【ダメージコントロール】ひどいトラブルの対処法

きょうごく
本記事では「ひどいトラブルにあいメンタルがズタズタです。ダメージコントロールの方法にはどんなものがありますか?」という疑問にお答えします。

こんな方におすすめ

  • ダメージコントロールの方法が知りたい人
  • ひどいトラブルにあった
  • 精神的に辛い状況にある

僕は信念対立といういろんなトラブルの研究をしていて、トラブルに悩んでいる人に出会います。

トラブルには、日常生活の中で起こる些細な出来事から、自分や他人の生存を脅かすようなものまで幅広くあります。

そんなトラブルが、人生のあらゆる場面で色々起こり、しんどい思いをするわけです。

本記事で、そんなトラブルの中でも、特にひどいトラブルのダメージコントロールの方法についてどうしたらいいのかサクッと解説します。

※本記事の内容は下記の動画で語った内容に加筆修正したものです。

信念対立と対処法の理解を深めるワークシート

今すぐ無料ダウンロードする

※日常で信念対立解明アプローチを活用できるようになろう!

【ダメージコントロール】ひどいトラブルの対処法

ひどいトラブルに対するダメージコントロールの方法にはどのようなものがあるのか?

ダメージコントロール

【ひどいトラブルの対処法】

  1. リスク管理
  2. 発想を変える

他にも色々方法はありますが、その中でも特にこの2つが、基本的に需要だと思います。

以下に紹介します。

①リスク管理

まず、ひどいトラブルのダメージコントロールとして、リスク管理があります。

ひどいトラブルが起こったときには、最悪どうなるということの見積もりを、しっかりと立てておくことが重要になってきます。

ひどいトラブルの場合

  • 本当に生きながらえること自体がテーマになってくる
  • 自分と他人が生存を脅かされることなく、なんとか生を繋いでいくことができること自体が重要

『生きてるだけで丸儲け』という言葉があります。

ひどいトラブルが起こるときには、生存自体が脅かされるようなことも起こり得ます

そのため、命を繋いでいくためにできることは何か?ということも考えていかないといけなくなります。

リスク管理をしっかりするとは?

  • 今起こっているトラブルが、最悪の展開でてやっていた時に、どうなるのかを考える
  • どうすれば、生存可能な可能性を担保できるかということをしっかりと考えておく

生きていれば何度でもやり直しがききます。

また、生きていれば挽回も可能です。

ひどいトラブルが起こった時っていうのは、リスク管理をしっかりして、最悪どういう展開になるか、生存を可能にするためにはどうしたらいいかってことは、やっぱりしっかり考えておく必要があります

②発想を変える

ひどいトラブルのダメージコントロールダメージコントロールの2つ目としては、発想を変えることです。

これは何かというと、信念対立解明アプローチの中でも繰り返し論じている部分になりますが、あらゆる世界認識っていうのは必ず間違いの余地があるとういうことです。

つまり、ほとんどの世界認識は、間違っている可能性があるわけです。

ひどいトラブルの場合

【強力な確信が取り付く】

  • これは本当にヤバい、人生つんだ!
  • ひどい状態になった!
  • 超やべ〜!

ダメージを減らそうと思ったら、そもそもそういう世界認識が妥当なんだろうか?

自分は、本当にやばい、超ピンチと認識してしまうけど、それが本当に疑いの余地が無いのかっていうことをしっかり考えていくということが重要です。

大抵の場合は、疑ってそれで大丈夫だって確信していることも含めて、認識のフレームそのものが間違っていることがあります。

多くの場合は、疑っていけば、どんなに強く確信をしていても「それは正しい」と言い切れないのです。

何かしら捉え方の違いとか、単にそれが自分が思い込んでるだけの問題が含まれています。

だから、「自分がピンチだ」と思っていることとか、「本当にこれはヤバイ感じするこ」とが、「そこまで自分が感じるほど本当はヤバくない」ということに気づいたりするわけですね

そうすることによってひどい状況の中から受けるダメージを減らせることにつながります。

発想を変える

  • 人生が終わってしまったと思ってたけれども、見方を変えたらこういう人生も楽しい
  • ひどいトラブルが起こったことで、定常通りの道を歩めなかったことが、結果的に選択肢の幅を広げてくれた
  • 自分が本当にヤバいと思ったこと自体が、本当にヤバいのかってことを問い直して、実は視点を変えてしまったら、そうでなくむしろチャンスだった

今感じていることを疑って、考えることで、発想の転換ができ、視点を変えていくというのは、ダメージコントロールの方法としても重要になります。

まとめ:【ダメージコントロール】ひどいトラブルの対処法

本記事では「ひどいトラブルにあい、メンタルがズタズタです。ダメージコントロールの方法にはどんなものがありますか?」という疑問にお答えしました。

ダメージコントロールの方法は、以下の2点です。

ダメージコントロール

【ひどいトラブルの対処法】

  1. リスク管理
  2. 発想を変える

他にもいろんな方法がありますが、僕はこの2点が基本的に重要だと考えています。

ひどいトラブルを抱えていて大変な思いをされている人は、リスク管理と発想を変えるということを実践して、ダメージコントロールをしていってもらえればと、思います。

キャリアアップ・ブラック企業からの脱出を考えている方はこちらから!

作業療法

【特徴比較】おすすめ転職サイト・転職エージェント【総合型から特化型まで紹介】

2019/11/8    

きょうごく本記事では「転職したい、、、。けど、転職サイトと転職エージェントの違いがよくわからないなぁ。わかりやすく解説し ...

生活・仕事

【無料】一般総合おすすめ転職サイト・エージェント6選【ランキング】

2019/7/27    

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。 ...

生活・仕事

【職種別】医療福祉おすすめ転職サイト&転職エージェント23選【比較】

2019/7/26    

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の ...

作業療法

作業療法士の求人に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

2019/9/13    

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転 ...

作業療法

【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

2019/10/1    

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうした ...

-生活・仕事
-

© 2021 京極真の公式ブログ|作業療法|信念対立解明アプローチ|研究法