【朗報】働きたくない理由は甘えではないです【対策あり】

投稿日:2019年1月27日 更新日:

きょうごく
本記事では「働きたくないです。仕事しているとうっとうしい人が多いので関わりたくないです。そんな気持ちは甘えですか」という疑問にお答えします。

こんな方におすすめ

  • 仕事がしんどい
  • 働きたくないと感じてしまう
  • 働きたくないと思うのは「甘え」なのかと悩んでいる

本記事を書いているぼくは、仕事で生じる人間関係のトラブルを研究していまして、働きたくないと悩んでいるケースによくであいます。

あわせて読む
【2019年】信念対立解明アプローチ入門【開発者が語る】

きょうごく本記事では「信念対立解明アプローチってどのような理論ですか?」という疑問にわかりやすくお答えします。 本記事の内容 初心者向けに信念対立解明アプローチの概要を解説 信念対立解明アプローチのメ ...

続きを見る

ぼく自身はわりと仕事に没頭しているタイプですが、それでもたまに「働きたくない」という気持ちにとり憑かれます。

本記事ではそんなぼくが「働きたくないという気持ちは甘えなのか」という疑問にさくっとお応えします。

働きたくない理由は甘えではないです

働きたくない理由は甘えではないです

結論をいえば、働きたくない気持ちは甘えではありません

仕事は、将来の備えのために持続的に働かないと生きていけない、という仕組みになっています。

しかも、人間関係もある程度固定されたものになっています。

実のところ、これが本来の人間の生き方にあっていない可能性があります。

あらかじめ言っておくと、この議論は以下の2冊を参考にしているので、興味ある人はぜひお読みください。

人類はずっとその日暮らしだった

人類は250万年のあいだ基本的には狩猟採取社会に適応してきました。

ぼくたちホモサピエンスは20万年前に進化しましたが、もちろんライフスタイルは狩猟採取社会でした。

狩猟採取社会というのは、究極のその日暮らしです。

基本的には、将来の備えのために今を犠牲にしてひたすら働くこともなければ、人間関係もそれほど固定されていません。

移動が基本の社会なので、人間関係もいまほどがちっと固定されておらず、うっとうしい人がいたら適度に距離をとって逃げることもできます。

ぼくたち人間は、その日暮らしに適応した存在としてずっとやってきたわけです。

その日暮らしから仕事に支配される生活へのシフトチェンジ

ところが、約1万年前にライフスタイルが激変する出来事が起こりました。

かの有名な農業革命です。

これによって、人類は定住社会で生きるようになりました。

定住社会は、将来の備えのために今を犠牲にしてひたすら働く仕組みですし、一定の場所で過ごすことになりますから人間関係も固定されています。

うっとうしい人がいても、ストレスを貯めながらどうにか一緒にやっていくしかない。

これは、いまある仕事と構造的には同型です。

つまり、1万年前のライフスタイルの激変にともなって、いまある仕事につうじる仕組みが生まれていったと考えることができます。

その日暮らしとは真逆のライフスタイルです。

人類はその日暮らし体質から変わっていない

ところが、ライフスタイルは狩猟採取社会から定住社会へと激変したけども、人間の生物学的な特性も一緒に変わったという証拠はありません。

ぼくたちホモサピエンスの遺伝子構造は、ライフスタイルの変化にあわせて変わったという証拠はないんです。

人類が誕生した250万年前から狩猟採取社会であり、しかもホモサピエンス(ぼくたち)に進化した20万年前も同じく狩猟採取社会を継続していたということは、恐らくその日暮らしがぼくらの生物学的な特性にあっているのです。

なのに、その部分はまったく変わらないまま、ライフスタイルだけが劇的に変わってしまった。

だから、定住社会はそれだけで人間にとって不自然なライフスタイルであり、ストレスフルなものになりやすいわけです。

働きたくない気持ちは甘えではなく自然な感情です

そう考えると、働きたくない気持ちは甘えではなく自然な感情です。

ずっと同じ場所で、固定された人間関係の中で、将来を心配しながら、それでも毎日ずっと楽しく過ごせるように、人間はおそらくできていない。

そうではなく、ぼくたち人間は今していることに集中し、生きたいように生きられる感度を担保したライフスタイルのほうに生物学的に適した存在だったし、いまもそういう存在である可能性のほうが高い。

