Xcodeが待機中から進まない場合の対処【備忘録】

2015年12月16日

きょうごく
本記事では「App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進みません。どう対応したらよいですか」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • App storeからのXcodeのダウンロードが進まない
  • App store以外からXcodeをダウンロードする方法を知りたい

本記事を書いているぼくも、App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進まず困ってしまいました。

本記事では、ぼくなりの対策を備忘録もかねてさくっと解説します。

なお、Xcodeのダウンロードができない場合は以下の記事で対策を書いています。

人気記事
【図解】Xcodeのアップデートできない症状への対策【初心者OK】

きょうごく本記事では「Xcodeのアップデートができません。どうしたらいいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ Xcodeのアップデートができない エラーメッセージへの対策を教えてほし ...

続きを見る

Xcodeが待機中から進まない場合の対処

結論から言うと、App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進まない場合はDownloads for Apple Developersから直にダウンロードするとよいです。

主な手順は以下の通りです。

主な手順

  • 手順1:Downloads for Apple Developersにアクセスする
  • 手順2:AppleIDとパスワードを入力してログインする
  • 手順3:Downloadsをクリックする
  • 手順4:Featured DownloadsとRelease Softwareがあるので、特別な意図がなければRelease SoftwareにあるXcodeをダウンロードする

App storeからのインストールが待機中から進まない場合、上記の手順で対応すればスムースにダウンロードできます。

Xcodeのインストールは引っかかることが多いような印象があります。

ぼくはちょくちょく困りますが、皆さんの環境では大丈夫でしたか?

なお、セーフブートで一度起動してから再起動すると、App storeからダウンロードできることもあるようです(ぼくは試してないけど)。

Xcodeが待機中、、、という事態そのものを回避する方法

とはいえ、インストールがはじまっても、実際のところかなり時間がかかります。

どうしても時短で済ませたい人は、目的によっては以下の方法が使えます。

結論をいうと、C++のコンパイル以外でxcodeを使わないならば、ターミナルからインストールを実行するとOKです。

「そんな使い方あるんかいな、、、」と思う人がいるかもですが、例えばMacでStanを使うだけならC++のコンパイルでしかXcodeを使いません。

そういう場合はターミナルに以下のコマンドをコピペすればOKです。

xcode-select --install

爆速でインストールできますよ。

まとめ:Xcodeが待機中から進まない場合の対処

本記事では「App storeからXcodeをダウンロードしようとすると待機中からぜんぜん進みません。どう対応したらよいですか」という疑問にお答えしました。

本記事で紹介した手順は以下の通りでした。

主な手順

  • 手順1:Downloads for Apple Developersにアクセスする
  • 手順2:AppleIDとパスワードを入力してログインする
  • 手順3:Downloadsをクリックする
  • 手順4:Featured DownloadsとRelease Softwareがあるので、特別な意図がなければRelease SoftwareにあるXcodeをダウンロードする

皆さんの困りごとの解決に役立つようでしたらうれしいです。

なお、mac関連の問題として、MacBook Pro Retinaモデルの画面が砂嵐状態になるという問題があり、その対策については以下の記事で解説しました。

よろしければあわせてどうぞです。

あわせて読む
MacBook Pro Retinaの砂嵐対策【スリープからの復旧時に生じる問題】

きょうごく本記事では「MacBook Pro Retinaがスリープから復旧するときに砂嵐のような画面になります。どう対策したら良いですか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ MacBoo ...

続きを見る

-備忘録
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.