【初心者向け】質的研究論文の報告ガイドラインの使い方のコツ

2019年3月18日

きょうごく
本記事では「質的研究の論文を書くために、質的研究報告ガイドラインを入手しました。でも項目が多くて大変そうです。活用のコツとかあれば教えてください」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • 質的研究報告ガイドラインの使い方が知りたい
  • 良質な質的研究の論文の書き方を理解したい

本記事を書いているぼくは作業療法士であり、大学院教員でもあります。

われわれの領域しては、この年齢(42才)でわりと多くの大学院生を育ててきました。

あわせて読む
大学院における論文指導実績一覧

きょうごく本記事では「大学院進学を検討しています。大学院における京極の論文指導実績を教えてください」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 大学院進学を検討している 京極真の修士課程・博士前期課 ...

続きを見る

本記事ではそんなぼくが、上記の疑問にさくっとお答えします。

質的研究論文の報告ガイドラインの使い方のコツ

結論:基本は遵守

結論から言うと、質的研究報告ガイドラインは基本的に遵守した方がいいです。

主な質的研究報告ガイドラインは以下の通りです。

質的研究報告ガイドライン

これらは基本的に「システマティックなレビュー→専門家の討議と合意形成」によって作られています。

つまり、質の高い質的研究を実施したいなら、守ったほうがよい基準を反映しているわけです。

なので、質的研究に取り組むならば、基本は遵守する方向で対応した方がいいです。

特に、初学者であればあるほど、まずは質的研究報告ガイドラインにしがたうというスタンスを身につけた方がよいです。

あわせて読む
質的研究の質を高めるチェックリスト【主な国際基準は3つ】

きょうごく本記事では「質的研究で研究論文を書きたいです。できるだけ良質な研究論文を書きたいのですが、質的研究を報告するための国際基準になるようなチェックリストってありますか?」という疑問にお答えします ...

続きを見る

でも、守りつつ越えつつという視点も必要

では、画一的に遵守していたらよいかというと、そういう話でもないんです。

というのも、質的研究には多様なパラダイムと質的アプローチがあって、意味の世界を探求するために、それらが独立しつつ関連しあい、ときに重なりながら新しい方法を生みだしていくからです。

つまり、質的研究はダイナミックに発展しつつある領域なので、あらかじめ決められた基準で予定調和的に対応できるものばかりではないと言えます。

また、質的研究の中には状況と目的に応じて柔軟に方法を修正していくものもあります。

例えば、構造構成的質的研究法なんかはその典型でして、状況と目的の組合せによっては今まで全くなかったけども、その時点で最適なやり方を作りだすことだってありえる方法です。

当然、その中にはあらかじめ決められた基準で対応できないものもありえるでしょう。

そう考えると、質的研究報告ガイドラインは基本的に遵守しつつも、そこから越えていこうとする営為にも配慮しておく必要がある、という話になってくるわけです。

初心者はSRQRで質的研究の論文を書こう

おすすめはSRQR

そういうと「難しいなぁ」と感じるかもしれません。

ぼくの感度から言うと、初心者でも扱いやすい質的研究報告ガイドラインはSRQR(Standards for Reporting Qualitative Research)です。

これは、質的研究の多種多様なパラダイムと質的アプローチに対応できる汎用性の高い質的研究報告ガイドラインです。

また、質的研究の質を高めるために満たすべき項目も21であり、他に比べるとわりとしぼり込んだものになっています。

つまり、重要なポイントに焦点化した質的研究報告ガイドラインではないかと考えられるわけです。

SRQRについては以下から無料で入手できます。

SRQR

SRQRの使い方

SRQRの使い方についてです。

まずは、以下のYouTube動画をご覧になってください。

ここで解説したように、質的研究の質を高めるためには信憑性を確保する必要があって、そのポイントは透明性の確保と文脈の明示の2点に集約できます。

SRQRは適切に使っていくと、この2点を上手く満たすことができます。

その具体的方法については、有料noteでかなり詳しく解説しています。

以下の特典があるので、よろしければぜひどうぞです。

有料noteの得点

  • 特典①:SRQRを視点にした質的研究論文の書き方が理解できる
  • 特典②:詳細な動画講義がついてくるので効率良く学習できる
  • 特典③:購入者向けの質問コーナーがあるので、困ったときに相談できる
  • 特典④:必要に応じてアップデートするので、一度購入したら追加料金なしで内容が更新され続ける
  • 特典⑤:分野をとわずに使える内容である

まとめ:質的研究論文の報告ガイドラインの使い方のコツ

本記事では「質的研究の論文を書くために、質的研究報告ガイドラインを入手しました。でも項目が多くて大変そうです。活用のコツとかあれば教えてください」という疑問にお答えしました。

結論を言うと、質的研究報告ガイドラインは基本的に遵守した方がいいです。

ただし、画一的に運用せず、質的研究のダイナミクスにあわせて柔軟に活用することもありです。

あわせて読む
【厳選】質的研究を学べるおすすめ本【3冊+2】

きょうごく本記事では「質的研究を学べる本を知りたい。作業療法ではクライエントの意味の世界が重要ですから質的研究に取り組みたいので、おすすめの本を教えてください」という疑問にお答えします 本記事の内容 ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

1

きょうごく本記事では「現在の職場は人間関係が最悪で、労働条件も悪く、日々消耗しています。より好待遇な職場に移りたいです。おすすめの求人転職サイト・エージェントを教えてください」という疑問にお答えします ...

2

きょうごく本記事では「いまの職場は人間関係も労働条件も悪いので、より好待遇な職場で働くために転職したいです。医療福祉系の転職は転職サイトや転職エージェントを使ってもよいですか。おすすめはどこですか」と ...

3

きょうごく本記事では「コミュニケーション能力を高めたい。けど、そもそもコミュニケーション能力って何だろう?コミュニケーション能力の本質を理解したい」という疑問にお答えします 本記事の内容 コミュニケー ...

4

きょうごく本記事では研究を学べるおすすめ本を紹介した記事のまとめます こんな方におすすめ 研究を学べるおすすめ本を知りたい 選りすぐりのおすすめ研究本で学びたい 本記事を書いているぼくは作業療法士であ ...

5

大学院に進学したい作業療法士向けのまとめ記事。 本記事では、大学院進学に興味のある作業療法士向けに書いた記事をまとめました。 今後も記事は増える予定ですが、これから大学院進学を検討している人はぜひ参考 ...

6

きょうごく本記事では、このブログで解説した作業療法士を目指す高校生のための記事をまとめています 本記事の内容 『作業療法士が何なのかよく分からない』という人から、『作業療法士になりたい』といった方向け ...

7

きょうごく本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない人向けの記事をまとめています こんな方におすすめ 学会発表・学会参加のコツを知りたい 本記事では学会発表・学会参加で失敗したくない 学会発表のレベ ...

-研究
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.