイト・転職エージェントを活用するコツ

作業療法士がおすすめ転職サイト・転職エージェントを活用するコツは以下の通り。

ココがポイント

  • その①:アピールポイントを整理する
  • その②:コミュニケーション能力の高さを示す
  • その③:マクロとミクロの視点で自分の専門性をアピールする
  • その④:いい専任コンサルタントを見分ける
  • その⑤:まずは行動しつつ考えるべき

特に転職エージェントを有効に活用したければ、転職エージェントのアルゴリズムにそって上記の5つのポイントを押さえておけばOK。

その①:自分のアピールポイントを整理する

結論をいうと、転職エージェントを有効活用するコツは、専任コンサルタントとの面談に先立って自分のアピールポイントを簡単に整理しておくことです。

専任コンサルタントは最初の面談で求職者に紹介する求人案件に目星をつけるからです。

皆さんが整理するべき主なポイントは以下の通り。

主なポイント

  • 転職する目的|キャリアアップする、大学院に進学したい、臨床と研究を両立できる会社で働きたい、ブラック企業から脱出する、劣悪な人間関係を解消したい、収入を増やしたい、家から近いところで働きたい、親の介護や子育てと仕事を両立したい、など
  • 自身の専門性|領域(身障、精神、地域など)、各期(急性期、回復期、慢性期、終末期など)など
  • 希望する労働条件|勤務地、通勤時間、給与、ポスト、など

コツはたったこれだけなので、無料登録→面談までにさくっと整理しておけばOK。

転職エージェントの基本的なアルゴリズムです。これを理解しておくと、転職活動をうまく進めやすいです。

その②:コミュニケーション能力の高さを示す

専任コンサルタントは最初の面談で紹介する求人案件をしぼるので、いい案件を紹介してもらうためにはコミュニケーション能力の高さを示すとよいです。

理由は「この人はやりとりがスムースだな」とか「この方は元気で明るいので話しやすい」などと感じられた方が、専任コンサルタントもいい求人を紹介しやすいからです。

具体例

例えば、無愛想にモゴモゴと話していたら、採用面接で落ちる可能性を考慮して、誰でも受かるような質の低い求人提案されるでしょう。

常識で考えたらわかりますが、専任コンサルタントも仕事で求人提案しますから、変な人を会社に紹介できないからです。

他方、専任コンサルタントとの間でスムースにやりとりが成り立つなら、安心しておすすめ求人を提案してもらえる可能性ありです。

こんな感じで、良質な求人提案を求めている作業療法士は、常識的なミュニケーション能力を備えているとわかるよう、普通にやりとりしましょう。

なお、コミュニケーション能力については以下のまとめ記事で詳述しているので、ぜひ参考にしてください。

人気記事
【まとめ】コミュニケーション能力とは?【本質と向上するコツをあわせて解説】

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

続きを見る

その③:マクロとミクロの視点で自分の役割理解をアピールする

最初の面談で専任コンサルタントは求人案件をある程度選定するので、いい求人提案を引き出すためにマクロとミクロの視点で自分の役割理解をアピールしましょう。

それによって「この作業療法士さんは今後さらに伸びるだろうな、、、」と思ってもらいやすくなるため、いい求人提案をゲットしやすくなる可能性ありだらです。

具体例

例えば、精神科作業療法でいい求人提案を引き出したいなら、現状の精神医療業界や精神科作業療法業界の動向を踏まえたうえで、自分に何ができるのかを考えつつ、どんな役割を果たそうとしてきたのか、といったことも説明できるようにしておけばOK。

もちろん、いま生きるのに精一杯、、、という相談も悪いわけではないです。

でも、いい求人提案を引き出すには、将来的にさらに成長しそうだ、と思ってもらえるような話し方も考慮した方がいいです。

こんな感じで、専任コンサルタントからいい求人提案を引き出すために、マクロとミクロの視点で自分の役割理解をアピールしましょう。

その④:いい専任コンサルタントを見分ける

転職エージェントを有効活用するには、良質な専任コンサルタントに担当してもらう必要があります。

ポンコツにあたってしまうと、質の低い求人を提案されたり、安易に利用可能な求人なしと判断される可能性ありだからです。

結局はマッチングの問題があるので、専任コンサルタントの質を見分ける主なポイントは以下の通りです。

主なポイント

  • 求職者のキャリアにプラスになるかどうかで求人を提案することができる
  • 求職者の利点、欠点、伸ばすべき点をフィードバックすることができる
  • 希望にあった求人をいくつも提案することができる
  • 転職活動で苦労することがあっても粘り強くサポートすることができる など

