終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策

きょうごく
本記事では「いい会社に入ったら、定年まで安定した生活ができる時代は終わりました。個人で同対策したらいいのだろう?」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策を知りたい
  • できれば終身雇用崩壊のメリットとデメリットも知りたい

ゲームチェンジの時代です。

ぼくも含めて従来の働き方が通じなくなります。

経団連会長の以下のインタビューは重く受け取るべきです。

本記事ではそうした問題意識のもと、終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策を論じます。

終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策

終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策は以下の通りです。

ココがポイント

  • スキルアップする
  • 収入源は分散させる
  • 節約&投資する

ぼく自身もいつ今の職を失うかわからないので、これらは以前から実際に取り組んでいることばかりです。

以下それぞれ解説します。

スキルアップする

終身雇用崩壊した時代は、スキルアップを欠かすことができません。

いまいる会社に定年まで働ける保証がないので、就職した後も常に成長、発達、変化し続ける必要があるのです。

いまの時代、自己研鑽は「する/しない」で悩むなんてナンセンスでして、自分の人生を最後まで生き抜くためには必須の努力です。

例えば、ぼくは作業療法士という国家資格をもっています。

昔ならそれで一生安泰でしたけども、いまは人口減少で税収ダウンだし、高齢化で医療費爆増なので、診療報酬が削られるから収入ダウンで、この先はイバラの道がまっていると予想されます。