そう考えると、働きたくない気持ちは自然な感情であり、甘えでも何でもないと言わざるを得ないわけです。

働きたくないなら、甘え以外の理由を考えよう

働きたくない理由が甘えでないなら、どうしていま働きたくないという気持ちになっているのかを考えるべしです。

これまで、働きたくないという方々に理由を伺うと、だいたい以下のような理由がありました。

理由の例

  • 体調が悪い
  • 人間関係にストレスを感じる
  • 忙しすぎる
  • 努力が成果に結びつかない
  • どうでもよい仕事が多い など

体調が悪いのは、もう休むしかないですが、それ以外はこうしてみると「これ以上無駄に消耗したくない」という気持ちで表せることが多いように思いました。

もちろん、働きたくない理由は人それぞれなので、ご自身でゆっくり理由を考えてみることがお勧めです。

理由がわかると対策を立てられるようになりますから、ここはしっかり考えてみてください。

働きたくないなら、そう感じない方法で収入を確保しよう

「これ以上無駄に消耗したくない」から働きたくない気持ちになっているならば、無駄に消耗しない方法で収入を確保していくとよいです。

本業で「働きたくない」と思っているのに、そこにしか収入源を頼れないというのはめっちゃストレスフルです。

なので、ちょっとでも収入源を増やして、本業しかないという心的負担を軽減し、stressを低減していく方向で対策を立ててみましょう。

対策例は以下の通りです。

対策の例

  • 特技で稼ぐ
  • ネットで稼ぐ
  • 転職して稼ぐ  など

特技で稼ぐ

本業で「働きたくない」と思っていても、副業で少しでも収入あれば、逃げ道ができるので気持ち的に楽です。

働きたくないと感じにくい副業としては、特技で稼ぐがあります。

例えば、「おしゃれなファッションが得意です」「イラストを描くのが好きで結構うまいです」「占いがめちゃ得意です」「写真・動画作成が趣味でバリバリやれます」などのように、何か得意なことがあればそれで稼ぐとよいです。

「特技で月3万稼ぐ」という目標ぐらいなら、うまくいけば十分達成できるものなので、気軽にチャレンジしてみるとよいです。

いまはとてもよい時代でして、特技で稼ぐことができる無料のプラットフォームが整備されています。

「私には無理かも」と感じる場合でも、「働きたくない」という消耗戦から脱するために、まずはどんな感じかみておいた方がよいので、さくっと無料登録しちゃいましょう。

知識・スキル・経験が売買できる新感覚オンラインマーケット

今すぐ無料会員登録する

※登録は簡単、3ステップのみ!無料会員登録はこちら

ネットで稼ぐ

働きたくないと感じにくい副業としては、ネットで稼ぐがあります。

例えば、自分が使ってみて「これは良い!」と思う商品があれば、それを紹介して稼ぐアフィリエイトという方法があります。

これも「月3万稼ぐ」ぐらいの目標ならわりと現実的です。

ネットで稼ぐことに関心がある人は以下は必須です。

ポイント

  • WordPressでブログを作る
  • ASPに登録する

ブログ作成について関心ある人は以下の記事をどうぞです。

あわせて読む
【初心者向け】文章力を高めたい人のためのブログの始め方

きょうごく本記事では「文章力を高めるためにブログを書きたいです。ブログはどうはじめたらよいですか」という疑問にお答えします こんな方におすすめ 文章力を高めるためにブログを書きたい どの媒体でブログを ...

続きを見る

ASPは以下が超有名なので、さくっと無料登録して中身をチェックするとよいです。

おすすめ

転職して稼ぐ

本業はどうしても「働きたくない」ならば、転職することも現実的な対策です。

「働きたくない」と思っていても、職場を変わると活き活き働けることはわりと普通に起こります。

「特技で稼ぐ」「ネットで稼ぐ」ぐらいではどうにもならないぐらい「働きたくない」なら、転職活動してみるとよいです。

おすすめ

まとめ:働きたくない理由は甘えではないです

本記事では「働きたくないです。仕事しているとうっとうしい人が多いので関わりたくないです。そんな気持ちは甘えですか」という疑問にお答えしました。

結論をいえば、働きたくない理由は甘えではないです。

人類はその日暮らしに適したところがあるため、同じところにとどまって固定された人間関係の中におかれるとしんどいんです。

働きたくない気持ちになっているならば、無駄に消耗しない方法で収入を確保し、好きなことで収入確保を考え、少しでも気楽になれるようにしましょう。

あわせて読む
仕事がつらくて働きたくない人はいったん逃げるべし【逃げ先はニート以外】

きょうごく本記事では「仕事がつらい過ぎて死にそうです。もう働きたくないです。でも、仕事を辞めた後の生活が不安です。どうしたらいいでしょうか?」という疑問にお答えします 本記事の内容 仕事がつらくて働き ...

続きを見る

-life
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.