専任コンサルタントは当たり外れありなので、対策として複数の転職サイト・転職エージェントに無料登録してください。

専任コンサルタントも人間なので、最終的には人と人の関係性に帰着します。

だから、いい専任コンサルタントかどうかを見極めつつ、上記の「その①:自分のアピールポイントを整理する」を参考に、自分の希望にあった求人を提案してもらえる努力をやっていくべしです。

その⑤:まずは行動しつつ考えるべき

上述したとおり、作業療法士がおすすめ転職サイト・転職エージェントを活用するコツは4つほどあります。

けど、いきなり全て実行するのは無理ゲーです。

でも、「自分には無理かも、、、」と思う必要はまったくないです。

いろいろ不安なことはあると思いますが、まず行動しつつ考えることによって、必ずチャンスはやってくるものです。

一度思いきって行動してみることによって、コツがわかっていい求人提案を引き出しやすくなるものです。

なので、気軽におすすめ転職サイト・転職エージェントに登録してしまい、後は行動しつつ考えていけばOKです。

どのサイトも登録時間は5分以内に終わりますから、ぜひこの機会に行動からはじめてみましょう。

優良な求人情報が集まる転職サイト・転職エージェントのおすすめはこちら。

無料でいますぐ登録する

  • PT/OT人材バンク|専門系の転職エージェント。OT・PT・ST専門の転職エージェントなので案件が豊富。ここは必ず登録しましょう。
  • メドフィット|専門系の転職エージェント。医療・介護専門の転職エージェント。豊富な案件で登録による損なし。
  • マイナビコメディカル|専門系の転職エージェント。定番のマイナビ。厚生労働省から認可を受けた転職エージェントであり、登録して損なし。
  • DODA転職エージェント|日本最大級。総合系の転職サイト・転職エージェントだけど、作業療法士系の案件も豊富です。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。
  • リクルートエージェント|日本最大級。総合系の転職エージェント。作業療法士系の案件あり。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。

転職の成功確率を高めるために作業療法士1年目からやっておくべき対策

結論:専門性を極める

転職の成功確率を高めるために作業療法士1年目からやっておくべきことは専門性を極めるにつきます。

転職マーケットで良質な求人を提案してもらうには、作業療法士としての市場価値を高める必要があり、その最短コースが専門性を極めることだからです。

具体例

具体的にお話しすると、作業療法士は慢性的な人手不足なので、えり好みしなければわりと年齢を重ねても転職しやすいです。

とないえ、20代、30代はぜんぜん余裕で移動できますけど、40代以上になると徐々にハードルが高くなりはじめ、専門性が評価されていないと好条件の求人とうまくマッチングしがたい、、、ことが増えると思っておけばOK。

他方、年齢に関係なく華麗に転身できる作業療法士は、周囲から高い専門性を認められているものです。

自分には関係ない、、、と思う人がいるかもです。

けど、終身雇用は崩壊していますので、最初に勤めた病院・施設で定年するまで働く確率は極めて低いです。

なので、全員が1回以上は必ずどこかで転職するという前提で対策しておいた方がよいです。

よくある疑問:どんな専門性を極めたらいいですか?

