EBMを学べるおすすめ本【厳選3冊】

2018年12月13日

きょうごく
本記事では「エビデンスに基づく医療(EBM)について興味があります。おすすめ本があれば教えてください」という疑問にお答えします

こんな方におすすめ

  • EBMがよくわからない
  • EBMを学べるおすすめ本を知りたい
  • EBM本を理解するために本の読み方を知りたい

本記事を書いているぼくの以前の研究テーマは「エビデンスに根ざした実践(evidence-based practice、EBP)」の理論研究でした。

EBMとEBPはほぼ同義語でして、単純に言うと、EBMは医療、EBPは医療とさまざまな領域(保健、福祉、教育、政策など)を含む場合に使用するネーミングです。

EBPに関するいくつかの研究論文を発表し、2つの雑誌で半年から1年ちょいほどこのテーマで月刊連載したこともあります。

この前、YouTubeでEBPについて解説しました。

すると、Twitterで以下のようなコメントを頂きました。

なので、本記事ではEBP=EBMを学べるおすすめ本を厳選紹介します。

EBMとVBPと精神障害領域作業療法

EBMとVBPと精神障害領域作業療法 EBPとVBPの統合という動向 精神障害領域作業療法では、Evidence-Based Practice (EBP)とValue-Based Practice ( ...

続きを見る

EBMを学べるおすすめ本【厳選3冊】

本記事で紹介する本は以下の3冊です。

おすすめ

  • 医学文献ユーザーズガイド 根拠に基づく診療のマニュアル
  • Evidence-Based Medicine: How to Practice and Teach EBM
  • Evidence-Based Rehabilitation: A Guide to Practice

他にもよい本はいろいろあるんですけど、この3冊しっかり読めばとりあえず大丈夫です。

医学文献ユーザーズガイド 根拠に基づく診療のマニュアル

EBMの提唱者であるGuyatt先生らが編纂した名著です。

EBMを学びたい人は、これは必ず読まないとダメです。

ただし、すぐ入手できるのは第2版で、もうすぐ第3版がでます。

急ぎでない人は以下の第3版を待った方がよいかも。

 

Evidence-Based Medicine: How to Practice and Teach EBM

こちらも名著。

EBMを実践し、教える方法を学びたい人は読むべし。

エビデンスとしての質的研究についても、患者の経験と価値を理解するのに役立つと明確に位置づけており、質的研究の妥当性、重要性、適用性を評価する方法もわかりやすいです。

Evidence-Based Rehabilitation: A Guide to Practice

ぼくは作業療法士なので、その界隈に限っていうと、本書は必読です。

リハビリテーションという文脈で、エビデンスをどう活用したらよいかを詳しく論じています。

著者はカナダの作業療法士で著名なLaw先生です。

いまから12年以上前に本書の第一版の翻訳の話しがあったんですけど、結局ポシャってしまい日本の読者に届けられずじまいです。

EBMを学べるおすすめ本を読む方法

本記事で紹介した本は和書と洋書がまじっているので「ハードルが高い!」と思った人がいるかもしれません。

なので、それぞれの読み方を学べる記事をご紹介します。

和書の読み方

和書は入門→初級→中級→上級→プロで読み方が変わります。

入門レベルではわかるところを中心に読みましょう。

初級レベルでは難しいと感じるところも読んでいきます。

中級レベル以上は概念を調べたり、文献を調べたりしながら読むことになります。

詳しくは以下の記事をどうぞです。

あわせて読む
効果的な本の読み方【入門・初級・中級・上級・プロの方法を解説】

きょうごく本記事では「本を読みたいのですが、よい方法はありますか?」という疑問にお答えします 本記事のポイント 入門→初級→中級→上級→プロで理解の質が向上します 自分のレベルにあった読み方ができるよ ...

続きを見る

洋書の読み方

本記事でおすすめした本は3冊中2冊が洋書でした。

洋書の読み方のコツは以下の通り。

ポイント

  1. まずは実際に読む
  2. 最初から精読しない
  3. 和訳しない
  4. パラグラフの1行目を順に読む
  5. ひたすら繰り返し読む

それぞれポイントがありまして、以下の記事で詳述していますから、ご確認ください。

あわせて読む
【完全初心者向け】洋書の読み方【選び方もまとめて解説】

きょうごく本記事では「英語が苦手ですけど、洋書を読みたいです。高い洋書もあるので、お金を無駄にしたくない。オススメの読み方はありますか?」という疑問にお答えします 先日、「【結論】作業療法とは何かを知 ...

続きを見る

輪読のコツ

本記事でおすすめした本はいずれも大著です。

その場合、有志で集まって輪読するとわりとよいです。

輪読とは、参加者が書籍を順番に読んでいき、学術的な議論を通して理解を深める方法です。

輪読のコツは7ステップあり、着実に実行していくと本を深く理解できます。

詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひどうぞです。

あわせて読む
輪読のコツ【大学教員によるやり方の解説】

きょうごく本記事では「文献読解で輪読することになりました。輪読って文献を読めばよいだけなんですか?それとも、輪読独特のコツってあるんですか?」という疑問にお答えします。 こんな方におすすめ 輪読のコツ ...

続きを見る

まとめ:EBMを学べるおすすめ本

本記事では「エビデンスに基づく医療(EBM)について興味があります。おすすめ本があれば教えてください」という疑問にお答えしました。

本記事で紹介した書籍は以下の通りです。

おすすめ

  • 医学文献ユーザーズガイド 根拠に基づく診療のマニュアル
  • Evidence-Based Medicine: How to Practice and Teach EBM
  • Evidence-Based Rehabilitation: A Guide to Practice

-教育
-

Copyright© 京極真の研究室 , 2019 All Rights Reserved.