不安は気がかりな出来事の問題解決にはならない

きょうごく
本記事では、「気がかりなことがあり不安になってしまいます。そんな時はどうしたらいいでしょうか?」疑問にお答えします。

こんな方におすすめ

  • 気がかりなことがあり心配
  • 不安を抱えている

生きているといろんなことがあります。

もちろん良いことだってあります。

その一方で気がかりなことがあったりすると、心配になって夜も寝れなくなることもあります。

僕は、そういう経験が数えきれないくらいあります。

本記事でサックと解説します。

ぼくは、聴いて学べるYouTubeチャンネルをコンセプトにして、毎日動画をアップしています。

毎日、無料動画教材をアップロード!

今すぐYouTubeでチャンネル登録する

--時間---

本記事はYouTube動画で語ったものに加筆修正したものです。

不安は気がかりな出来事を解決する手段ではない

結論から言うと、不安は気がかりな出来事を解決する手段ではないです。

気がかりな出来事があると不安になる。

僕も、不安になります。

でも、不安になったからといってそれが問題解決につながるのか?

不安になったからといって、問題解決をしてくれるものにはなりません

不安は気がかりな出来事の問題解決にはならない理由

不安が問題解決にならない理由とは

では、不安が問題解決にならない理由とはなんなのか?

その理由は3つあります。

不安が問題解決にならない理由

理由①:大抵の不安は自分が勝手にイメージした世界の話。想像でしかない。
理由②:想像の世界であれこれ考えても、現実は1ミリも変わらない。
理由③:不安なときは悪いことばかり気がつくので、現実的な対策にならない。

以下に具体的に解説していきますね。

理由①:大抵の不安は自分が勝手にイメージした世界の話。想像でしかない。

まず1つ目は、大抵の不安というのは自分が勝手にイメージをした世界の話なんですよね。

はっきりいってしまうと、想像でしかない部分っていうのがわりとあったりするわけです。

問題点

想像の世界で思考しても現実世界とは違う

想像と現実世界っていうのが対応する道理はどこにもないです。

想像の世界の中で「あ〜でもないこ〜でもない」って考えることが、現実世界に反映されるのならいっぱい考えればいい。

ですが、想像の世界の中のことは、現実世界での問題解決へは繋がらないわけです。

大抵の不安は、あなたの想像でしかないので不安が問題解決にはならないです。

理由②:想像の世界であれこれ考えても、現実は1ミリも変わらない

理由の2つ目は、不安な時というのは悪いことばっかり気がつくんですよね。

普通の世界っていうのは、良いことと悪いことというのがそれなりにあります。

まぁ、いつもはその状態でうまく折り合いつけながら生きているわけです。

ですが、不安になってしまうと、良いことと悪いことの両方ではなく悪いところだけにしか焦点が当たってこないんですよね。

しかも、それをベースに対策を立てようとしちゃうからややこしい

問題点

現実の世界のごく一部しか見てないところで対策を立てるからまともな対策にはならない

ほんの一部しか見ていないのに対策を立てた結果、問題解決につながっていかないというのがあります。

理由③:不安なときは悪いことばかり気がつくので、現実的な対策にならない

3つ目の理由なんですけども、不安になるとストレスがかかるので認知機能が低下するんですよね。

認知機能が低下すると、「ズレ」や「ブレ」が生じます

問題点

判断がずれてしまったり、物の見方が偏ったところで判断してもぶれてしまう

ずれてしまった状態で判断してしまうと、たとえその後どんなに努力して頑張ったとしても、最初の段階でずれてしまっているので、まともな結果に繋がらないわけです。

そんな状態では問題解決にはならないですよね。

不安や気がかりな出来事を問題解決する対策とは?

では、どうすればいいのか?

結論:行動する

不安の問題

勝手に取り付いてくるものなので自分の意思ではコントロールすることができない

僕自身は、不安を感じるときというのは頭でどうこう考えるよりもまず行動に移すということをかなり意識しています。

行動に移したら現実の世界がどうなっているのかっていう輪郭が見えるので、そこで初めて改善点を見つけます。

そしてまたその改善点を踏まえた上で行動に移すということが対策の基本になります。

対策の基本

  1. 行動に移す
  2. 改善点を見つける
  3. 行動に移す

つまり、この行動する・改善の繰り返しが対策の基本になってくると考えています。

そのような形で実際に行動に移して改善するという努力を重ねた日々を過ごすと、あとはまあそれを継続しながら良い結果が来るのを待ちます。

つまり、後は果報を寝て待つ。

もうそれでいいかなと思います。

でも、そこまでやっていい結果が得られなかった場合どうしたらいいか?

結論:諦めるしかない

諦めるというと聞こえが悪く感じる人もいるでしょう。

ですが、対策をしてもうまくいかない時には諦めるしかないです。

諦めるしかない時もある

行動を重ねて改善をしてということをひたすら繰り返してやったとしてもうまくいかないときはうまくいきません

現実には頑張ったからといって結果がしっかり出るばかりではなく、やっぱり諦めるしかない時もあるんですよね。

自分の中にやりきった感覚があるのが大切

ただ、「諦めるという選択をしろ!」と迫られると拒否反応が出ます。

ですが、実際に行動に移して、もうできることを全て行ったっていう感覚が自分の中にあった場合にはどうですか?

やりきった感覚

  • 今できることは全てやった
  • もう充分頑張った

この「できることを全てやり尽くしたという感覚」というのが大事です。

それがあると、もう今選択できるものが「諦めること」しかないということが自分の中でも納得して理解できるようになるし、妥協して選ぶ諦めではなくなります。

この「妥協ではない諦めである」という感覚を自分の中で得られるようになるのは「行動する」を実行し尽くした結果です。

不安というのは問題解決にならないので不安を感じたらまず行動する

そういうことを意識していけば、やれることもやれなかったという後悔も残らず、自分の納得できる「引き際」もわかっていいんじゃないかなっていうふうに僕自身の経験から思います。

まとめ:不安は気がかりな出来事の問題解決にはならない

きょうごく
本記事では、「気がかりなことが心配で不安で仕方ないです。どうしたらいいでしょうか?」という疑問にお答えしました。

結論から言うと、不安は気がかりな出来事を解決する手段ではないです。

不安になったとしても、現実が変わるということはありません。

そんな時の対策としては、行動する

そして、改善点を見つける

また行動するの繰り返しをするにつきます。

それでもうまくいかない時、そんな時には残念だけど諦めましょう。

きっとそんな時には、自分の中にも「やり切れたぞ」という感覚があり、不安ばかりだった頃とは違う気持ちが育っているではないでしょうか。

まずは、頭で考えるのをやめて行動しましょう。

気がかりなことがある時には時には、「行動する」これにつきます。

キャリアアップ・ブラック企業からの脱出を考えている方はこちらから!

作業療法

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

2019/11/8    

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説し ...

生活・仕事

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

2019/7/27    

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。 ...

生活・仕事

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

2019/7/26    

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の ...

作業療法

作業療法士の求人に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

2019/9/13    

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転 ...

作業療法

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

2019/10/1    

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうした ...

-生活・仕事
-

© 2020 京極真の研究室