努力が続かない人はプロ意識がない件

2019年11月24日

きょうごく
本記事では「努力したいけど、なかなか続きません。何かしたいことがあってはじめても、すばらくするとすぐ飽きて辞めちゃいます。どうしたらいいかなぁ」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 努力したいことがあるのに努力が続かない
  • 努力を継続する方法を知りたい

ぼくは自分が必要だと思ったことに関して言えば、努力の継続がわりと得意です。

例えば「作業療法は哲学が不可欠だ」と思った20代前半から今までずっと独学してきました。

もうちょいわかりやすいところで言えば、Webにおける情報発信を強化する必要性を痛感してから、ブログは2018年10月から、YouTubeは2018年11月から毎日必ず更新しています。

また、努力するだけでなくしっかり成果にもつなげています。

具体例

  • 哲学から研究成果を生みだしています
  • ブログとYouTubeからお仕事を頂いています

本記事ではそんなぼくが上記の疑問にさくっとお答えします。

努力が続かない人はプロ意識がない件

結論:努力が続かない人はプロ意識がない

結論をいうと、努力が続かない人はプロ意識がないと思っています。

「プロ意識!?」と思うかもですが、要するに決意の問題です。

よく考えてみてください。

具体例

例えば、プロの野球選手は野球で食っていくと決意しているので、好不調に関係なく努力し続けていますよね。

プロフェッショナルで生きるという決意をもつかどうかが大切で、それがないから努力が続かないんです。

どんなテーマで努力するにしても、本当にやりたいなら初心者でもいいから「自分はその道のプロ」という認識を意図的にもったほうが、努力を継続しやすいです。

こんな感じで、努力が続かない人はプロ意識に欠けていると思っておけばOK。

なお、こういう話になるとすぐ「精神論だー」と批判する人がいますけど、認識によって行動が規定されるところがあるので、精神論もバカにならないですよ。

よくある疑問:初心者でプロ意識っておかしくないか?

はてな

「初心者でプロ意識っておかしくないか?」と思う方がいらっしゃいます。

確かにそう感じる気持ちはわからなくもないです。

けど、努力を継続するためには、気にせずあえてそう思い込めばいいです。

具体例

例えば、ぼくは本業をてこ入れするために、YouTubeチャンネルを開設しましたが、最初から勝手にYouTuberと名乗っていました。

自身をそう定義づければ「面倒だなぁ、、、」と思うことがあっても、「YouTuberなのに動画をアップしないって変だよな」と思って継続しやすいと判断したからです。

人によっては、もしかしたらうさん臭く感じるかもですが、本当に努力を続けたいなら戦略的にやるだけなので気にしなくてもOK。

このように、努力を継続したいならあえてそう自己定義したらいいです。

よくある疑問:すごい人にならないとイケないの?

はてな

プロ意識をもつというと「すごい人にならないとイケないの?」と思う方がいらっしゃいます。

結論から言うと、そんなことないです。

ヘボくてもOKです。

具体例

例えば、プロのスポーツ選手でも、一般人に比べたらすごいけども、プロの中では鳴かず飛ばず、、、みたいな人はいくらでもいらっしゃいますよね。

なので、プロ意識をもつ=すごい人になる、みたいな偏見はもたなくてもいいです。

そうではなく、努力を継続したいなら腹をくくって取り組むことが重要なので、そのシンボルマークとしてプロ意識をもつといいでしょう。

このように、プロ意識をもつからといって、すごい人にならなくてもOK。

努力が続かない人がプロ意識をもった後にすべきこと

結論:努力したいテーマの優先順位を上げる

結論からいえば、努力したいテーマの優先順位を上げたらOKです。

理由は「プロ」だからです。

具体例

例えば、プロ野球選手は、野球中心の生活を過ごしていますよね。

プロ意識をもつということは、その道の専門家のように振る舞うということです。

なので、当然のことながら他のことよりも優先順位を上げることになります。

こんな感じで、努力したいテーマのプロ意識をもった後は、それの優先順位を上げたらいいです。

よくある疑問:優先順位を上げるにはどうしたらいいの?

はてな

「優先順位を上げるにはどうしたらいいの?」と思う方がいらっしゃいます。

結論をいうと、努力したテーマから順に進めればOK。

プロなので他をさしおいて先にやる必要ありだからです。

具体例

例えば、ぼくは朝起きたら、まず最初に研究論文を読みます。

研究のプロ、、、と認識しているから、率先して研究に触れるようにしているのです。

次に、ブログのプロなので、朝飯を食べたら出勤するまでに40分ほどかけて記事を書きあげます。

こんな感じで、自分が努力を継続したいテーマがあれば、他をさしおいてそれに取り組めば自然に優先順位を上げることができます。

よくある疑問:仕事が忙しすぎて、努力したいテーマの優先順位を上げられないときは?

はてな

「仕事が忙しすぎて、努力したいテーマの優先順位を上げられないときは?」と思う方がいらっしゃいます。

ぼくもそういう経験ありなので、疑問に思う気持ちはよくわかります。

結論をいうと、主な対策は以下の2つです。

参考

  • 仕事の生産性を高めて早く終わらせる
  • ブラックで忙しすぎなら転職する

努力したいテーマが、自分にとって大切ならば、仕事の生産性を高めて効率良く進め、極力早く終わらせたらOK。

そうすれば、努力したいテーマの優先順位を高められるはず。

他方、仕事がブラック過ぎて、生産性を上げようにも無理ゲーなら、そもそもそこで働いていることが問題です。

なので、よりよい職場に移動することを検討したらいいです。

人気記事
転職を一瞬でも考えたことがある人が読むべきおすすめ本3冊

きょうごく本記事では「最近、転職すべきか、現職に留まるべきか、で悩んでいます。転職するか迷う人におすすめ本があれば知りたいなぁ」という疑問にお答えします 本記事の内容 転職を一瞬でも考えたことがある人 ...

続きを見る

まとめ:努力が続かない人はプロ意識がない件

本記事では「努力したいけど、なかなか続きません。何かしたいことがあってはじめても、すばらくするとすぐ飽きて辞めちゃいます。どうしたらいいかなぁ」という疑問にお答えしました。

結論をいうと、努力を継続したいならプロ意識をもて!です。

素人でも、初心者でも関係ないです。

腹をくくってやり遂げるために、「自分はプロなんだ」という認識を意図的にもてばOK。

✅本気で転職を考えたい人はこちら

全業種向け

人気記事
【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

続きを見る

医療福祉向け

人気記事
【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

続きを見る

作業療法士向け

人気記事
作業療法士に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えし ...

続きを見る

人気記事
【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 ...

続きを見る

人気記事
作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 ...

続きを見る

転職サイト&転職エージェントの特徴比較

人気記事
【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説してほしいなぁ」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 転職サイト&転職エー ...

続きを見る

✅ブラック企業から抜けだしたい人はこちらもどうぞ

人気記事
ブラック企業で退職が困難なら弁護士の退職代行サービスを活用すべき

きょうごく本記事では「グラック企業に勤めています。もう耐えられないので辞めたいです。けど、これまで退職を申し出た人は、様々な嫌がらせを受けます。私も嫌がらせされると思うと退職したくてもできないです。ど ...

続きを見る

✅仕事がつらすぎる人はこちらへ

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

 

 

-信念対立解明アプローチ

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.