なので、作業療法士になった頃から、臨床に加えて以下のスキルアップに取り組んできました。

具体例

  • 研究
  • 教育
  • 執筆
  • 講演
  • データサイエンス
  • Webマーケティング
  • Webライティング など

こんな感じで、いろんなスキルを高めていき、成長し続けていく努力を重ねています。

こうしたことは終身雇用崩壊時代に個人でできる具体的な対策になります。

収入源は分散させる

終身雇用が崩壊した時代は、収入源は必ず分散させる必要ありです。

1つの会社からの収入にのみ頼ると、「雇用を失う=収入ゼロ」になるので、リスクでしかないからです。

副業解禁になりましたが、いまの時代、副業は「する/しない」で悩むものではなく、やらないと自分の人生が危険にさらされるからやるしかないんです。

いま副業禁止の会社にいるなら、副業OKのところに移動した方がいいです。

また、これから会社を選ぶときは、副業禁止のところは避けなければならないです。

そうした会社は、個人の人生を考えたら危険でしかないからです。

例えば、ぼくは本業以外に以下の副業をしています。

具体例

  • 執筆業
  • 講演業
  • Web事業
  • コンサル業 など

これらは、正直なところたいした額にはならないです。

けども、副業収入がゼロよりもリスクヘッジになります。

いい会社に入ったら一生安泰は幻想なので、とにかく収入源を分散させておきましょう。

節約&投資する

また節約と投資は終身雇用崩壊時代でさらに重要になってきます。

いまの会社からの収入は、いつ途絶えるかわからないので、支出を押さえつつお金にも働いてもらう必要があるからです。

例えば、ぼくは家を買っていません。

理由は、2020年から人口急減していきますので、これから空き家率はどんどん拡大していきますから、かなりの確度で節約にも投資にもならないからです。

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00154/00583/

家は買うより借りろです。

車も週末しか乗らないなら、タクシーかレンタカーでいいです。

携帯は格安SIMを使ったらOK。

節約でたまったお金は投資に回しましょう。

投資は「国際・分散・長期」が基本です。

個人が片手間にデイトレしたらカモにされるだけです。

たまに勝つことありですが、ビギナーズラックなので多くの人がトータルで負け越します。

貴重な弾を失うのはもったいないので、「国際・分散・長期」でしっかり守りつつコツコツ増やしていきましょう。

おすすめはAIで自動運用できるWealthNaviです。

ぼくもやっていますので、まだの方はまずはおすすめ運用プランを無料診断しましょう。

終身雇用が崩壊したということは、退職金が当てにならないわけでして、老後の資金を確保するためにも投資は不可欠です。

この機会に行動しましょう。

終身雇用がなくなるメリットとデメリット

終身雇用がなくなることにも、メリットとデメリットがあります。

以下それぞれ解説です。

終身雇用がなくなるメリット

終身雇用がなくなるメリットは以下の通り。

主なメリット

  • 年功序列が崩壊する
  • 雇用の流動性が向上する
  • 競争が活発化する など

年功序列が崩壊する

終身雇用と年功序列はニコイチの制度です。

前者が崩壊するということは、後者もオワコンです。

その結果として、仕事しないけども歳をとっているという理由だけで高給をもらえる、、、ということが不可能になります。

これは、既得権益には悲報ですが、企業と若手にとっては朗報です。

年齢に関係なく実力者がいい報酬をもらえる可能性ありだからです。

ただし、日本は人口急減するうえに労働生産性が全然ダメなので、若手も熟練もいっしょに報酬ダウンの恐れもありですけどね。

雇用の流動性が向上する

終身雇用が崩壊するということは、企業は労働者を自由に選べるようになります。

同様に、労働者も自由に企業を選べるようになります。

その結果として、転職がいまよりも身近になって、よりよい雇用条件の企業に優秀な人が移っていきやすくなります。

ブラック企業に対する淘汰もかかりやすくなるので、労働市場の健全化に向けて作用するかもしれません。

競争が活発化する

終身雇用崩壊時代には、特別な知識と技術をもつ人が高給をもらえるようになります。

労働者はスキルアップすると好条件で働けるようになるわけです。

他方、スキルアップしない人は冷遇されやすくなります。

なので、労働者はお互いに競い合いますから、競争が活発化していくことになります。

終身雇用がなくなるデメリット

終身雇用がなくなるデメリットは以下の通り。

主なデメリット

  • 格差が拡大する
  • 生活が安定しない
  • ラットレースにはまる など

格差が拡大する

終身雇用がなくなると、格差が拡大します。

実力で評価されるようになるからです。

資本主義社会は、一度開いた格差を生める手立てなしです。

富める者はさらに富み、貧する者はさらに貧す、、、という状態に陥ります。

そのため、格差拡大が加速する恐れありです。

人気記事
労働で広がる格差を埋めるのは、ほぼ無理ゲーな件【対策あり】

きょうごく本記事では「30代、40代の『貯蓄ゼロ』が23.1%というニュースを見ました。格差は広がっていると思いましたが ...

続きを見る

生活が安定しない

いまの会社で定年まで働くことが無理になるので、長期間にわたって生活を安定させるのが難しくなります。

終身雇用がなくなるということは、会社にとって不要な労働者を切りやすくなるからです。

また、年功序列も同時に崩壊するので、給与も順当に上がっていくことはありません。

労働者は絶えず競争する環境におかれるわけで、生活はなかなか安定しない恐れありです。

ラットレースにはまる

競争が活発化する裏面では、ラットレースにはまる人がでてきます。

まぁいまでもラットレース化していますけど、それがさらに激しくなる可能性ありと思っておけばOK。

格差拡大しますし、特別の知識と技術を持たないと低賃金化しますからね。

働いても働いても資産が貯まらず、ひたすら消耗する日々に突入する人がさらにでてくるでしょう。

デメリットを抑制しつつ、メリットを引き伸ばすには

デメリットを抑制しつつ、メリットを引き伸ばすには、上述した以下の対策必須です。

ココがポイント

  • スキルアップする
  • 収入源は分散させる
  • 節約&投資する

これやれば万全というわけではまったくないですが、やらない場合はかなり不利になると思っておけばいいです。

できることはいろいろありそうで、あまりないのでしっかり取り組みましょう。

まとめ:終身雇用がなくなる時代に個人でできる対策

本記事では「いい会社に入ったら、定年まで安定した生活ができる時代は終わりました。個人で同対策したらいいのだろう?」という疑問にお答えしました。

結論は以下の通りです。

ココがポイント

  • スキルアップする
  • 収入源は分散させる
  • 節約&投資する

これから日本はめちゃくちゃ厳しい時代が本格化するので、どうにか生き抜きましょうね。

キャリアアップ・ブラック企業からの脱出を考えている方はこちらから!

作業療法

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

2019/11/8    

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説し ...

生活・仕事

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

2019/7/27    

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。 ...

生活・仕事

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

2019/7/26    

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の ...

作業療法

作業療法士の求人に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

2019/9/13    

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転 ...

作業療法

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

2019/10/1    

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうした ...

-生活・仕事
-

© 2020 京極真の研究室