【初心者向け】研究つらいなら休んでもOKです【体験談あり】

2019年1月24日

きょうごく
本記事では「研究がつらいです。研究を頑張ってきたけど、めちゃくちゃ大変ですね。かなりつらいです。なかなか成果もでないし、どうしたらよいかわからなくなってきました。。。研究つらくても頑張るしかないですか」という疑問にお答えします

本記事の内容

  • 研究つらいなら休んでもOKです
  • 研究つらい人におすすめの休み方
  • 研究つらいからといって、手抜き研究はNGですです

本記事を書いているぼくは、たぶん18年ほど研究し続けています。

研究論文も三桁を越える数がありまして、最近は大学院で研究指導しつつ研究を進めています。

そんなぼくですが、今でもたまに研究つらいことあります。

研究歴約18年のぼくでもつらいわけなので、研究初心者ならもっとつらいはずです。

そんなわけで、本記事では「研究つらい」という気持ちとの向きあい方についてさくっと解説します。

本記事を通して、研究つらい状態を解消する方法をお伝えできたらと考えています。

結論から言えば、研究がつらいなら休んでもいいけど、気分転換しながら継続しよう、となります。

研究つらいなら休んでもOKです

研究つらいなら、休んでもよいです。

「研究つらいなぁ」と感じながら無理に努力し続けると、うつになってしまう恐れがありますからね。

うつになったら取り返しがつかないこともあります。

「何を大袈裟な!」と思うかもしれませんが、人間の心は思っているほど頑丈ではないです。

なので、研究つらいと感じるなら休むのもありです。

研究つらい理由としてよくあるのが以下の通り。

研究つらい理由

  • 研究が思い通りにすすまない
  • 研究にかかる労力が半端ない(最盛期はぼぼ毎日徹夜)
  • プレッシャーがすさまじい
  • 研究テーマに興味がなくなった
  • ブラック研究室に所属している など

研究歴18年ほどあるぼくですが、これらの話は「あるある」でして一時でしたら「なにくそ!」と踏ん張れるもんのです。

でも、いろんな理由で厳しい状態が続きすぎると、「研究つらい」という思いが募っていくものです。

ぼくは若いころ通常業務に加えて「修士論文×原著論文×書籍3冊×連載論文」の〆切がかさなって、何日もほとんど寝ないで書いていたら突発性難聴になってしまって、このときばかりは「つらいなぁ」と感じたことがあります。

さいわい完治しましたから笑い話ですみますけどね、笑。

話を戻しますけど、研究つらいという思いで心がポキッと折れる前にさくっっと休むとよいかなぁと思います。

研究つらい人におすすめの休み方【3つ】

ただ、研究つらいなら休んでもよいけど、完全に休んでしまうと前に進めなくなるので、まずは気分転換しながら継続する方向で考えた方がいいです。

なので、気分転換につながる休み方を、3つご紹介です。

おすすめ

  • その①:読書する
  • その②:運動する
  • その③:旅行する

その①:読書する

ご自身の研究にまったく関係ないテーマの本を読むとよいです。

研究に関連するテーマの本を読むと、つらくなるのでやめるべしです。

本は学術書でも、ビジネス書でも、漫画でも何でもよいです。

まったく関係ないテーマの本を読むと、視点が広がるので気持ちが楽になります。

また、馴染みのないテーマの読者は、新しい発想が生まれるので、間接的に研究の進展にも役立つものです。

以下の本は、研究つらいときに読むと、もっと気楽に生きればよいんだなぁ、と思えるのでおすすめです。

その②:運動する

研究つらいときは運動した方がいいっすよ。

他の人と一緒にやる運動は調整が面倒なんでやめた方がいいです。

それよりも、一人で楽しく続けられる運動がよいです。

運動するとその間に思考と感情が整理されて、気分が楽になりやすいです。

また、運動中に新しい発想が芽生えるので、わりとつらい状況を打破するための案が浮かびやすいです。

おすすめの運動はノルディックランニングとアブローラーなので、普段あまり運動しない人はぜひやってみてください。

あわせて読む
運動したいけど続かない人はゲーム的要素を取りいれるべし

きょうごく本記事では「健康のために運動したいですけど、忙しいこともあってなかなか続きません。どうしたら運動を続けることができますか?」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 運動したいけど長続き ...

続きを見る

その③:旅行する

研究つらいときは、わりと旅行もおすすめです。

理由は、旅行に行くと環境が変わるので気分転換しやすいからです。

旅行は日帰りでも、宿泊ありでもどちらでもよいです。

それは、ご自身のスケジュールにあわせて決めてください。

個人的にはボンヤリしやすい温泉旅行がおすすめです。

ぼくは、温泉につかりながらボンヤリしていると気分転換できますし、何よりも新しい発想が生まれるので状況を打開しやすいです。

おすすめ

研究つらいからといって、手抜きで研究するのはNGです

ここで注意点としては、研究つらいからといって手抜きで研究するのは駄目です。

手抜き研究のデメリットは以下の通り。

デメリット

  • 研究倫理に反する
  • 研究でミスが生じる
  • 自分のやる気がさらになくなる
  • 周囲から叩かれる
  • 取り返しがつかない問題に発展する など

こんな感じで手抜きで研究しても何もよいことないです。

ぼくもめっちゃ昔、研究つらいのでとりあえず論文を書いて投稿したことありますが、見事にリジェクトを食らいまくりました。

これは若気の至りとはいえやってはいけないことですし、リジェクト判断を下してくださった査読者には感謝しかないです。

研究の本質は他者贈与です。

他者=人類のために最善を尽くすのが研究の生命線です。

それに反した取り組みは、余計に研究がつらくなる状況を生みだすだけです。

研究するならば最善を尽くしてください。

ただし、研究つらいなら休んでもOKです。

まとめ:研究つらいなら休んでもOKです

本記事では「研究がつらいです。研究を頑張ってきたけど、めちゃくちゃ大変ですね。かなりつらいです。なかなか成果もでないし、どうしたらよいかわからなくなってきました。。。研究つらくても頑張るしかないですか」という疑問にお答えしました。

結論は、研究がつらいなら休んでもいいけど、気分転換しながら継続しよう、です。

本記事では、気分転換につながる3つの休み方を解説しました。

おすすめ

  • その①:読書する
  • その②:運動する
  • その③:旅行する

本記事が少しでも研究つらい状況の改善に役立てばうれしいです。

なお、研究テーマの決め方で悩んでいる人は以下の記事をどうぞです。

あわせて読む
研究テーマの決め方【文系・理系どちらもOK】

きょうごく本記事では「研究テーマの決め方がよくわかりません。研究テーマはどうやって決めたらよいですか?」という疑問にお答えします 本記事の内容 研究の意味が理解できる 研究テーマの決め方がわかる【文系 ...

続きを見る

人気記事
【無料あり】オンラインカウンセリングおすすめ3社【特徴比較】

きょうごく本記事では「人生や人間関係でとても悩んでいます。専門家の支援を受けたいのですが、オンラインカウンセリングに興味があります。オンラインカウンセリングの会社は複数あるので、それぞれどんな特徴があ ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-研究
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.