「どんな専門性を極めたらいいですか?」という疑問をもつ方がいらっしゃいます。

結論をいえば「市場価値」のある専門性を極めたらよいです。

つまり、これから伸びそうな専門性を見つけて追求していけばOK。

その具体的な方法は以下の通り。

具体例

  1. 作業療法士なので作業療法の本質を体現する
  2. 既存の作業療法の限界を突く知技を身につける
  3. ニュースで急成長しつつある分野を把握し、世の中の流れにしっかりのる
  4. 常日頃から求人情報をチェックし、世の中で求められる人材動向を把握する など

ぼくのおすすめは「12 and/or 3 and/or 4」です。

つまり、作業療法の本質を体現しつつ、既存の作業療法の限界をついたり、世の中の流れにのったり、世の中に求められる人材動向を把握したり、、、していくのです。

こんな感じで、作業療法士として市場価値のある専門性を極めたらいいです。

作業療法士がブラック企業に転職しないためにできる対策

結論:口コミ情報サイトで情報収集すべし

転職で失敗すると、今よりもひどいブラック企業で働くハメになります。

そうした事態を回避するためには情報量がモノをいいます。

ブラック企業で働く事態を回避できる確率を高めるためには、以下の対策があります。

対策

  • 転職エージェント|専任コンサルタントから情報を得る。いい専任コンサルタントは必要な情報をもっているので楽です。
  • 口コミ情報サイト|口コミ情報サイトから情報を得る。専任コンサルタントが把握していない情報があるかもです。

転職エージェントの活用は上記で解説したので、ここでは口コミ情報サイトの使い方について解説します。

結論をいうと、口コミ情報サイトによって情報がかなり変わるので、必ず複数サイトをチェックすべし。

主な口コミ情報サイト

  • キャリコネ|無料で転職サービスに登録すると、口コミ情報を閲覧できます。医療保健福祉系の情報はわりと多いです。まずはここから登録すべし。
  • 転職会議|国内最大級の転職口コミ情報サイト。無料登録すると口コミ情報を見れられます。必ず利用すべし。
  • Openwork|老舗の口コミ情報サイト。無料登録すると公開・非公開の口コミ情報を閲覧可能できます。おすすめ。
  • カイシャの評判|比較的新しい口コミ情報サイト。使いやすいので活用すべし。

こんな感じで、ブラック企業を回避するためには、口コミ情報サイトを活用したらOK。

ただし、ネガティブなコメントが中心になりやすいので、口コミ情報サイトの情報をすべて鵜呑みにしないようにね。

よくある疑問:口コミ情報サイトに情報がない場合はどうしたらいいの?

「口コミ情報サイトに情報がない場合はどうしたらいいの?」と疑問に思う方がいます。

確かに、地方の小さな病院・施設は口コミ情報サイトに情報がないことがあります。

そうした場合は、以下の対策があります。

主な口コミ情報サイト

  • 転職エージェント|専任コンサルタントに情報を集めてもらったらOK。自分で集めるよりも圧倒的に楽です。
  • 自分で情報収集|見学に行ったり、知人や母校の教員に問いあわせたりして、自分で情報収集したらよいです。

こんな感じで、口コミ情報サイトに情報がない場合は、転職エージェントを活用したり、自分で情報収集したらOK。

作業療法士に強い転職サイト・転職エージェントに関するQ&A

よくある疑問は以下の通り。

Q:利用料はかかる?

完全無料です。

転職サイト・転職エージェントのビジネスモデルは、求職者と会社のあいだで雇用契約が完了したら会社が求職者の理論年収の30%を成功報酬金として転職サイト・転職エージェントに支払うというものです。

なので、求職者側は完全無料で利用できます。

Q:転職エージェントを活用するデメリットは?

デメリットは特になしなんですけど、強いて言うならば主なデメリットは以下の通り。

デメリット

  • 専任コンサルタントのやりとりが面倒に感じることがある
  • 質の悪い専任コンサルタントの場合、希望にあわない求人を紹介されたり、成果報酬型のビジネスモデルなので転職を急かしてくることがある など

とはいえ、次に述べるように、メリットの方が圧倒的に多いので、転職したいなら活用すべしです。

Q:転職エージェントを活用するメリットは?

主なメリットは以下の通り。

メリット

  • 転職活動に関わる支援を無料で受けられる
  • 希望にあった求人を紹介してもらえる
  • よりよいキャリアプランを提案してもらえる
  • ブラック企業かどうかを見分けやすい
  • 履歴書や職務経歴書などの書類作成を手伝ってもらえる
  • 給与、待遇など細かい条件交渉をしてもらえる
  • 円満退職を支援してもらえる など

メリットは他にもたくさんあるので、転職したいなら無料登録しておけばOK。

Q:転職サイト・転職エージェントに登録すると現職にバレる?

