オンライン教育プラットフォーム|Thriver Project
生活・仕事
PR

暇人最強!暇な奴は、チャンスをつかむ!

京極真
記事内にプロモーションを含む場合があります
京極真
京極真

本記事では、「僕は毎日暇すぎて不安になります。こんなにいけていない毎日を送っていてもいいのかなと悩んでいます。」というお悩みにお答えします。

こんな方におすすめ
  • 毎日何もすることがない人
  • 暇すぎて不安な人

暇人最強!暇な奴は、チャンスをつかむ!

暇な状況というのは、よくないように理解している人多いんじゃないでしょうか?

暇な状態
  • 何していいかわからん
  • 俺、暇やからイマイチいけてないという気持ちになる

暇に対してネガティブな感情を持ちやすいです。

ですが、暇って実は凄い強みなんですよね。

暇だからこそできることって実はすごい武器になります。

暇ということの良さについてしっかり知っておくと、今の暇な状況が嫌なのではなく、良いものへと視点が変わるかもしれませんよ。

【暇人最強!】暇が強みになる理由

僕は、今時間に余裕のない日々を過ごしていますが、今欲しいものといえば、「自由に使える時間」です。

デメリット
  • 何か新しいものに挑戦しようとした時に、挑戦できない
  • 現代の変化が早い時代に、今起きている目の前の変化にうまく対応できない

そういったことを考えていくと、時間的余裕があるって言うのは実はすごい強みになるんですね。

暇な時間を強みに変えていくためにはどうすればいい?

やりたいことがあるかどうかが重要

暇な時間はあるけれど、今はその強みを感じないという人はどうすればいいのか?

それは、やりたいことがあるかどうかが重要になってきます。

やりたいことがあるのかどうかが、強みに変えれるかどうかの分かれ道

やりたいことがある人は、その今持っている時間をやりたいことにぶつけていけばいいんですよね。

それは、暇だからこそできることです。

時間的余裕はあるけど、やりたい事がない場合

小さく行動する

今すごく暇で時間的余裕あるけど特にやることはやりたい事もないんですよねという人いますよね。

そういう場合どうしたらいいかっていうと、行動ですね。

そんな時には行動するしかないと思います。

行動するポイント

どんなことでもいいので、小さくはじめてみる

実際に小さく行動していると自分自身で苦なく出来るかとか、あるいはいざやってみると思っていたよりも楽しかったとかということを感じたりします。

また逆に、自分には合わなかったと思うこともあるかもしれません。

ですが、行動すると結果が割とはっきりします。

暇で時間があるけれど特にやりたい事もないみたいな感じの人は、まずちょっと行動をしてみたらいいと思います。

ちっさい行動
  • 何でもいいので人に誘われたことをやってみるのもいい
  • 自分自身パッと思いついものに手を出してみるでもいい

ちっちゃな行動を重ねて行くうちにだんだんだんだん自分に合ったものというのが分かってきます。

これが大事です。

行動することでやりたいことが見えてくることも!?

行動することで輪郭が見えてくるのでそこにリソースを割いていけばいい。

そうすると今持て余してる時間っていうのがすごいね強みに変わってくるんですね。

ある程度暇な状態に余裕があり、何もしなくても1日のうち2時間後映画見る余裕がある。

暇な時間=最強の武器を手にしている状態

それくらいのゆとりがある状態っていうのは、非常に大きな武器を手にしていることと一緒になるんで暇人最強です。

暇な時間を使ってチャンスを掴みましょう。

それには、行動が必須なので、「小さく行動する」のをお忘れなく、、、。

まとめ:暇人最強!暇な奴は、チャンスをつかむ!

本記事では、「僕は毎日暇すぎて不安になります。こんなにいけていない毎日を送っていてもいいのかなと悩んでいます。」というお悩みにお答えしました。

結論から言うと、暇な時間は最強です。

だから、暇なことに対していけてないな〜なんて思わなくていい。

僕自身はもっと暇にならなきゃいけないなっていうのを常々感じています。

昔引き受けた仕事とか、昔頼まれてこれまでの関係上断りきれない仕事とかがどんどんいろんなものが重なってくるんですね。

そうすると、今現在変化が激しいのに本当はこうやった方がいいと思うことがあってもなかなかそこにリソースが割けなくてチャンスを流すみたいな割とあるわけですね。

そういったことを考えていると僕はもっと暇になりたいなって願っています。

今、現在暇な人はそれ自体がすっごい武器なんですね。

だから自信を持っていろんなことにチャレンジしていってもらっていいんじゃないかなと思います。

暇だからこそチャンスを掴めると言う事があります。

暇人って実は最強です!!

著者紹介
京極 真
1976年大阪府生まれ。Ph.D、OT。Thriver Project代表。吉備国際大学ならびに同大学大学院・教授(役職:保健科学研究科長、(通信制)保健科学研究科長、人間科学部長、他)。首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士後期課程・終了。『医療関係者のための信念対立解明アプローチ』『OCP・OFP・OBPで学ぶ作業療法実践の教科書』『作業で創るエビデンス』など著書・論文多数。
記事URLをコピーしました