過去にしてしまった失敗を思い出すと辛いときの対処方法

本記事では「過去にしてしまった失敗を思い出すと辛いです。そのようなときにはどうすればいいですか?」という疑問にお答えします。

こんな方におすすめ

  • 思い出すと辛い失敗体験がある
  • 失敗をした後の対処の仕方が知りたい人

信念対立と対処法の理解を深めるワークシート

今すぐ無料ダウンロードする

※日常で信念対立解明アプローチを活用できるようになろう!

過去にしてしまった失敗を思い出すと辛いときの対処方法

結論

過去にしてしまっった失敗を思い出すと辛いときの対処方法は、以下の通りです。

結論

もう1回失敗しそうな挑戦をして、自分の経験を上塗りしていく

失敗を思い出すことは、しんどいものです。

しんどいですが、そんなときにこそ「現在進行形でいろんなことに挑戦していく」ことが大事です
きょうごく

ココがダメ

  • 「失敗した後に挑戦なんてできないよ」と思ってしまう→挑戦できなくなる
  • 次も失敗するんのではないかと思う→挑戦をやめてしまう

多くの人は、失敗した後に上記のようになり、挑戦することに対して消極的になり、挑戦することをやめてしまいます。

きょうごく
ですが、失敗した後だからこそ、どんどんいろんなことに挑戦していくということが大事!

ポイント

失敗をしかねないようなことにどんどん挑戦して行きましょう!

失敗した時に挑戦し続けるメリット

挑戦し続けるメリット

  1. 過去の失敗を後悔している暇がない
  2. 新たな失敗が増えることで、過去の苦い思い出が相対化されていく

以下に解説します。

⑴過去の失敗を後悔している暇がない

新しい挑戦に取り組んでいるのだから、当然暇な時間というのはなくなります。

過去の失敗を後悔するのは、時間に余裕がないと無理です。

新たなことに挑戦するときというのは、多くの時間が奪われていくことになるので、過去を後悔するために使っていた時間というのも減ってしまいます。

どうせ、同じ時間を使うのであれば、後悔する時間に使うのではなく、新たなものに挑戦するような時間に使っていければ充実した時間の使い方になるのではないかと考えます。

⑵新たな失敗が増えることで、過去の苦い思い出が相対化されていく

過去に苦い思い出があったら、新たな失敗が増えることによって総体化されていきます

【10の失敗をした過去がある場合】

  • 今の失敗が20あったとすると、10の失敗をした過去のウエイトが下がる

そのような感じで、どんどんチャレンジをして失敗を重ねつつ、成果も出しつつ前に進んでいきましょう!

チャレンジすることで失敗をして辛いという状況から脱していければ、心楽しい日々をおくれるのではないかと僕は自分の経験から考えています。

ぜひ「死ぬまでチャレンジ!」という感覚で取り組んでいっていただきたいです。

あなたが過去に失敗したのはどうして?

結論

あなたが、何かに挑戦したから

あなたが失敗したのは、何かに挑戦するということをしたからです。

何もせずに立ち止まっていたからではないですよね。

失敗をすることは辛い経験になりますが、挑戦をするということは良いこと

失敗したことだけに焦点を当ててしまうと、辛く、しんどいものになりマイナスのイメージになってしまいます。

ですが、チャレンジをしたけれど、今回の結果は失敗に終わってしまったというだけのことです。

ポイント

新たにチャレンジをしていけば、結果は変わる可能性がある

思い出すのも辛い失敗を経験することになったのは、あなたが過去に何かに挑戦をした結果です。

失敗したことだけに焦点を当てるのではなく、あなたがしっかりとチャレンジしたことの方に目を向けてみると、感じ方にも変化がみられるのではないでしょうか?

過去の失敗を思い出し辛くなるのはどうして?

結論

あなたの挑戦が滞ってしまっているため

過去の失敗体験を思い出して辛い気持ちになるのは、今、あなたがの挑戦が滞ってしまっているからです。

ポイント

現状維持の状態で立ち止まってしまっている状態→失敗した体験の上に経験が上書きされない→過去の失敗に囚われて苦しい

僕自身も過去には、失敗したことを思い出し辛い気持ちになる時がありました。

ですが、そのようなときは過去のチャレンジに対する失敗が現在まで尾を引いてしまうということが起こってしまっているわけですよね。

自分の今いる立ち位置が変化していかないから、過去を変えられないため苦しいままの状態が続きます。

そういった状態から抜け出していこうと思ったら、、、、。

ポイント

今現在もいろいろ挑戦を重ねていくということが大事

「過去の失敗に辛いな〜」と思う方は、今自分が現状維持の状態で立ち止まってしまっているのではないかと、自分自身を振り返ってみましょう!

そして、もう一度新たなものにチャレンジするという一歩を進めてみてはどうでしょうか?

まとめ:過去にしてしまった失敗を思い出すと辛いときの対処法

本記事では「過去にしてしまった失敗を思い出すと辛いです。そのようなときにはどうすればいいですか?」という疑問にお答えしました。

結論

自分の経験を上塗りしていくしかない

あなたが過去の失敗を思い出し、辛いのは、あなたが現状維持の状態に今あるからです

あなたの挑戦が滞ってしまうと、どうしても過去の失敗が現在まで尾を引くようなことになってしまいます。

今、あなたのいる立ち位置を変えることで、昔の失敗を後悔する暇さえなくなります。

人生生きていると、失敗をして辛いことがいっぱいあります。

ですが、そんなときこそ歩みを止めずに何かに挑戦していきましょう!

病院・施設で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
作業療法士の求人に強いおすすめ転職サイト・転職エージェント5選

きょうごく本記事では「転職したい作業療法士です。作業療法士におすすめ転職サイト、転職エージェントを教えてほしい。あと、転職サイト・転職エージェントを活用するコツなども知りたいなぁ」という疑問にお答えし ...

続きを見る

一般企業で働きたい作業療法士はこちらから

人気記事
【解説】作業療法士が一般企業に転職する方法【異業種、異業界】

きょうごく本記事では「作業療法士として働いてきましたが、一般企業で働きたい、、、という思いが強くなってきました。どうしたら作業療法士が一般企業で働けるのだろうか」という疑問にお答えします 本記事の内容 ...

続きを見る

作業療法士を辞めたい人はこちらから

人気記事
作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選【辞める前提で登録すべし】

きょうごく本記事では「作業療法士を辞めたいです。作業療法士以外の業種に就きたいです。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします 本記事の内容 作業療法士を辞めたい人におすすめ転職エージェント3選 ...

続きを見る

-生活・仕事
-