バレないです。

転職サイト・転職エージェントから流出することないです。

ただし、自分で誰かに話したり、専任コンサルタントとのメールを職場の同僚に盗み見されたり、電話を盗み聞きされたら普通にバレます。

Q:転職サイト・転職エージェントはいつ登録したらいいか?

答えは、会社を辞める前にいますぐ無料登録する、です。

いったん転職サイト・転職エージェントに無料登録すれば、後は求人案件を確認しつつ、希望にそった案件に応募するだけです。

登録にかかる時間は1分から5分程度なので、この機会にぜひ無料登録しましょう。

無料でいますぐ登録する

  • PT/OT人材バンク|専門系の転職エージェント。OT・PT・ST専門の転職エージェントなので案件が豊富。ここは必ず登録しましょう。
  • メドフィット|専門系の転職エージェント。医療・介護専門の転職エージェント。豊富な案件で登録による損なし。
  • マイナビコメディカル|専門系の転職エージェント。定番のマイナビ。厚生労働省から認可を受けた転職エージェントであり、登録して損なし。
  • DODA転職エージェント|日本最大級。総合系の転職サイト・転職エージェントだけど、作業療法士系の案件も豊富です。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。
  • リクルートエージェント|日本最大級。総合系の転職エージェント。作業療法士系の案件あり。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。

まとめ:作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく
本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えしました

転職しようかなぁと思っても「うまくいくかどうか不安、、、」という気持ちになりがちですよね。

でも、ネガティブな気持ちであきらめないでください。

いろいろ心配事はあるものですけど、適切な方法でチャレンジでしていけば、必ず成功のチャンスは訪れます。

重要なことは、まず行動しつつ考えることです。

「転職したいけど、失敗したらいやだなぁ」と思っていても、行動しはじめたらわりとトントン拍子に進むこともあります。

仕事しながらの転職活動はハードかもですが、転職エージェントなら専任コンサルタントが支援してくれるので、余計な手間をかなり省くことができます。

一度、転職サイト・転職エージェントに登録してしまえば、後は専任コンサルタントと面談しつつ、よい求人紹介があれば応募するだけです。

どのサイトも登録時間は1分から5分以内に終わりますから、ぜひこの機会に行動からはじめてみましょう。

優良な求人情報が集まる転職サイト・転職エージェントのおすすめはこちら。

無料でいますぐ登録する

  • PT/OT人材バンク|専門系の転職エージェント。OT・PT・ST専門の転職エージェントなので案件が豊富。ここは必ず登録しましょう。
  • メドフィット|専門系の転職エージェント。医療・介護専門の転職エージェント。豊富な案件で登録による損なし。
  • マイナビコメディカル|専門系の転職エージェント。定番のマイナビ。厚生労働省から認可を受けた転職エージェントであり、登録して損なし。
  • DODA転職エージェント|日本最大級。総合系の転職サイト・転職エージェントだけど、作業療法士系の案件も豊富です。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。
  • リクルートエージェント|日本最大級。総合系の転職エージェント。作業療法士系の案件あり。作業療法士の資格を活かした新しい働き方に気づく可能性あり。
人気記事
作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 ...

続きを見る

✅より好条件の会社で働きたい人は必読!

全業種向け

人気記事
【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

続きを見る

医療福祉向け

人気記事
【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

続きを見る

✅やばい!ブラック企業から抜けだしたい人は必読!

人気記事
ブラック企業で退職が困難なら弁護士の退職代行サービスを活用すべき

きょうごく本記事では「グラック企業に勤めています。もう耐えられないので辞めたいです。けど、これまで退職を申し出た人は、様々な嫌がらせを受けます。私も嫌がらせされると思うと退職したくてもできないです。ど ...

続きを見る

✅仕事がつらすぎる人は必読!

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

 

 

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします こんな方におすすめ コミュ ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-転職

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.