オンライン教育プラットフォーム|Thriver Project
生活・仕事
PR

Xcodeが待機中から進まない場合の対処【備忘録】

Makoto KYOUGOKU
記事内にプロモーションを含む場合があります

本記事では「App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進みません。どう対応したらよいですか」という疑問にお答えします。

こんな方におすすめ
  • App storeからのXcodeのダウンロードが進まない
  • App store以外からXcodeをダウンロードする方法を知りたい

本記事を書いているぼくも、App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進まず困ってしまいました。

本記事では、ぼくなりの対策を備忘録もかねてさくっと解説します。

なお、Xcodeのダウンロードができない場合は以下の記事で対策を書いています。

Xcodeが待機中から進まない場合の対処

結論から言うと、App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進まない場合はDownloads for Apple Developersから直にダウンロードするとよいです。

主な手順は以下の通りです。

手順
  1. Downloads for Apple Developersにアクセスする
  2. AppleIDとパスワードを入力してログインする
  3. Downloadsをクリックする
  4. Featured DownloadsとRelease Softwareがあるので、特別な意図がなければRelease SoftwareにあるXcodeをダウンロードする

App storeからのインストールが待機中から進まない場合、上記の手順で対応すればスムースにダウンロードできます。

Xcodeのインストールは引っかかることが多いような印象があります。

ぼくはちょくちょく困りますが、皆さんの環境では大丈夫でしたか?

なお、セーフブートで一度起動してから再起動すると、App storeからダウンロードできることもあるようです(ぼくは試してないけど)。

Xcodeが待機中、、、という事態そのものを回避する方法

とはいえ、インストールがはじまっても、実際のところかなり時間がかかります。

どうしても時短で済ませたい人は、目的によっては以下の方法が使えます。

結論をいうと、C++のコンパイル以外でxcodeを使わないならば、ターミナルからインストールを実行するとOKです。

「そんな使い方あるんかいな、、、」と思う人がいるかもですが、例えばMacでStanを使うだけならC++のコンパイルでしかXcodeを使いません。

そういう場合はターミナルに以下のコマンドをコピペすればOKです。

xcode-select --install

爆速でインストールできますよ。

まとめ:Xcodeが待機中から進まない場合の対処

本記事では「App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進みません。どう対応したらよいですか」という疑問にお答えしました。

本記事で紹介した手順は以下の通りでした。

手順
  1. Downloads for Apple Developersにアクセスする
  2. AppleIDとパスワードを入力してログインする
  3. Downloadsをクリックする
  4. Featured DownloadsとRelease Softwareがあるので、特別な意図がなければRelease SoftwareにあるXcodeをダウンロードする

Xcodeのアップデートでお困りの方は以下の記事を参照してください。

著者紹介
京極 真
1976年大阪府生まれ。Ph.D、OT。Thriver Project代表。吉備国際大学ならびに同大学大学院・教授(役職:保健科学研究科長、(通信制)保健科学研究科長、人間科学部長、他)。首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士後期課程・終了。『医療関係者のための信念対立解明アプローチ』『OCP・OFP・OBPで学ぶ作業療法実践の教科書』『作業で創るエビデンス』など著書・論文多数。
記事URLをコピーしました