オンライン教育プラットフォーム|Thriver Project
研究教育
PR

研究開発した評価尺度集【無料ダウンロード可】

Makoto KYOUGOKU
記事内にプロモーションを含む場合があります

研究開発した評価尺度の概要

本記事では、私たちが研究開発した評価尺度を、無料でダウンロードできるようにしています。

研究開発は尺度開発の国際基準であるCOSMINを参考に行っており、各評価尺度は良好な尺度特性を備えていることを確認しております。

参考

本研究室は、作業療法および多職種連携に関する研究に取り組んでいます。

そのため、研究開発している評価尺度は基本的にこれらの領域に関するものになっています。

ただ、多職種連携は患者、家族、医師、看護師、保健師、助産師、薬剤師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士などさまざまな人々の協働ですので、多職種連携に関する評価尺度はいろいろな立場の人たちが活用できるようになっております。

研究開発した評価尺度は、皆さまの実践・研究・教育で活用していただけると非常にうれしいです。

研究開発した評価尺度の一覧【無料ダウンロードはこちらから!】

われわれが研究開発した評価尺度の使用にあたっては登録などは不要です。

また、評価用紙は社会貢献の一環で以下のリンクから無料でダウンロードできます。

これらは良好な尺度特性を示すことを確認しています。

関心がある人は臨床、研究、教育などでご自由にお使いください。

質問などがありましたら、リンク先に記した各評価尺度の開発責任者にお問い合わせください。

無料ダウンロードできる評価尺度一覧

まとめ:研究開発した評価尺度集【無料ダウンロード可】

本記事では、私たちが研究開発した評価尺度を紹介しました。

無料ダウンロードできるので、関心がある人はぜひ上記のリンク先のページにアクセスしてください。

よろしくお願いいたします。

著者紹介
京極 真
1976年大阪府生まれ。Ph.D、OT。Thriver Project代表。吉備国際大学ならびに同大学大学院・教授(役職:保健科学研究科長、(通信制)保健科学研究科長、人間科学部長、他)。首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士後期課程・終了。『医療関係者のための信念対立解明アプローチ』『OCP・OFP・OBPで学ぶ作業療法実践の教科書』『作業で創るエビデンス』など著書・論文多数。
記事URLをコピーしました